FC2ブログ

温泉マニアックス

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

鉛温泉 藤三旅館

泉質   単純温泉
評価   ☆☆☆☆




鉛外観
花巻温泉郷にある一軒宿 鉛温泉 藤三旅館
歴史ある温泉宿で、風格あるたたずまいの外観
館内もかなり広い大きな施設

宿泊は旅館部と湯治部に分かれ、
湯治部ではかなりお安く宿泊できるので
湯を楽しむだけなら湯治部への宿泊をお勧めする


源泉は2本あり
3か所の浴室で利用されている

外せない一湯は
立ったまま入浴できるほど深い浴槽
あまりにも有名な白猿の湯



鉛温泉白猿
地階にある白猿の湯の浴室
天井が高く非常に広々した空間にある楕円形の浴槽
浴室、浴槽ともに抜群の雰囲気


鉛温泉白猿2
透明度の高い非常にクリアな湯
浴室の深さは約1.25m
まさに立ったまま入る湯


鉛1
浴槽内での源泉投入
浴槽底からブクブクと湧き上がる湯
浴槽からのオーバーフローを見る限り
かなりの量の源泉が投入されている


泉質は
無色透明な単純泉
透明度の高いクリアな湯で
若干の芒硝系の香りがある
サッパリとした浴感が楽しめる
非常にクセのない湯

源泉40.9度の湯なので、
雰囲気のいい浴室でゆっくりと長湯ができる





白猿の湯の向かいにある桂の湯
ここではシャワー完備の内風呂と
川沿いの景色がいい露天が楽しめる
鉛温泉内風呂
白猿の湯とは別源泉利用
どちらもクセの無い単純泉なので、
源泉の違いはあまり感じないが
クセのない柔らかな湯が掛け流しで楽しめる


鉛温泉露天
川沿いの露天は
なんとも開放的でいい雰囲気
浴槽からのオーバーフローも多く
掛け流しも見事で湯の鮮度もこの露天が一番いい


鉛5
さらに川沿いに小さな露天もある
こちらは雰囲気重視
湯の鮮度は落ちる






鉛6
こちらは銀の湯
貸し切りで利用できる小さな浴室
浴槽サイズと源泉投入量がちょうどよく
純粋に湯を楽しむならこの浴室もいい




他にも、白糸の湯という浴室があるが、
ついつい白猿の湯に時間を割いてしまい
いまだに全部回り切れていない






鉛温泉湯治部食事
ちなみに、湯治部に宿泊しても食事は期待しないほうがいい
湯を楽しむために湯治部に宿泊しているので、
食事に期待する必要は無いが、、

旅館部はかなり立派な食事らしいので、
次回は旅館部に宿泊して、すべての浴室を楽しみたい









スポンサーサイト
  1. 2017/10/09(月) 09:14:37|
  2. 岩手県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<蔵王温泉 おおみや旅館 | ホーム | すもも沢温泉郷>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kamikyakya.blog38.fc2.com/tb.php/981-2cf1a819
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カミキャキャ

Author:カミキャキャ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。