FC2ブログ

温泉マニアックス

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

東鳴子温泉 高友旅館

泉質   
幸の湯源泉/含硫黄-ナトリウム-炭酸水素塩泉(黒湯)
顕の湯源泉/ナトリウム・カルシウム-炭酸水素塩泉(プール風呂、もみじ湯)
玉の湯源泉/含硫黄-ナトリウム-炭酸水素塩泉(ひょうたん風呂)      

評価   ☆☆☆☆☆




高友旅館外観

鳴子温泉郷の中でも
個性的な湯が多く、温泉好きにはたまらない東鳴子温泉

そんな名湯揃いの東鳴子のなかでも
やはり抜群に素晴らしいのは
黒湯で有名な高友旅館


ここでは黒湯をはじめ、
3種類の源泉を味わう事が出来る
(実際はもう1種類源泉があるが宿泊しても基本的に入浴できないらしい)





高友黒湯
2009年撮影

高友旅館黒湯
2017年撮影
コンディションによって湯の色が違うのも面白い



名湯 黒湯
黒湯といっても、関東に多い黒い湯では無く
深い緑色に染まる湯だ



高友旅館黒湯湯口
湯口からは源泉57.8度の幸の湯源泉
浴槽内でやや熱め
非常によく温まる力強い湯



強いアブラ臭と硫黄臭が混じり合う濃厚な湯
濃厚な湯でも、ツルツルした肌触りがあり
浴後はヘロヘロになるほとパンチのある湯だが、
なんとも心地いい湯でつい長湯してしまう
さすがに名湯 黒湯




高友プール
黒湯浴室の奥にあるのがプール風呂
プールと呼ぶには小さいが
10人以上はゆうに入れる大きな浴槽


ここでは無色透明な
顕の湯源泉が使われる

浴感では
泉質的な力強さはそれほど強くないが
湯の花も多く舞い
浴槽や湯口、手すりなどには
ぎっしりと析出物が堆積しており
成分の濃さを感じる

このプール風呂は体感40度程度の温めなので、
黒湯であったまった体をクールダウンするのにもよく
力強い泉質の黒湯浴槽とプール風呂の
交互入浴が実に気持ちいい





高友ひょうたん
男性専用のひょうたん風呂は玉の湯源泉使用
深い緑色の濁り湯は
アブラ系の高温の源泉ながら
若干の泡付きがある珍しい湯

ちなみに
同じ源泉を使用した女性専用浴室ラムネ湯は
さらに泡付がいいとの噂
時間帯で男女入れ替えにしてもらいたいところだ・・・





高友家族
自炊部棟にある家族風呂もみじ湯は
プール風呂と同じ顕の湯源泉使用

かなり鄙びた浴室に
2人程度が入れる小さな浴槽


薄笹濁り色の湯は
浴槽が小さいこともあり泉温も適温
プール風呂よりも
鮮度がよく浴感も非常にいい





どの浴室も宿泊すれば24時間入浴可能なので
一日中温泉三昧することが出来きる


鳴子随一、
いや、東北随一の
素晴らしすぎる名湯といえる












スポンサーサイト
  1. 2017/10/09(月) 10:35:22|
  2. 宮城県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<新安比温泉 静流閣 | ホーム | 寒河江温泉 割烹旅館吉本>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kamikyakya.blog38.fc2.com/tb.php/617-8f19cb60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カミキャキャ

Author:カミキャキャ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。