FC2ブログ

温泉マニアックス

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

駒の湯温泉

泉質    含硫黄-カルシウム-硫酸塩温泉(硫化水素型)
評価    ☆☆☆☆☆




栗駒駒の湯外観
栗駒山麓にある日帰り温泉施設 駒の湯温泉

岩手宮城内陸地震で甚大な被害を受けたが、
2015年、見事に日帰り温泉施設として復活した

真新しい木造の男女別の湯小屋
受付棟では蕎麦も提供しており、
入浴と食事がセットで楽しむことができる




栗駒駒の湯
窓の大きな明るい浴室
窓からの景色もなかなか素晴らしい

4人サイズの小さな浴槽は総木造りでしっかりした造り
浴槽淵からは見事なまでのオーバーフロー




栗駒駒の湯湯口
湯口からは新鮮極まりない源泉が贅沢に投入
浴槽サイズに対して、ミスマッチな豪快な源泉投入量
見ているだけで楽しくなるほどのオーバーフロー
これぞ温泉の醍醐味

保健所の指導で硫化水素ガス対策の換気扇を2017年に設置


泉質は
鮮度が良すぎるため無色透明な湯だが
おそらく鈍ると白濁する湯だろうが、
この浴槽サイズに、豪快な源泉投入
湯が鈍ることは一切あり得ない

細かな白い湯の花の舞うきれいな湯からは
しっかりとした硫黄臭
硫黄味も心地よく、若干の苦みがアクセントになっている

浴槽内での泉温は40度以下
湯に包み込まれるような心地よさ
まさに極上のぬる湯で
いつまででも入っていたくなる






栗駒駒の湯そば
手打ち感あふれる蕎麦も実にウマい
温泉を心から愛するご主人と奥さんとの温泉談義も実に楽しく
最高のひと時が過ごせる極上の一湯



スポンサーサイト
  1. 2017/10/22(日) 17:56:38|
  2. 宮城県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<鬼首温泉 とどろき旅館 | ホーム | 鶯宿温泉 ホテル鶯>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kamikyakya.blog38.fc2.com/tb.php/1098-d51cfc99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カミキャキャ

Author:カミキャキャ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。