FC2ブログ

温泉マニアックス

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

寒河江温泉 割烹旅館吉本

泉質    ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉
評価    ☆☆☆☆




寒河江吉本外観
寒河江駅周辺一帯を寒河江温泉と言われるが
一般的な温泉街という概念ではなく
ここ割烹旅館吉本のような温泉宿が点在している

宿泊よりも、日帰りでの食事休憩がメインなのだろうか
大きな部屋で団体で食事ができるような雰囲気

宿の方も非常に親切な対応で
日帰り入浴も快く受け入れていただける





寒河江吉本
少々薄暗い浴室には
大きめのゆったりサイズの浴槽
薄黄褐色の寒河江らしいモール系の湯が
見事に掛け流される


寒河江吉本さくらんぼ
さくらんぼの壁画がなんともかわいらしい
さすがに、さくらんぼが名産の寒河江




寒河江吉本湯口
美肌の湯とかかれた湯口からは
源泉50度の湯が、これでもかとしっかりと投入
大きな浴槽なので、
浴槽内で泉温はちょうどよく鮮度も非常にいい


泉質は
浴槽内で薄茶褐色に染まる炭酸水素塩泉
甘い香りが強く、飲泉もしっかりと甘みを感じる

モール泉特有のツルツルとした肌触りが強く
全身を包み込むような柔らかな浴感
浴後の爽快感が非常にある素晴らしい湯


寒河江の源泉の良さを実感できる
非常に満足度の高い一湯






スポンサーサイト
  1. 2017/10/09(月) 10:09:04|
  2. 山形県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<東鳴子温泉 高友旅館 | ホーム | 蔵王温泉 おおみや旅館>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kamikyakya.blog38.fc2.com/tb.php/1089-496502d4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カミキャキャ

Author:カミキャキャ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。