FC2ブログ

温泉マニアックス

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

新湯温泉 くりこま荘

泉質    含硫黄-カルシウム-硫酸塩泉(硫化水素型)
評価    ☆☆☆☆




くりこま荘外観
栗駒山麓にある温泉宿 くりこま荘
近くには温泉マニアには有名すぎる駒の湯温泉があるので、
素通りしてしまう人も多いかもしれないが、
こちら新湯温泉くりこま荘も日帰り入浴を受け付けており
上質な湯が楽しめる非常にいい施設





くりこま荘内
やや薄暗い浴室
使い込まれた木造りの浴槽から
微白濁の美しい湯が静かに掛け流される

源泉温度が低いため加温しての掛け流しだが
浴槽内では適温レベルのちょうどいい湯加減



くりこま荘湯口
湯口からは
加温された源泉がしっかり投入

湯口横の冷泉と書かれた蛇口をひねると
源泉32度の湯がそのままが大量に投入できる



泉質は
浴槽内で微白濁に染まる湯だが
見た目ほど力強さは無く
非常にマイルドで優しい硫黄系の湯
うっすらと硫化水素臭あり
若干の薬味系の味、香もする

冷泉の蛇口からはさらにしっかりとした香りがあるため
この冷泉をドバドバ投入したいところだが、
泉温が下がってしまうため
湯の個性を楽しむレベルで満足した





くりこま荘露天
露天も内風呂同様
加温源泉の掛け流し

目の前は自然豊かな森林に囲まれ開放的
ヒノキ造りの浴槽がマイルドな硫黄泉とよくなじむ
内風呂よりも温めで長湯向き



露天風呂の雰囲気が非常によく
駒の湯温泉とはまた違った楽しみがある
非常に素晴らしい温泉だ
















スポンサーサイト
  1. 2017/07/18(火) 15:34:12|
  2. 宮城県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<木崎野温泉 | ホーム | 鳴子温泉 ホテル亀屋>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://kamikyakya.blog38.fc2.com/tb.php/1074-a05e26c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

カミキャキャ

Author:カミキャキャ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。