FC2ブログ

温泉マニアックス

東鳴子温泉 中鉢温泉

泉質    ナトリウム-炭酸水素塩温泉
評価    ☆☆☆☆




中鉢外観
東鳴子と川渡の間、47号線を走っていると
黄色い看板が目立つ 中鉢温泉

国道沿いの立ち寄りやすい安い立地
目立つ看板があるので、日帰り入浴施設かと思えるが
庭はきれいに整備された清潔感のある温泉旅館





中鉢
木造りで天井の高い浴室
見事な梁が、湯小屋の雰囲気をさらに良くし
石張りの床と浴槽もまた素晴らしい


浴槽の湯は
単純な薄黄褐色ではなく
琥珀色の湯と形容するにふさわしい
美しい湯がしっかりと掛け流されている





中鉢湯口
湯口からの源泉投入もしっかり
湯の鮮度もしっかりあり、
泉温も適温でキープ


泉質は
浴槽内で琥珀色に見えるきれいな湯
場所もそうだが
泉質も川渡温泉のゆさと、馬場温泉の中間を行くような
見事な色合いの湯
モール泉特有の
甘みとツルツルとした肌触りはもちろん
東鳴子に近いせいか若干のアブラ臭も感じる
浴感抜群の非常に心地いい湯で
泉質の良さが際立ついい温泉





露天もあったが、
訪問当日は源泉の調子が悪かったのか
湯が張られてなく残念ながら利用できなかった





スポンサーサイト
  1. 2017/10/22(日) 19:35:51|
  2. 宮城県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

川渡温泉 湯あみの宿ぬまくら

泉質    含硫黄-ナトリウム-炭酸水素塩・硫酸塩泉
評価    ☆☆☆☆




ぬまくら外観
川渡温泉街のこぎれいな旅館 ぬまくら
非常にきれいな造りで清潔感のある佇まい

藤島旅館の古びた雰囲気が強い川渡温泉だが
きれいにリニューアルされた旅館で高級感がある

日帰り入浴も積極的に受け付けており、
藤島旅館とは違った客層の入浴客も多い
湯めぐりチケットの利用も可能





ぬまくら
窓の大きな明るい浴室
きれいなタイル張りで、
大きな浴槽は2層に分かれる

浴槽内には
おなじみ川渡の緑がかったにごり湯が満たされる

源泉は右手の浴槽から投入され
左手の浴槽に流れ込む
左手の浴槽は寝湯をするような造りだが、ため湯状態でかなりぬる湯





ぬまくら湯口
湯口からの源泉投入は
浴槽サイズに対して少々物足りずだが、
硫黄臭がしっかりの源泉の香り
硫黄味と苦みが絶妙の川渡らしい素晴らしい湯




共同浴場や藤島旅館に比べ源泉投入量が少ないので、
少々物足りない湯ではあるが、やはり川渡の極上湯
雰囲気のいい旅館、清潔感のある浴室で楽しむことができるのもいい












  1. 2017/10/22(日) 19:07:13|
  2. 宮城県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東鳴子温泉 久田旅館

泉質    含硫黄-ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩温泉
       ナトリウム-炭酸水素塩温泉
評価    ☆☆☆☆




東鳴子久田外観
東鳴子にある久田旅館
東鳴子といっても温泉街の対岸で
赤湯より橋を渡ったほかの旅館からは離れたところにある

きれいな外観で、館内も非常にきれいな造り
源泉を2本有しており、
それぞれ違った泉質が楽しめる

日帰り入浴も積極的に受け付けており
当日も何名か日帰り入浴客がいた
湯めぐりチケットの利用も可能





東鳴子久田内
窓が大きく非常に明るい浴室
清潔感のあるきれいなタイル張りで、
モール系の紅茶色の湯が見事に映える

とにかく採光がよく
窮屈な感じが一切ない
素晴らしい浴室の造り


東鳴子久田内湯口
湯口からの源泉投入も見事
浴槽からのオーバーフローはかなりの量で
入浴していて楽しい

東鳴子、川渡間に見られるような
モール系の湯は
浴槽内で見事な紅茶色
甘みのある柔らかな湯で
ツルツルした肌触りもあり
非常に柔らかな上質な湯





東鳴子久田露天
露天の湯は
青みがかった微白濁で
微アブラ臭と硫黄、さらには塩味
見た目に反して、肌触りは極めて滑らか
かなり個性的な湯だ



東鳴子久田露天湯口
湯口の析出を見ても濃厚な泉質だとわかる
源泉投入量は多くは無いが、
湯の個性が強く、あまり鮮度は気にならない
浴槽内は適温で非常に快適に入浴ができる





全く異なる2種類の源泉
どちらもクオリティーが高く
非常に満足度の高い一湯












  1. 2017/10/22(日) 18:44:42|
  2. 宮城県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鶯宿温泉 ホテル鶯

泉質    アルカリ性単純温泉
評価    ☆☆☆☆




ホテル鶯外観
鶯宿温泉街の奥、自然に囲まれた立地
綺麗な外観の旅館 ホテル鶯

日帰り入浴も積極的に受け入れているが、
安価に2食付きで宿泊することもできる




ホテル鶯内
きれいなタイル張り
採光いい明るい浴室

清潔感のある浴室に
透明度の高いクリアな湯が映える

浴室に入った瞬間に漂う
心地い硫黄臭がするのがうれしい
鶯宿温泉特有のいい香りがする



ホテル鶯湯口
湯口からは
源泉57度の湯がしっかり投入され掛け流される
浴槽が大きいのが、鮮度は保たれ泉温も適温


泉質は
無色透明なアルカリ性単純泉
しっかりとした硫黄臭に
甘みを感じる実においしい味
ツルツルとした肌触りが強く
体を包み込むような柔らかな浴感があり
かなり上質な湯




ホテル鶯露天
露天がまた素晴らしい
庭園風の雰囲気のいい露天は
岩風呂造りで非常に落ち着ける
湯もしっかり掛け流され、
硫黄臭も健在
温めの湯でゆっくりと入浴ができる





ホテル鶯食事
食事も十分すぎる量で味もいい
値段の割には満足度の高い食事だった




湯も良く、食事も満足
鶯宿温泉での定宿にしたいと思えるいい旅館




  1. 2017/10/22(日) 17:19:59|
  2. 岩手県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ほっとぷらざ杉の子温泉

泉質    ナトリウム-塩化物泉
評価    ☆☆☆☆




ホットプラザ杉の子外観
七戸町にある日帰り温泉施設
入浴料金は近隣の公衆浴場同様だが、
比較的大きな施設で、風呂も多種多様
設備充実の施設で、近隣の公衆浴場とは一味違う




ホットプラザ杉の子内
メインの内風呂は2層に分かれ、
一部がジャグジー仕様
浴槽からのオーバーフローは見事


ホットプラザ杉の子内湯口
湯口からはしっかりと源泉投入
加水ありだが、十分に湯の個性がある




ホットプラザ杉の子電気
サウナの隣には
水風呂と電気風呂と寝湯
サウナは高温サウナとスチームサウナの2種類
至れり尽くせりの設備




ホットプラザ杉の子露天
露天がまた凄い
広々とした露天のメイン浴槽は岩風呂造りで非常に快適。
加水ありだが湯の鮮度も保たれ、泉温も適温のしっかり掛け流し




ホットプラザ杉の子源泉
メインともいえる源泉浴槽
源泉54度の湯を加水なしでドバドバかけ流しているので、
泉温はかなり熱い
夏場には入れないレベルかもしれない



ホットプラザ杉の子源泉湯口
小さな浴槽へこれでもかの源泉投入

無色透明なナトリウム泉は
力強い塩分に
わずかにダシ味もある
スベスベする肌触りがあり、
浴感もよく、体の芯まで良く温まる湯




ホットプラザ杉の子歩行
歩行湯も掛け流し
かなり温めなので、温まった体をクールダウンするにもいい




ホットプラザ杉の子ポリ
おまけのようなポリバスの一人用風呂
やはり、ザバーっと湯が溢れ出すのは気持ちがいい




源泉温度が高いので、大半の浴槽は加水しての利用だが、
さっと入浴するにはちょうどいいかもしれない。
源泉浴槽の力強さは別格で
設備も充実しており、コストパフォーマンスが非常に高い
満足度が非常に高い優良施設












  1. 2017/10/22(日) 15:58:47|
  2. 青森県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

肘折温泉 上の湯共同浴場

泉質    ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉
評価    ☆☆☆☆




肘折外観
肘折温泉のほぼ中央に位置する大湯的な共同浴場 上の湯
肘折温泉にはほかに2か所共同浴場があるが、
ジモ専となっているため、ごく一部のお宿でカードキーを借りるかしか入れないので、
一般的に入浴できる共同浴場はここ上の湯だけとなる





肘折
広々とした大きな浴槽
無色透明な湯がなみなみと張られ
しっかりと掛け流されている

非常に静かで雰囲気のいい浴室で、
妙に落ち着ける
さすがは肘折を代表する共同浴場





肘折湯口
お地蔵様の湯口
肘折温泉の湯は切り傷によく効くというが、
いかにも効能がありそう

浴槽内の湯は
無色透明なきれいな湯
肘折温泉はにごり湯というイメージだが、
ここ上の湯源泉は無色透明なきれいな湯

微炭酸、金気、微ダシ味、微エグ味を感じるものの
強すぎない個性が角のないまろやかな湯となっている

泉温もちょうどよく
非常に落ち着ける浴室の雰囲気を楽しみながら
ゆっくりと湯が楽しめる



個性的なにごり湯が多い肘折温泉の中で
クリアでクセのない湯も上の湯で楽しめる
肘折温泉は本当に面白いところだ














  1. 2017/10/22(日) 15:21:00|
  2. 山形県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

八百坊温泉

泉質    ナトリウム-硫酸塩・塩化物泉
評価    ☆☆☆☆




八百坊外観2
山形市内の日帰り温泉施設 八百坊温泉
山形市青田 国道13号沿い
ちょうど、臥龍温泉の反対側にある

薬局併設の温泉施設で、
お隣の八角堂という薬局が経営をしているようだ




八百坊1
大きな浴槽からは、見事に湯が溢れ出す
それもそのはず、源泉投入量が凄い
湯口からは滝のように源泉が投入されている

浴槽内のところどころに岩があり
寄りかかれる造りが非常にいい




八百坊湯口
滝のように源泉投入される湯口
見ているだけで気持ちがいい

泉質は
無色透明なクリアな湯で
ごく僅かに金気と芒硝臭を感知
ツルツルとした肌触りが強く
非常に柔らかな浴感がある

源泉投入量が見事なので
当然ながら湯の鮮度は抜群

掛け流される湯を見ているだけでも面白く
ついつい長湯をしてしまう
よく温まるいい湯






八百坊水
冷たすぎないちょうどいい水温の水風呂もあり
よく温まる湯との交互浴も気持ちがいい




さすがに、山形市内の日帰り温泉施設
レベルが高い





  1. 2017/10/22(日) 14:42:52|
  2. 山形県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

平賀観光温泉

泉質    アルカリ性単純温泉
評価    ☆☆☆☆




平賀観光
青森県平川市の住宅街にある公衆浴場 平賀観光温泉
外観、施設内ともに
青森県によくある公衆浴場の造り




平賀観光4
タイル張りのきれいな浴室
窓も大きく、広々した造り

無色透明なクリアな湯がなみなみと張られた大きな浴槽
浴槽からは気持ちよく湯がオーバーフロー


大きな浴槽は仕切りで2つに分かれ
左手がかなり大きく、右手が小さめに仕切られる

左手の浴槽は広々しており
源泉投入量もちょうどよく鮮度もよく適温となり

右手の浴槽は浅い造りで、
新鮮な源泉をふんだんに投入
浴槽内はやや熱めの泉温となる





平賀観光3
なんともかわいい湯口だが
源泉はしっかりと投入される



泉質は
無色透明なアルカリ性単純泉
ごく僅かに芒硝系の香りと味がするが、
アルカリ性単純泉らしい
ツルツルとした肌触り
非常に入り心地のいい湯

この手のクセのないサッパリとした湯は
毎日でも入りたい





名湯 新屋温泉からも近く
黒石、平川周辺は湯めぐりが実に楽しい






  1. 2017/10/22(日) 14:23:21|
  2. 青森県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鳴子温泉 旅館すがわら

泉質    ナトリウム-硫酸塩・塩化物温泉
評価    ☆☆☆☆




鳴子すがわら外観
鳴子温泉車湯交差点のそばにある宿 旅館すがわら
雰囲気のいい和風旅館で
規模も比較的大きい。

なんと9つもの風呂があり、
貸し切り風呂が人気のお宿。
日帰り入浴も積極的に受け入れており、
利用客も比較的多い


日帰り入浴で利用できるのは
男女入れ替え制の大浴場のみ







鳴子すがわら内
大浴場の浴室はかなり広々した造り
採光いい浴室で、浴槽も非常に大きい。


浴槽内の湯は青みがかったきれいなにごり湯
大きな浴槽だが、
しっかりと源泉掛け流しで利用されている




鳴子すがわら内湯口
白い析出物がしっかりの湯口からは高温の源泉をチョロチョロと投入
源泉が高温なので、大きな浴槽でも泉温はキープ
加水することなく掛け流すには、この程度の量がちょうどいい


泉質は
無色透明な湯だが、
浴槽内で見事に青みがかるきれいな湯
弱塩味、弱アブラ臭、芒硝系の味と香り
いろいろな個性が複雑に混じりあうがそれぞれが強すぎず、
じわじわと体に染み込んでくるような優しい湯





鳴子すがわら露天
露天はコンパクトな造り
こちらも源泉投入をしぼった加水なしの掛け流し
内風呂よりも湯の個性をしっかり感じ
泉質の良さを実感しながらゆっくりと入浴ができる



加水なしの源泉かけ流しにこだわることで、
源泉本来の良さが楽しめる
温泉マニアには嬉しい限りの宿

料理もサービスもいいらしいので、
次回はぜひ宿泊で9つの風呂を満喫してみたい




  1. 2017/10/22(日) 13:53:42|
  2. 宮城県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

金ヶ崎温泉 駒子の湯

泉質    ナトリウム-塩化物泉
評価    ☆☆☆☆




金ヶ崎駒子外観
金ヶ崎町にある日帰り温泉施設 駒子の湯
派手な外観の立派な建物で、
スポーツ施設、介護施設を併設した複合的な施設となっている。





金ヶ崎駒子 
窓が大きく採光いい浴室には
かなり大きな浴槽が一つ
大きな浴槽だが、しっかりと掛け流される

浴槽タイルの色のせいだろうが、
浴槽内の湯がわずかに黄褐色に見え
見た目にも力強そうな湯と分かる



金ヶ崎駒子湯口
湯の花キャッチャーが設置された湯口からは
源泉約50度の湯がしっかりと投入
湯口付近ではしっかりと湯の香り、鮮度を楽しむことができる



泉質は
無色透明なナトリウム泉
しっかりと塩分を感じる湯からは
微甘みと金気を感じることもでき、
味に深みを感じる泉質
肌になじむようなナトリウム泉で、
浴感も非常によく、力強い湯のわりには疲れない

水風呂もあるので、
力強いナトリウム泉で火照った体を冷ますのにありがたい




名湯揃いの金ヶ崎エリアでも
突出した力強い湯で
非常に満足度の高い一湯







  1. 2017/10/11(水) 07:03:40|
  2. 岩手県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

あすなろ温泉

泉質   アルカリ性単純温泉
評価   ☆☆☆☆




あすなろ外観ん
七戸町市街地にもほど近い国道4号近く
国道からも目立つ立地だが、
パっと見は民家のようにも見える公衆浴場 あすなろ温泉



あすなろ1
浴室中央に2層式浴槽
壁際に洗い場が並ぶ典型的な青森の公衆浴場スタイル
浴槽内でやや黄褐色に見えるモール系の湯は
七戸近辺の特徴的な湯の一つ


あすなろ2
2層に分かれた浴槽両方に湯口があり
それぞれ源泉投入はしっかりあるので、
浴槽からのオーバーフローは見事で
思わずトド寝したくなる気持ちい溢れ出し




あすなろ湯口
湯口からは無色透明なクリアな湯がしっかりと投入
円周上に広がる湯の波形が美しい

浴槽がそれほど大きくないので
浴槽からのオーバーフローはかなりの量


泉質は
七戸界隈に多いツルツル強のアルカリ性単純泉
しっかりと甘みを感じる湯で
ツルツルとした柔らかな肌触り
浴後もさっぱりして、いい温泉だなとつくづく感じる


小さいながらも奥には
サウナと掛け流しの水風呂があるのもありがたい

この手の公衆浴場が多い七戸近辺、
毎日入れる地元の方がほんとにうらやましい




名湯揃いの七戸十和田駅近辺
近隣には東八甲田温泉や、さかた温泉や、天間林温泉など
いい温泉が密集しているが
混んでいないので
ゆっくりと湯が楽しめる穴場的一湯









  1. 2017/10/09(月) 18:57:08|
  2. 青森県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新安比温泉 静流閣

泉質    ナトリウム-塩化物強塩泉
評価    ☆☆☆☆




新安比外観 
東北自動車道沿い安代ジャンクションから見える立地
安代インターからもほど近い新安比温泉

東北屈指の強食塩泉との評判で
高速を通るたびに前々から気になっていた施設だが
今回やっと宿泊で訪れることができた。


以前は少々古びたホテルだったようだが、
静流閣としてきれいにリニューアルして
清潔感のあるきれいなホテルになっている







新安比内
大浴場 金の湯
2層に分かれた浴槽には
茶褐色に染まる湯が満たされ
サワサワと掛け流されている
いかにも濃厚そうな湯



新安比析出
オーバーフローした湯で
浴室内の床は見事に析出




新安比内湯口
源泉は加水のうえ加温という湯使い
源泉投入量は決して多くないが
しっかりと掛け流しで利用している


泉質は
浴槽内で見事に茶褐色に染まるナトリウム泉
力強い塩分の中にも金気、エグ味
やや臭みのような独特な香り
ナトリウム泉特有のキシキシする肌触りで
重たい湯という印象
見た目通りの力強い湯


新安比露天
露天は非温泉
ラジウム鉱石人工温泉とのことで、
内風呂で温まった体を冷ます程度に利用






新安比小
らくらく湯と言われる小浴室
こちらは大浴場 金の湯とは別源泉
やや笹濁り色の湯がしっかりと掛け流される


新安比小湯口
こちらも加水ありだが、
浴槽サイズに対して源泉投入量が多いので
湯の良さを感じるならこちらのほうがいい

金の湯ほどの塩辛さは感じず、
石膏系、金気系の個性が目立つ
複合的な個性が混じりあった面白い湯






新安比食事
夕食は食堂でいただく
コスパのいいかなり上質な食事で満足度は高い









  1. 2017/10/09(月) 11:13:07|
  2. 岩手県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東鳴子温泉 高友旅館

泉質   
幸の湯源泉/含硫黄-ナトリウム-炭酸水素塩泉(黒湯)
顕の湯源泉/ナトリウム・カルシウム-炭酸水素塩泉(プール風呂、もみじ湯)
玉の湯源泉/含硫黄-ナトリウム-炭酸水素塩泉(ひょうたん風呂)      

評価   ☆☆☆☆☆




高友旅館外観

鳴子温泉郷の中でも
個性的な湯が多く、温泉好きにはたまらない東鳴子温泉

そんな名湯揃いの東鳴子のなかでも
やはり抜群に素晴らしいのは
黒湯で有名な高友旅館


ここでは黒湯をはじめ、
3種類の源泉を味わう事が出来る
(実際はもう1種類源泉があるが宿泊しても基本的に入浴できないらしい)





高友黒湯
2009年撮影

高友旅館黒湯
2017年撮影
コンディションによって湯の色が違うのも面白い



名湯 黒湯
黒湯といっても、関東に多い黒い湯では無く
深い緑色に染まる湯だ



高友旅館黒湯湯口
湯口からは源泉57.8度の幸の湯源泉
浴槽内でやや熱め
非常によく温まる力強い湯



強いアブラ臭と硫黄臭が混じり合う濃厚な湯
濃厚な湯でも、ツルツルした肌触りがあり
浴後はヘロヘロになるほとパンチのある湯だが、
なんとも心地いい湯でつい長湯してしまう
さすがに名湯 黒湯





高友プール
黒湯浴室の奥にあるのがプール風呂
プールと呼ぶには小さいが
10人以上はゆうに入れる大きな浴槽


ここでは無色透明な
顕の湯源泉が使われる


浴感では
泉質的な力強さはそれほど強くないが
湯の花も多く舞い
浴槽や湯口、手すりなどには
ぎっしりと析出物が堆積しており
成分の濃さを感じる

このプール風呂は体感40度程度の温めなので、
黒湯であったまった体をクールダウンするのにもよく
力強い泉質の黒湯浴槽とプール風呂の
交互入浴が実に気持ちいい






高友単純泉2018
ひょうたん風呂は玉の湯源泉使用
深い緑色の濁り湯は
アブラ系の高温の源泉ながら
若干の泡付きがある珍しい湯

高友単純泉2018湯口




ちなみに
同じ源泉を使用した女性専用浴室ラムネ湯は
さらに泡付がいいとの噂
時間帯で男女入れ替えにしてもらいたいところだが・・・





高友家族
自炊部棟にある家族風呂もみじ湯は
プール風呂と同じ顕の湯源泉使用

かなり鄙びた浴室に
2人程度が入れる小さな浴槽


薄笹濁り色の湯は
浴槽が小さいこともあり泉温も適温
プール風呂よりも
鮮度がよく浴感も非常にいい





どの浴室も宿泊すれば24時間入浴可能なので
一日中温泉三昧することが出来きる


鳴子随一、
いや、東北随一の
素晴らしすぎる名湯といえる













  1. 2017/10/09(月) 10:35:22|
  2. 宮城県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

寒河江温泉 割烹旅館吉本

泉質    ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉
評価    ☆☆☆☆




寒河江吉本外観
寒河江駅周辺一帯を寒河江温泉と言われるが
一般的な温泉街という概念ではなく
ここ割烹旅館吉本のような温泉宿が点在している

宿泊よりも、日帰りでの食事休憩がメインなのだろうか
大きな部屋で団体で食事ができるような雰囲気

宿の方も非常に親切な対応で
日帰り入浴も快く受け入れていただける





寒河江吉本
少々薄暗い浴室には
大きめのゆったりサイズの浴槽
薄黄褐色の寒河江らしいモール系の湯が
見事に掛け流される


寒河江吉本さくらんぼ
さくらんぼの壁画がなんともかわいらしい
さすがに、さくらんぼが名産の寒河江




寒河江吉本湯口
美肌の湯とかかれた湯口からは
源泉50度の湯が、これでもかとしっかりと投入
大きな浴槽なので、
浴槽内で泉温はちょうどよく鮮度も非常にいい


泉質は
浴槽内で薄茶褐色に染まる炭酸水素塩泉
甘い香りが強く、飲泉もしっかりと甘みを感じる

モール泉特有のツルツルとした肌触りが強く
全身を包み込むような柔らかな浴感
浴後の爽快感が非常にある素晴らしい湯


寒河江の源泉の良さを実感できる
非常に満足度の高い一湯






  1. 2017/10/09(月) 10:09:04|
  2. 山形県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

蔵王温泉 おおみや旅館

泉質    酸性・含鉄・硫黄-アルミニウム-硫酸塩・塩化物泉
評価    ☆☆☆☆☆




zaoおおみや外観
蔵王温泉にある老舗旅館 おおみや旅館
上湯共同浴場の真上に位置する
独自源泉保有の宿

きれいな外壁の建物で
施設内も清潔感があって非常にいい雰囲気
少々高そうな旅館だが、
湯めぐりこけしでの入浴も快く受け入れてもらえる




浴室は男女入れ替えとなる
今回入浴したのは
円形の浴槽が見事な浴室


zaoおおみや
総木造りの雰囲気の良い浴室に
小ぶりな円形浴槽
微白濁のきれいな硫黄泉が
浴槽全周からきれいに掛け流される様は実に美しい


zaoおおみや湯口
湯口からの源泉投入は十分すぎるほど
源泉43度程度の適温なので
ゆっくりと入浴できるのもいい


泉質は
微白濁する酸性硫黄泉
しっかりとした酸味があるものの
硫黄臭はやや弱め
力強さもありながら非常に滑らかな湯
蔵王の湯の新しい一面を感じることができる





zaoおおみや露天
露天は眺望こそないものの、
落ち着いた雰囲気があり
ゆっくりと湯を楽しめる
やや温めで、しっかりと肌になじむ優しい湯が楽しめる





泉質の良さもさることながら
浴室の雰囲気がよく非常に気に入った
今度はぜひ宿泊で利用して
一日ゆっくりと湯を楽しみたい





  1. 2017/10/09(月) 09:39:47|
  2. 山形県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鉛温泉 藤三旅館

泉質   単純温泉
評価   ☆☆☆☆




鉛外観
花巻温泉郷にある一軒宿 鉛温泉 藤三旅館
歴史ある温泉宿で、風格あるたたずまいの外観
館内もかなり広い大きな施設

宿泊は旅館部と湯治部に分かれ、
湯治部ではかなりお安く宿泊できるので
湯を楽しむだけなら湯治部への宿泊をお勧めする


源泉は2本あり
3か所の浴室で利用されている

外せない一湯は
立ったまま入浴できるほど深い浴槽
あまりにも有名な白猿の湯



鉛温泉白猿
地階にある白猿の湯の浴室
天井が高く非常に広々した空間にある楕円形の浴槽
浴室、浴槽ともに抜群の雰囲気


鉛温泉白猿2
透明度の高い非常にクリアな湯
浴室の深さは約1.25m
まさに立ったまま入る湯


鉛1
浴槽内での源泉投入
浴槽底からブクブクと湧き上がる湯
浴槽からのオーバーフローを見る限り
かなりの量の源泉が投入されている


泉質は
無色透明な単純泉
透明度の高いクリアな湯で
若干の芒硝系の香りがある
サッパリとした浴感が楽しめる
非常にクセのない湯

源泉40.9度の湯なので、
雰囲気のいい浴室でゆっくりと長湯ができる





白猿の湯の向かいにある桂の湯
ここではシャワー完備の内風呂と
川沿いの景色がいい露天が楽しめる
鉛温泉内風呂
白猿の湯とは別源泉利用
どちらもクセの無い単純泉なので、
源泉の違いはあまり感じないが
クセのない柔らかな湯が掛け流しで楽しめる


鉛温泉露天
川沿いの露天は
なんとも開放的でいい雰囲気
浴槽からのオーバーフローも多く
掛け流しも見事で湯の鮮度もこの露天が一番いい


鉛5
さらに川沿いに小さな露天もある
こちらは雰囲気重視
湯の鮮度は落ちる






鉛6
こちらは銀の湯
貸し切りで利用できる小さな浴室
浴槽サイズと源泉投入量がちょうどよく
純粋に湯を楽しむならこの浴室もいい




他にも、白糸の湯という浴室があるが、
ついつい白猿の湯に時間を割いてしまい
いまだに全部回り切れていない






鉛温泉湯治部食事
ちなみに、湯治部に宿泊しても食事は期待しないほうがいい
湯を楽しむために湯治部に宿泊しているので、
食事に期待する必要は無いが、、

旅館部はかなり立派な食事らしいので、
次回は旅館部に宿泊して、すべての浴室を楽しみたい









  1. 2017/10/09(月) 09:14:37|
  2. 岩手県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

さかた温泉

泉質   アルカリ性単純温泉
評価   ☆☆☆☆





七戸さかた外観

七戸町役場の奥、住宅街の一角にある温泉施設
さかた温泉。



七戸さかた

広々とした浴室の中央に大きな浴槽
典型的な青森の公衆浴場スタイル


七戸さかた湯口
浴槽中央の湯口から豪快に源泉が投入され
見事に掛け流される。



泉質は
無色透明なアルカリ性単純温泉
わずかにモール系の香りがあり
しっかりとした甘みがあるクセのない湯。
肌触りは非常に柔らかく、
ツルツルとした浴感を感じる

この手の湯は毎日でも入りたくなる。




七戸さかた2

奥には、サウナ、水風呂、ジャグジー、熱湯もある

ついつい、ゆったりと長湯してしまう
気持ちのいい湯なので、水風呂が非常にありがたい。



毎日でも通いたい
普段使いにもってこいの湯








  1. 2017/10/08(日) 17:31:28|
  2. 青森県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

千貫石温泉 湯元東館

泉質   ナトリウム-炭酸水素塩泉・塩 化物泉
評価   ☆☆☆☆





湯元東館外観
名湯揃いの北上エリア
泉質、湯量ともに満足度の高い千貫石温泉 湯元東館
名前の通り、近くの水神温泉湯元東館とは当然系列

立派な宿泊施設だが、
湯の良さもあり、常に日帰り入浴客で混雑する。

浴室は内風呂と露天風呂の2か所あるが、
あまりに湯がいいので、1か所で満足してしまい
日帰り入浴で両方立て続けに入るのは困難。
宿泊でゆっくり利用するのをお勧めする





千貫石温泉 

看板ともいえる内風呂
大きな浴槽だが、源泉投入量が多く
鮮度抜群、掛け流しも見事




千貫石温泉湯口
50度の源泉を惜しげもなく投入
浴槽内の泉温も適温でキープされる



泉質は
しっかりとした金気
甘みと塩分もわずかに感じる
やや高めの泉温が力強さを加えて
湯の鮮度を肌で感じることができ
満足度の非常に高い湯




湯元東館水風呂
力強い湯なので、すぐにヘロヘロになるため
この水風呂がありがたい





階段を下りた地階にある露天


湯元東館露天

露天は岩風呂造り。
景色等はイマイチのためそれほど開放的ではないが
湯を楽しむには十分。

内風呂ほどの力強さは感じないものの
十分に湯の力強さを感じることができるので
露天で涼みながら入浴を繰り返すのもまたいい。



湯元東館内2
露天浴室にある内風呂
見た目の派手さこそないが、
湯の鮮度はここが一番か












  1. 2017/10/08(日) 17:21:26|
  2. 岩手県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

台温泉 精華の湯

泉質    含硫黄・ナトリウム-硫酸塩・塩化物泉
評価    ☆☆☆☆




台温泉精華の湯外観

台温泉にある日帰り入浴施設 精華の湯
施設はきれいで、落ち着いた造り。
台温泉の静かな雰囲気にマッチしている。



台温泉精華の湯

採光よくきれいな浴室
石張りの大きな浴槽は
木で仕切りられ、熱めと温めの2層に分かれる



台温泉精華んお湯湯口
源泉95.8度と超高温の源泉ゆえ、
加水のうえ、
さらに源泉投入量はかなり少ないものの
しっかりと掛け流しで利用されている



泉質は
無色透明な湯で
うっすらと硫黄の香りがある
サラサラとした柔らかな肌触りで
浴感が非常にいい



源泉投入量が少ないので
湯の鮮度を楽しむというわけにはいかないが、
十分に泉質の良さを感じ取れ
落ち着いた雰囲気で湯が楽しめる







  1. 2017/10/08(日) 17:17:32|
  2. 岩手県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

羽根沢温泉 共同浴場

泉質   ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物温泉
評価   ☆☆☆☆☆




羽根沢外観

長閑な山間の小さな温泉街 羽根沢温泉
羽根沢温泉は、ここ共同浴場を中心に
数件の旅館が建つ小さな温泉街となっており
非常に静かで雰囲気がいい


公民館の1階にある共同浴場は
地元の人に丁寧に管理され、
この町の貴重な共同浴場となっている





羽根沢共同浴場


羽根沢共同浴場2

小さな浴室には
コンクリ張りの浴槽が一つ

シンプルな造りで妙に落ち着ける雰囲気がある
まさに、湯を楽しむためだけにこの場が存在する



羽根沢共同浴場湯口
湯口からは
鮮度のいい源泉がしっかり投入

湯の花キャッチャーには湯の花がぎっしりと詰まる



泉質は
心地いい硫黄臭と
うっすらと香るアブラ臭が混ざり
まさに絶妙の香り

ぬるぬるとした肌触りが抜群によく
湯に包まれるような柔らかな感じがある
飲泉も甘みがあり実にうまい



長閑な羽根沢温泉の雰囲気
抜群に素晴らしい泉質を楽しめる共同浴がある。
この温泉のために遠くまで行く価値がある
これぞ温泉の醍醐味









  1. 2017/10/08(日) 17:10:17|
  2. 山形県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

蔵王温泉 川原湯共同浴場

泉質   酸性・含鉄・硫黄-アルミニウム-硫酸塩・塩化物温泉
評価   ☆☆☆☆☆




zao川原湯外観

蔵王温泉にある共同浴場の一つ 川原湯共同浴場

以前は鄙びた湯小屋であったが、
改装し、非常にきれいな造りとなっている。

改装され、きれいになったが、
浴室は変わらず、足元自噴の名湯が楽しめる。






IMG_0164.jpg

真新しい木張りの浴室は、かなりコンパクトな造り。
浴室の大部分を、浴槽が占める。
まさに湯を楽しむためだけにある。



zao川原湯2

浴槽内底には
すのこが敷いてあり、すのこの下からコンコンと湯が沸きあがる。
掛け流される量を見ると、
かなりの源泉が足元自噴で投入されている。

足元自噴の浴槽は
無駄なものがなく、実に美しい。




泉質は
無色透明な酸性の硫黄泉
足元湧出での源泉投入のため
鮮度が良すぎるので、一切の濁りがないとてもクリアな湯。
酸味はしっかりと感じるが硫黄臭はそれほど強くない


常時加水はされているものの、
源泉が湧き上がる量が多いので、
泉温も高く鮮度がいい。
湯が新鮮すぎるので、加水は気にならない。


泉質、湯使い、雰囲気
すべてにおいて素晴らしいの一言。
極上の共同浴場。







  1. 2017/10/08(日) 17:04:21|
  2. 山形県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

カミキャキャ

Author:カミキャキャ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる