FC2ブログ

温泉マニアックス

川渡温泉 藤島旅館

泉質   ナトリウム-炭酸水素塩・硫酸塩泉
評価   ☆☆☆☆☆




IMG_1571.jpg
鳴子温泉郷の入り口ともいえる川渡温泉
なかでも老舗の藤島旅館は
川渡温泉中心ともいえる位置に建つ


立派な外観の建物は
昔ながらの造りで
施設内も板張り廊下の雰囲気がいい


入浴料は
自炊部の大浴場が200円
一般の部にある小浴場が300円となっている

朝早くから夜遅くまで地元の人が多く訪れる大浴場は
共同浴場的な存在でもある



藤島旅館

浴室の中央には
存在感抜群の大きな浴槽
20人はゆうに入れるであろう大きさがあり
浴槽の一部は浅い造りで半身浴もできる


この大きな浴槽でも
湯口からはしっかりと源泉投入されているので
サワサワと浴槽から溢れ出すサマは見事


泉質は
浴槽内で見事に薄緑色に染まる湯
湯の中には
まるでホコリや鳥の羽と見間違えるほどの
白と黒の大きな湯の花がモロモロと舞う
ほのかな硫黄臭を感じ
飲むと薄い硫黄味がして非常にうまい
さらに大きな浴槽で
47.9度の源泉掛け流し
泉温もまさに適温で最高に素晴らしい湯だ


さらに
浴室の隅には打たせ湯もある
こちらも同じ温泉使用
ボタンを押すと凄い勢いで
40度程度の温めの湯が落ちてくる
しかも、けっこう長い


これだけ素晴らしい温泉がわずか200円で
しかも
日帰り入浴時間も朝早くから夜遅くまで受け付けている
どれをとっても素晴らしすぎる温泉だ


いまだに大浴場しか利用したことがないが
小浴場は湯の鮮度がさらにいいとのこと

スポンサーサイト
  1. 2016/09/24(土) 23:10:17|
  2. 宮城県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鬼首温泉 吹上温泉峯雲閣

泉質   ナトリウム-塩化物泉
評価   ☆☆☆☆





吹上外観
かんけつ泉の少し先にある温泉旅館 峯雲閣
ここは鬼首温泉ではなく吹上温泉という位置づけになるとのこと

見事に紅葉した木々に囲まれた
落ち着いた雰囲気のきれいな旅館だ
ここは、なんといっても豪快な滝湯が有名



吹上露天

なんと、滝と滝つぼがすべて温泉
そして混浴


流れ落ちる滝は
川の水と高温の温泉が混ざっているもので
かなりの水量があり迫力満点


野趣あふれる豪快な滝湯と、見事に紅葉した木々を眺めながら
温めの湯にゆっくりと浸かることができる



泉質は
豪快に加水されているので
それほど特徴のあるものではないが
わずかに温泉らしい香りが残り
入り心地は悪くない



吹上露天
滝湯の手前にある大きな浴槽は
大きな露天だが
加水なしで掛け流し
適温に保たれる
木々に囲まれた露天は雰囲気がよく
鬼首の自然を満喫できる


吹上内
内風呂は6人程度が入れる小ぶりなもの
滝湯や露天に比べると、やはり地味だが
窓からは滝湯が眺められ
鮮度のいい湯を楽しめるので
内風呂も十分に素晴らしい


滝湯はまさに絶品
施設も清潔感があり
自然に囲まれた造りも最高だ
ここはぜひとも宿泊で訪れたい




  1. 2016/09/24(土) 23:03:39|
  2. 宮城県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東八甲田温泉

泉質   アルカリ性単純温泉
評価   ☆☆☆☆



IMG_0904.jpg
七戸十和田駅からほど近い東八甲田温泉
宿泊施設も兼ねている、青森に多い共同浴場を兼ねた施設。

ここはヒバ風呂なる小さな浴室が有名なのだが、
空いて無いようだったので、今回は大浴場のみ入浴をした。


IMG_0912.jpg
広々とした浴室には木造りの浴槽が4つ
熱めの鮮度のいい小浴槽
大きな主浴槽
大量加水の水風呂的ぬる湯
寝湯
という構成

47度の源泉をドバドバ投入しているので
小浴槽は当然ながら鮮度よく泉温も高い。

ヘロヘロになってしまったところに
水風呂的なぬる湯で体を休めることができる


泉質は
無色透明な単純泉
ほんのり甘みがあり
ツルツルとした肌触りが心地いい。
七戸近辺によくある上質な単純泉だ。



後日、ヒバ浴槽を利用

東八甲田

やや熱めの湯は
鮮度抜群で、ツルツル感もある。
なにより、小さい浴槽ゆえ
入浴すると浴槽から湯が豪快に溢れ出す。
気持ち良すぎる掛け流し

大浴場もいいが、
ヒバ浴槽はさらに素晴らしい


  1. 2016/09/24(土) 21:55:53|
  2. 青森県
  3. | トラックバック:0

鳴子温泉 早稲田桟敷湯

泉質   含硫黄-ナトリウム-硫酸塩・塩化物泉
評価   ☆☆☆☆




桟敷外観
およそ共同浴場には見えない
クリーム色の目立つ外観
モダンな造りの早稲田桟敷湯


外観だけでなく
施設内も清潔感があり
脱衣所は床暖房が利いているなど
非常に凝った造りといえる


桟敷湯
浴室は
天井が高く、吹き抜けになっており
非常に広々した造りになっている


浴槽は2層に分かれ
それぞれに高温の源泉を投入し
掛け流しで利用している


sajikiyuyuguti.jpg
湯口も非常に凝っており面白い
高温の源泉を冷ます工夫だろうか
まるで滑り台のような湯口を源泉が流れおち
湯桶からオーバーフローした湯を浴槽へ投入するしくみ


泉質は
わずかに微濁した透明な湯だが
白いモロモロとした湯の花が舞い
心地いいレベルの硫黄臭もあり
浴感は非常にサッパリした感がある

例えるなら
群馬の川原湯温泉の泉質に近い感じで
それほど自己主張の強い湯ではないが
個人的には好きな湯だ


少し気になるのは入浴料
名湯揃いの鳴子にあって入浴料は530円
共同浴場という位置づけで
この値段はいかがなものかと思うが・・・



  1. 2016/09/04(日) 23:54:22|
  2. 宮城県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東鳴子温泉 勘七湯

泉質   ナトリウム-炭酸水素塩泉(不老泉)
      ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物・硫酸塩泉(大浴場)
評価   ☆☆☆☆




勘七外観
東鳴子温泉街のメインストリートから
少し入ったところにある勘七湯

かなり大きな看板があり
国道沿いからも勘七湯の立地は認識できる


ここでは2本の源泉を有し
それぞれ別の浴室で利用している


勘七1
不老泉と言われる自家源泉を利用した浴室
3人程度が入れる浴槽のある小さな浴室

浴室に足を踏み入れた瞬間に
濃厚なアブラ臭を感知でき
思わず笑みがこぼれる

泉質は
透明感のある薄い黒色の湯
濃厚なアブラ臭はガソリン系の乾いた香り
比較的サラリとした浴感で
入り心地も非常にいい湯だ



勘七2
大浴場は
東鳴子の共同源泉使用

2層に分かれた浴槽には
無色透明な湯が静かに掛け流される

若干加水されているようで
湯の特徴はあまり感じないものの
泉温も適温で
クセも無く入り心地のいい湯と言える


やはりここは不老泉の自家源泉
強いアブラ臭が楽しめる
満足度の高い湯だった




  1. 2016/09/04(日) 23:36:31|
  2. 宮城県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鬼首温泉 旅館 元湯

泉質   ナトリウム-塩化物泉
評価   ☆☆☆☆




鬼首外観
素晴らしい景観の鳴子ダムを超え
鬼首温泉の入口ともいえる立地にある元湯旅館
元湯と名乗る旅館には
温泉好きならば、つい惹かれてしまう

年季の入った造りだが
非常に清潔感のある施設で
従業員の方も親切
非常に家庭的な宿のようだ



鬼首
少々古びた浴室は味のあるタイル張りで
静かな浴室の造りが非常にいい

岩が積まれた湯口からは
高温の源泉が静かに投入され
6,7人が入れるゆったりサイズの浴槽からは
無色透明な湯がサワサワと溢れ出す



泉質は
無色透明な
ほぼ無味無臭だが
わずかに硫黄の香があり
温泉らしい香りをしっかりと感じることができる
源泉は浴室のすぐ目の前で沸いており
鮮度抜群の湯は
柔らかい肌触りで浴感も非常にいい





鬼首湯元源泉
窓を開けると
湯けむりをもうもうと上げる
迫力ある源泉が眺められる
しかも、よく見てみると
ほとんどの湯は捨てられている


静かな浴室と迫力ある源泉のミスマッチが
なんとも不思議な感覚だった


落ち着いた雰囲気の浴室に
入り心地のいい柔らかい湯
鬼首の中でもお気に入りの一湯だ



  1. 2016/09/04(日) 23:27:36|
  2. 宮城県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

明日の湯温泉

泉質   ナトリウム‐塩化物泉
評価   ☆☆☆☆



IMG_1566.jpg
仙台市泉区根白石地区にある明日の湯温泉
こぢんまりとした共同浴場的な造りで、
地元の方が多く訪れる普段使いの温泉。

私も仙台転勤を機に、通いまくっています。




明日の湯
タイル張りの浴室には
5~6人サイズの浴槽が一つ。
無色透明な湯がなみなみと張られ、
見事に掛け流されている。


IMG_1567.jpg
ライオンの湯口からは
浴槽サイズには贅沢すぎるほどの源泉投入
源泉43度の湯なので、浴槽内はやや温めでいつまででも入っていられる適温だ。

泉質は
無色透明なナトリウム‐塩化物泉ではあるが、
ツルツルとした浴感
湯口からの源泉は甘みと玉子臭
しっかりとした泡付きもある新鮮極まりない湯。

シンプルな温泉ではあるが、
ついつい、泡付を楽しみながら長湯をしてしまう
素晴らしい湯だ





  1. 2016/09/04(日) 23:23:05|
  2. 宮城県
  3. | トラックバック:0

東鳴子温泉 阿部旅館

泉質   含硫黄-ナトリウム-炭酸水素塩泉
      単純温泉
評価   ☆☆☆☆



阿部外観
東鳴子温泉街の対岸
赤這地区にある阿部旅館


ここでは2種類の源泉を
それぞれ別の浴室で楽しめる

2つある浴室は男女別という分け方ではなく
入浴時に「男湯」「女湯」「貸切中」などの札を入り口に立てる
実際は貸切にて利用できるとことが多い思う



阿部2
奥にある浴室は単純泉
タイル張りの古びた浴室
壁際の湯口からは
しっかりと源泉投入され
なみなみと掛け流される


泉質は
単純泉とはいうものの
薄緑褐色の濁り湯で
金気臭が漂い
飲泉は土類系の炭酸成分も感じる
少しキシキシ感のある肌ざわりだが
泉温も適温なので
非常に入りやすい
素晴らしい泉質



阿部1
手前の浴室は硫黄泉
単純泉の浴室と壁を挟んだ浴室は
湯口の向きが違う程度で
雰囲気の似た古びた造りだが
源泉68度と泉温が高いため
加水用の蛇口がある

阿部湯口
先客が加水したのだろうか
浴槽内の泉温は
単純泉より温めで適温
ゆっくりと入浴が出来た

泉質は
浴槽内で微白濁する硫黄泉
色、香、味ともに
薄めの硫黄成分に感じるが
硫黄以外のなにか甘さと苦味も感じる
まろやかな優しい硫黄泉で
肌ざわりも非常に柔らかく
素晴らしい浴感だ



どちらの泉質も非常に素晴らしく
名湯の多い鳴子の中でも
満足度は極めて高い







  1. 2016/09/04(日) 23:15:37|
  2. 宮城県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小野川温泉 尼湯

泉質   含硫黄-ナトリウム・カルシウ ム-塩化物温泉
評価   ☆☆☆☆☆



尼湯gai
小野川温泉のシンボル的存在の共同浴場 尼湯
貫録のある湯小屋で、一目で共同浴場とわかる。

無人の共同浴場なので、
入浴券は向かいの商店で購入。


尼湯yoku
浴室はコンパクトな作りで
壁際に細長い浴槽が一つ。

5人サイズの浴槽には
源泉80度の高温の湯がしっかり投入され、
同時に井戸水が加水されるが、
かなり熱めの湯となっている。


泉質は
無色透明な塩化物泉
浴槽内の湯には、湯の花も見られる。
しっかりとした硫黄臭と
わずかな
ダシ味を感じる塩分。
加水しても、インパクトがある力強い湯だ。


泉温が高いので、
加水しながらの入浴とはなってしまうが、
硫黄+塩の極上の泉質が楽しめる。



  1. 2016/09/04(日) 23:10:28|
  2. 山形県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

カミキャキャ

Author:カミキャキャ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる