FC2ブログ

温泉マニアックス

真名井の湯 大井店

泉質   単純温泉
評価   ☆





真名井外観
チェーン展開するスーパー銭湯 真名井の湯
ふじみ野にある大井店

造りはいたって普通のスーパー銭湯で特徴的なものは無いが
近隣の人の利用は多いようで
平日の夜にもかかわらず、ある程度の人が入っていた





内風呂はすべて白湯
当然ながら強循環、強塩素消毒だ

当日はワイン風呂といわれる赤く染まる浴槽があったが
サウナ、水風呂、ジェット風呂などもいたって普通の造り




温泉は露天の大きな石造りの浴槽で使われている
一部は掛け流しで利用されているのかは不明だが
壁沿いに静かに湯が投入され
排水溝へは湯が溢れ出している

しかし、浴槽内ではしっかりと循環されているので
湯の鮮度を感じることはない


泉質は
無色透明な単純泉
循環されているものの
しっかりとしたツルツル感がある
肌触りのいい湯といえるだろう



露天スペースにはほかに
白湯の壺湯が3つ、人口炭酸泉浴槽が一つあるが
この人口炭酸泉の塩素臭が恐ろしく強烈だった



夜の訪問だったため
食事処で食事をしたが
決して満足できないものだった



ツルツルした浴感の湯は素晴らしいが
スーパー銭湯激戦区の埼玉県にあったは物足りない施設だ
スポンサーサイト



  1. 2009/05/28(木) 21:12:07|
  2. 埼玉県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

北方温泉 四季の里 七彩の湯

泉質    ナトリウム-炭酸水素塩泉
評価    ☆☆☆☆







北方外観
武雄北方インターより
武雄方面とは逆に5分ほどにある
比較的大型の温泉施設



日帰り入浴はもちろん
宿泊等もあり
新鮮な活魚が味わえる
食事処も完備した
充実の温泉施設だ



脱衣所には
近隣の武雄や嬉野との
温泉成分比較表があるなど
泉質にはかなりの自信がある温泉なのだろう







北方内
浴室内には
機能風呂付浴槽とシンプルな浴槽の2層に分かれ
さらに水風呂とサウナがある


ここではすべての浴槽で
温泉が使用されている


内風呂の浴槽及び水風呂は
循環式併用の掛け流し

循環はしているものの
水風呂でも温泉を使用しているのは
非常に好感が持てる



泉質は
無色透明な炭酸水素塩泉
わずかに玉子臭を感じる湯は
ごく僅に微白濁して見える
ツルツル感は非常に強く
浴感はかなりいい


たしかに素晴らしい泉質で
近隣の温泉との
温泉成分を比較するだけ自信があるわけだ




北方露天
露天の大きな岩風呂は
循環で塩素消毒臭が気になる
特に秀逸なものではない



北方樽
この温泉で一番素晴らしいのは
露天にあるこの寝湯と樽風呂だ

ともに小さな浴槽で
各一人用となってしまうのは残念だが
どちらの浴槽も加温のみの
完全な掛け流し

他の浴槽に比べ
明らかに湯の鮮度がよく
玉子臭もしっかり
ツルツル強しだ


どちらもかな温めの泉温で
心地よく長湯が出来る



寝湯にいたっては
浴槽の半分程度に排湯用の穴があり
常に浴槽の半分程度の湯量になっている
温めの湯で寝湯を満喫して
思わず1時間近く熟睡してしまったほどの気持ち良さだ





充実の設備、上質な湯
一日過ごせる素晴らしい温泉といえる


ツルツル感のある温泉使用の水風呂と
露天の樽風呂、寝湯はまさに絶品




  1. 2009/05/28(木) 20:53:34|
  2. 佐賀県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小浜温泉 伊勢屋旅館

泉質   ナトリウム-塩化物泉
評価   ☆☆☆






伊勢や外観
小浜温泉で330年もの歴史を誇る老舗旅館 伊勢屋
施設には湯気がモウモウと立ちあがる自家源泉を有する
温泉街のほぼ中心にあり、目の前はオーシャンビューという抜群の立地だ
施設は少々古びているものの、清掃がよく行き届いており清潔感がある

今回は楽トラで
1泊2食付き9000円のプランを利用させて頂いた




伊勢や露天
茂吉の湯といわれる展望露天風呂
目の前は海、解放感抜群の露天だ

岩風呂造りの浴槽は
8人程度はゆうに入れる大きなもので広々している

源泉が高温のため加水されているが
湯口からはかなりの量の湯が投入され
浴槽からは気持ち良くオーバーフローする

残念ながら
浴槽内に一か所吸水口があり循環している
とはいっても、浴槽からのオーバーフローが多いので
気持ち良く入浴できる


泉質は
無色透明なナトリウム泉
加水、循環しているので
湯の香はほとんど無くなってしまっているが
しっかりと塩分を感じる温まりの湯だ
泉温も適温で管理されているので
開放感のある露天を満喫できる



伊勢や内
1階にある「邪馬台風呂」といわれる大浴場
こちらもオーバーフロー循環で
浴槽からはしっかり湯が溢れ出す

当日は修学旅行の宿泊が入っていたせいか
泉質はかなり貧弱だった
加水が相当多いようで、泉温も温め
湯の香もなく、塩分もあまり感じなかった
他の日なら、もっとコンディションはいいと思う




伊勢や夕食
小浜温泉の楽しみはやはり夕食だ
新鮮な海の幸
ボリュームたっぷりで最高にウマい
名物は温泉蒸しと鯛のあら煮




温泉は残念ながら循環しているが
開放的な露天風呂とおいしい食事が楽しめる
満足度の高い温泉旅館だ


  1. 2009/05/28(木) 20:50:46|
  2. 長崎県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

川治温泉 薬師の湯

泉質   単純温泉
評価   ☆☆☆☆☆






川治外観
川治温泉 薬師の湯が
リニューアルしたとの事で行ってみた


てっきり、川沿いの岩風呂は
無くなってしまったのかと思っていたが
岩風呂も健在
薬師の湯の施設内が新しくなったのだ



川治露天外観
川沿いの岩風呂は今まで通り素晴らしいもの




川治露天1
壁で遮られた大きな浴槽は
まるで洞窟風呂のような雰囲気

大きく深い浴槽には
かなりの量の湯が投入されており
おそらくもう一つの浴槽に豪快に掛け流されている



泉質は
無色透明な単純温泉
無味無臭、まったくクセのない湯だが
弱いツルツル感があり
肌を包み込むような
湯の柔らかさを実感できる
素晴らしい湯だ

源泉36℃程度と泉温が低いため
若干、加温しているが
それでも、かなり温めで38℃程度だろう
いつまででも入っていたくなる
素晴らしいぬる湯だ





川治露天2
もう一つの浴槽は
遮るものも何もなく、川沿いの開放的な雰囲気
こちらはさらに温めだ


川治掛け流し
溢れ出た湯は川へ豪快に捨てられる
かなりの量の源泉掛け流しといえるだろう






川治薬師内
リニューアルした薬師の湯施設内にある内風呂
川沿いの立地をうまく活かし
眼下には川が流れ景色が眺められる
窓も全開で開放感抜群の造り

湯口からはしっかりと源泉が投入され
掛け流し量も豊富
泉温は岩風呂よりもしっかり加温されているが
体感40度程度なので
やはり温めの心地いい泉温といっていいだろう


女性には混浴の岩風呂はかなり厳しいと思うが
リニューアルされた施設内の内風呂は
岩風呂と比べても遜色ない素晴らしい湯の使い方なので
女性でも充分に川治の名湯を満喫できるだろう

さらに
低音サウナまでついている
素晴らしいリニューアルだ





  1. 2009/05/28(木) 20:34:24|
  2. 栃木県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鬼怒川温泉 花の宿 松屋

泉質   アルカリ性単純温泉
評価   ☆






鬼怒川外観
鬼怒川温泉にある典型的な大型温泉旅館 松屋
さすがに鬼怒川の大型旅館 
施設は広々していて清潔感も抜群だ

今回、温泉手形にて入浴させて頂いたが
フロントの方は大浴場まで案内してくれ、
とても親切な接客対応だった


鬼怒川庭
フロントの方に
浴後に中庭を散歩されたらいかがですか?とお勧め頂いた
良く整備されたきれいな庭園だ





鬼怒川内
内風呂は
窓も大きく、広々した造り
清潔感も抜群だ



鬼怒川露天
川沿いに面した露天も開放的な造りで
清潔感がある




泉質は
無色透明な単純泉
加水こそしていないものの
強循環でオーバーフローは一切ない
強塩素消毒は、まるでプールのようだ
とうぜん湯に特徴は無く
強烈な塩素臭を我慢して入浴しなければならない



浴槽は非常に素晴らしい造りだが
やはり湯が悪い
典型的な鬼怒川の大型旅館といえるだろう

  1. 2009/05/28(木) 20:31:56|
  2. 栃木県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日光湯元温泉  奥日光小西ホテル

泉質   含硫黄-カルシウム・ナトリウム-硫酸塩・炭酸水素塩温泉
評価   ☆☆☆☆






小西外観
赤い壁の外観がモダンで特徴的な
日光湯元の有名ホテル
少々古い造りのホテルだが
施設は広々していて快適だ


今回は温泉手形で入浴させて頂いたが
フロントの方も非常に対応がよかった







小西内
窓の大きな浴室には
静かに湯が掛け流される大きな浴槽

内風呂には
乳白色というよりも
グレーがかった色の硫黄泉が張られている





小西露天
露天は大きな岩風呂造り
目の前は山側だが
日光の自然が広がっている感じでいい


露天の湯は見事な乳白色だ
ここまで綺麗な乳白色は見事としか言いようがない
まるで白骨温泉 泡の湯のようなな色だ


非常に素晴らしい露天だが
少々残念に思ったのは
浴槽がヌルヌルして少々気持ち悪く
虫も湯に多く落ちている
清掃のタイミングの問題だろうが





泉質は
濃厚な硫黄臭のある硫黄泉
酸味はまるで無く
非常にまろやか

源泉投入はしっかりされているものの
浴槽が大きいので、少々鮮度は落ちている感はある
しかし、その分
見事な乳白色の湯になり
泉温も非常に温めで、ゆっくりと長湯が楽しめた



  1. 2009/05/28(木) 20:30:10|
  2. 栃木県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日光湯元温泉 温泉寺

泉質   含硫黄-カルシウム・ナトリウム-硫酸塩・炭酸水素塩泉
評価   ☆☆☆☆





温泉寺外観
日光湯元にある通称 温泉寺
正確には日光山 輪王寺の別院だ


ここ温泉寺には
温泉があり、入浴料500円で日帰り入浴も受け付けている
まさに、ありがたい温泉だ






温泉寺1

温泉寺2
雰囲気のいい木造の浴室
シンプルな木造りの浴槽に乳白色に染まる硫黄泉
最高のの雰囲気だ




温泉寺湯口
湯口からは高温の源泉がしっかりと投入される
小さな浴槽には十分過ぎる量
やはり浴槽内の泉温は少々高めだ



泉質は
見事に乳白色に染まる硫黄泉
濃厚な硫黄臭は素晴らしい

酸味はほとんど感じず
湯のまろやかさを感じる
非常にやわらかい湯だ

源泉が高温のため、若干加水しているようだが
充分に源泉の濃さを感じ取れる素晴らしい湯だ







温泉寺茶
浴後、休憩所で
お菓子とお茶のサービスがある

お寺の静かな雰囲気で
ゆっくりと休憩することができるのもいい

お菓子の下にはそっと領収書が置いてある
  1. 2009/05/28(木) 20:27:16|
  2. 栃木県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

山鹿温泉 ちよゆ

泉質   アルカリ性単純温泉
評価   ☆☆☆☆





千代外観
山鹿の温泉街の中心からはかなり離れ
325号線から一本入った分かりにくい場所にある
日帰り入浴施設 ちよゆ


比較的新しい造りで
施設内も広々している






千代内
浴室はかなり広い
浴槽は4つあり
熱め、大きな温め、温めの電気風呂、水風呂という構成だ
どの浴槽からもザーザーと湯が溢れ出している


やはり素晴らしいのは
大きな温めの浴槽だ

一部ジャグジーが付いて
少々湯が荒れて騒々しい感もあるが
温めの山鹿の極上湯を
広々とした浴槽で
ゆっくりと入浴できるのがいい



温めの湯なので思わず長湯をしてしまうが
掛け流しの水風呂もあるので
交互入浴も楽しめる





泉質は
無色透明な単純温泉
無味無臭だが
山鹿の湯らしく
肌を包み込むような柔らかさと
ツルツルした浴感がある
非の打ち所の無い素晴らしい湯だ





千代露天
さらに露天まである
加温はしているが
とうぜん掛け流しの極上湯だ

景色こそ見えないものの
やはり露天での入浴は開放感がある







入浴料は300円
共同浴場の入浴料が150円の山鹿にあっては
少々高いと錯覚してしまうが
各種浴槽にサウナ、水風呂、露天まであるのだから
はっきり言って安すぎる


半日過ごせる充実の施設
ここは山鹿でもお勧めの一湯だ

  1. 2009/05/21(木) 21:52:13|
  2. 熊本県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

山鹿温泉 かんぽの宿 山鹿

泉質   アルカリ性単純温泉
評価   ☆☆





かんぽ外観
山鹿温泉の温泉街からはかなり離れ
川を渡った小高い丘の上に建つ
かんぽの宿 山鹿


施設の造りは典型的なかんぽの宿
広々したロビーには土産物屋
大きな大浴場がある




かんぽ内
窓の大きな明るい浴室
窓からは山鹿の街並みが望める

浴槽は2つ
大きな浴槽は温泉だが
小さなジェット付きの機能風呂浴槽は白湯だ


泉質は
無色透明な単純温泉

浴槽からは、しっかりと湯が溢れ出しているが
加水、加温ありで、循環併用式の掛け流し
さらには塩素消毒ありは残念だ

せっかくの山鹿の柔らかい湯だが
やはり
ほとんど個性がなくなっている




かんぽ露天
岩風呂造りの露天は開放感抜群
温泉の使用状況は内風呂同様
循環併用式の掛け流しなので、湯の特徴は無いが
高台にある立地
露天からの景観は実に素晴らしいものがある




泉質的には決して満足できるものではないが
露天からの景色はかなり素晴らしいものがある

  1. 2009/05/21(木) 21:50:16|
  2. 熊本県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小天温泉 那古井館

泉質   単純温泉
評価   ☆☆☆☆





小天外観
小天温泉は
玉名の市街地から
車で15分程度というアクセス
夏目漱石の「草枕」の舞台となった地だ

那古井館の裏手には
実際に漱石が宿泊した
前田邸別邸跡地があり
当時の浴槽が見学できる


那古井館は
庭もきれいに整備され
施設も清潔感があふれる
素晴らしい旅館だ




小天内
清潔感のある明るい浴室に
2層式の浴槽
シンプルだが、美しい浴室だ



小天湯口
湯口からはしっかりと源泉投入されるが
浴室の落ち着いた雰囲気を壊すことなく
下湯のほうから静かに掛け流される



泉質は
無色透明な単純温泉
ほぼ無味無臭で特徴こそないが
湯の柔らかさを感じる
肌触りのいい素晴らしい湯だ


源泉温度は38.5℃
わずかに加温しているが
泉温は温めで心地良く
柔らかい泉質と見事にマッチ
ゆっくりと長湯が出来る

この大浴場だけでも十分満足できる温泉といえるが

今回、
他に宿泊客が居なかったようで

なんと、
露天風呂付客室に宿泊させて頂いた
平日楽トラで1泊朝食付わずか6500円で利用させて頂いて
こんなサービスまでしてくれるとは嬉しいかぎりだ

小天客室露天
庭園風に造られた露天
4人家族が一度に入れるくらいの大きさの浴槽がある



小天バルブ
源泉バルブで投入量は自由自在
全開にすれば15分程度で湯が溢れ出す
湯口から出る湯は
泉温が低いので、加温こそ必要だが
好きな泉温で、自由自在に掛け流し

これこそ
最高に素晴らしい露天風呂と言えるだろう






小天朝飯
朝食も実においしく
センスのいいもの




露天風呂付客室に宿泊させていただいたという
サービスを抜きにしても
全体的に満足度の非常に高い
素晴らしい温泉旅館だ


  1. 2009/05/21(木) 21:48:45|
  2. 熊本県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

平山温泉 すやま旅館

泉質   単純硫黄泉
評価   ☆☆☆☆





すやま外観
平山温泉の外れにある
川沿いの小さな旅館

旅館だが、日帰り入浴も受け付けており
地元の人の日帰り入浴利用が非常に多い

地元民の利用が多いということは、
間違いなく素晴らしい温泉だともいえるだろう



施設は少々古びており
脱衣所も狭く、浴室もシンプルなものだ
雰囲気のいい旅館の多い平山温泉の中では
決してきれいな旅館とは言えないだろう




すやま
タイル張りの浴槽が一つのシンプルな造り
湯口からは源泉がしっかり投入され
浴槽前面から豪快に溢れ出す




すやま湯口
湯口からの湯量は多く
少々高めの源泉温度を豪快に掛け流しているので
浴槽内の泉温は少々高めでよく温まる


泉質は
無色透明な単純硫黄泉
硫黄臭もしっかりあり
飲泉もうっすら玉子味で実にうまい
ツルツル感も強い肌触りのいい湯で
湯には細かな気泡も舞い
体への泡付もしっかりある
鮮度の良さを感じる素晴らしい湯だ



泡付がある新鮮な湯で
平山温泉のツルツル、硫黄臭が味わえるのだから
地元の人が多く訪れる理由も分かる

泉質的には平山温泉でもトップクラスの
素晴らしい湯といえるだろう


  1. 2009/05/21(木) 21:46:14|
  2. 熊本県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

平山温泉 奥山鹿温泉旅館

泉質   アルカリ性単純温泉
評価   ☆☆☆☆





奥山が外観
平山温泉センターの川の脇道を進み
やまと旅館の手前にある
センスのいいお洒落な施設 奥山鹿温泉旅館
入口にあるレトロなバスにもセンスの良さを感じる


かなり雰囲気のいい旅館なので
やはり人気があるようで
平日にもかかわらず宿泊客は多い


日帰り入浴は500円
温泉は宿泊施設から廊下を渡った別棟にある




奥山が内
雰囲気のいい浴室には
2層に分かれた大きな浴槽
15人はゆうに入れるであろう大きな浴槽だ
小さな浴槽はジェット付きの機能風呂

このサイズの浴槽でも
しっかりと掛け流しで利用しているのは素晴らしい




自然に囲まれた雰囲気のいい露天には
すべて掛け流しの4つの浴槽があり
多種多様な雰囲気が楽しめる
ほかに温泉熱を利用したスチームサウナもある

奥山が露天1
電気風呂付きの岩風呂は
広々していて温めで心地いい

奥山が露天2
タイル張りの浴槽は
泉温はかなり高めだが落ち着ける雰囲気がいい

奥山が露天3
面白い造りの一人用の小さな浴槽
打たせ湯機能の付いた浴槽もある



泉質は
無色透明な湯
混合泉のようだが
湯にはうっすらと硫黄臭があり
ツルツル感もある素晴らしい湯といえる


非常に雰囲気のいい造りで
ぜひとも宿泊で満喫したいと思える素晴らしい温泉だ


  1. 2009/05/21(木) 21:44:11|
  2. 熊本県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

菊池温泉  後藤温泉

泉質   アルカリ性単純温泉
評価   ☆☆☆☆





後藤外観
菊池温泉の中心から少し離れ
植木方面に向かう県道沿い


入浴料は150円
ほかに格安の家族湯もある
嬉しいかぎりの施設だ

施設はかなり古びているが
昔ながらの雰囲気があり味がある




後藤
浴槽は一つ
かなり大きな浴槽で
浴槽全面から、豪快に湯がオーバーフローしている



源泉46.5℃の源泉掛け流し
大きな浴槽なので、それほど熱くなく
泉温はまさに適温だ



後藤湯口
泉質は
無色透明な単純温泉
湯口から注がれる湯は
ごく僅かに硫黄臭と味があり
とても新鮮な湯と感じる
ツルツル感もしっかりあり
菊池特有の素晴らしく肌触りのいい湯だ






非加熱の極上湯を
大きな浴槽で豪快に掛け流し
これで入浴料150円なのだから
素晴らしすぎる

  1. 2009/05/21(木) 21:40:56|
  2. 熊本県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

菊池温泉 湯元旅館

泉質   アルカリ性単純温泉
評価   ☆☆☆☆





菊池外観
ホテルやスナックが密集する
菊池温泉の中心にある湯元旅館

比較的大きな老舗温泉旅館というだが
ありがたいことに
日帰り入浴も受け付けている






菊池
2層に分かれた浴槽からは
湯がザーザーと溢れ出している
シンプルで美しい
理想的な造りの浴槽だ




菊池湯口
湯口からは
源泉44℃の湯がしっかりと投入されているので
加温なしの完全な源泉掛け流しは
心地いい適温の湯だ




泉質は
無色透明な単純温泉だが
湯口からは、しっかりと玉子臭を感知でき
飲むとうっすらと玉子味がして実にうまい
肌触りもかなりよく、ツルツル感が強い
菊池温泉の中でも屈指のツルツル感と言えるだろう




シンプルな造りの浴槽にザーザーと掛け流される湯
抜群に素晴らしい温泉だ


  1. 2009/05/21(木) 21:39:30|
  2. 熊本県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

底倉温泉 てのゆ

泉質   ナトリウム-塩化物泉
評価   ☆☆☆





ての外観
底倉温泉にある日帰り入浴施設 てのゆ
以前、温泉パスポートに載った際には訪問できず
今回温泉手形6月号にてやっと入浴をさせていただいた

外観は
かなり巨大な施設で
明らかに都心部のスーパー銭湯とは一線を画く造り
入浴料は休日2100円と超高額
さすが箱根という感じがする


外観はかなり巨大だが
施設内は以外にコンパクトな造りだ
受付のすぐ前がオープンスペースの簡単な食事処になっている
あまり落ち着いて食事ができる雰囲気ではなさそうだ






ての内
内風呂には浴槽が2つ
左手がジェットつきの機能風呂になっている

内風呂の温泉使用状況は
加水、加温、循環なので
スルーしてもとくに問題ないだろう



ての露天
メインはやはり露天だ
露天では全ての浴槽(一部加水あり)が掛け流しで利用されている

なかでも
2層に分かれたメインの岩風呂造りの浴槽は
完全な掛け流しで利用している


ての露天上
やはり素晴らしいのは
高温の源泉が常に注がれる上湯だろう
72.4度の高温の源泉を湯量を絞って投入し
加水することなく掛け流しで利用している



泉質は
無色透明なナトリウム-塩化物泉
ほぼ無味無臭の湯だが
しっかりとツルツル感がある肌ざわりのいい湯だ

泉温も心地よく
浴感のいい湯は長湯に最適といえる




ての石
露天にある
この2人程度が入れる石湯も素晴らしい

ちなみに湯口は飾りで
浴槽内から湯が湧きあがる
掛け流し量も多く、かなり温めの泉温なので
ゆっくりと遠くの山を眺めながら湯を楽しむことができる



露天にはほかに桶湯が3つと寝湯
どちらも加水はあるものの掛け流しだ




泉質のインパクトは少々弱いが
露天はかなり充実しており清潔感のある素晴らしい施設だ
しかし、入浴料が少々高い






  1. 2009/05/18(月) 18:31:55|
  2. 神奈川県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

二ノ平温泉 箱根みたか荘

泉質   ナトリウム-塩化物泉
評価   ☆☆☆☆






みたか外観
箱根ユネッサンの少し奥
保養所が多く立ち並ぶ高台にある二ノ平温泉地区
三鷹市の保養所になっている箱根みたか荘は
三鷹市民でなくても、事前の電話予約があれば入浴が可能だ

外観、施設内ともに
いたって普通の保養所だが
ここでは自家源泉を贅沢に掛け流しで利用している

さらに
入浴料金はなんと250円
なんとも良心的な値段だ
箱根の超高額な日帰り入浴施設に見習ってほしい





みたか
内風呂だけの浴室だが
浴室は窓が大きく明るい造り
目の前は庭園風になっていて、景色もいい



みたか湯口
10人程度はゆうに入れる大きな浴槽に
湯口からは超高温の源泉がチョロチョロと注がれ
静かに掛け流されている

源泉投入量をかなり絞っているので
源泉86度の高温泉でも
浴槽内の泉温は41度程度の適温になっている


泉質は
わずかに黄味がかって見えるナトリウム泉
ナトリウムイオン1700オーバーで
しっかりとした塩味があり
ダシのような味も少し感じる
湯の中には茶色い細かな湯の花もわずかに舞う
とても保養所の大浴場とは思えない
本格的な素晴らしい湯だ




また、温泉だけでなく
施設自体もかなり素晴らしい
ロビー、ラウンジスペースも
清潔感があり広々しており
かなりレベルの高い保養所と言っていいだろう








  1. 2009/05/18(月) 18:24:41|
  2. 神奈川県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

古湯温泉 鶴霊泉

泉質   アルカリ性単純温泉
評価   ☆☆☆☆





鶴外観
歴史の古い古湯温泉

なかでも砂湯で有名な鶴霊泉は
自家源泉、その名も鶴霊泉を所有し
贅沢に掛け流しで利用する旅館だ
ありがたいことに
日帰り入浴も受け付けている

日帰り入浴者は
玄関脇の小さな入り口から入り受付







鶴内
雰囲気が良く、非常に美しい浴室

奥にあるのが源泉36度、有名な砂湯だ

手前のブルーのタイルの浴槽は加温循環された浴槽
一部オーバーフローさせており、
温かい湯が砂湯のほうへ流れ込む





鶴砂湯
とうぜんながら素晴らしいのは
この砂湯だ




鶴砂
砂は比較的粗いが
座り心地は柔らかく心地いい



鶴湯口
浴槽内の砂から温泉が湧きあがっているかは
確認できなかったが
湯口からは新鮮な源泉が豪快に投入され
見事に掛け流される




泉質は
無色透明な単純泉
ほぼ無味無臭だが
湯には甘みを感じる
ツルツル感をしっかいと感じる柔らかい湯は
源泉36℃の掛け流し
かなり温めの泉温なので
いつまででも入っていたくなる極上の湯だ




鶴シャワー
源泉使用のシャワーがあるのも素晴らしい






雰囲気、泉質ともに抜群に素晴らしく
温めの泉温であまりの心地よさに
思わず1時間半ほどウトウトしながら入浴していた

ここはいつか宿泊して
一日ゆっくりと温泉を楽しみたい
  1. 2009/05/13(水) 23:29:40|
  2. 佐賀県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

古湯温泉 古湯温泉センター

泉質   アルカリ性単純温泉
評価   ☆☆☆





古湯外観
古湯温泉の代表的な共同浴場 古湯温泉センター
地元の人たちはもちろん、観光客も多く訪れる温泉センターだ


施設内は広々していて
脱衣所には鍵付きロッカー完備
観光客が気軽に立ち寄れる環境がある





広々した浴室には2つの浴槽があり
ここではそれぞれ別の源泉が利用されている

右手にあるのがが
徐福泉を張った小さな浴槽
源泉温度43.6度を加温
浴槽内の泉温も
少々熱めの泉温で管理している



左手の大きな浴槽は
英竜泉を使用
34.4度の源泉をわずかに加温し
かなり温めの泉温で管理している


やはり温めの英竜泉の浴槽が心地よく
多くの人が長湯をする
残念ながら循環式併用の掛け流しだが
源泉投入量も多く、塩素臭はまるで感じないので
限りなく掛け流しに近い浴感といえる



泉質は
無色透明な単純泉
循環しているとはいえ
ツルツル感もあり、柔らかい肌ざわりの素晴らしい湯だ

英竜泉を使用の温めの浴槽は心地よく
ゆっくりと長湯をしたいところだったが
掛け湯もせずに、ケツも流さないで入浴してきた
ふとどき物の観光客の団体が押し寄せ
かなり不愉快な思いをしたので
温泉を楽しむことなく5分程度で
早々に退散した

せっかくの素晴らしい温泉なのだから
入浴マナーを守って入浴してもらいたいと強く願う



このような観光客が多く訪れる施設は
とうぜん循環、さらには塩素消毒をしなければいけないだろう





次回は朝一番の
湯がきれいなうちに訪れてみたい
  1. 2009/05/13(水) 23:26:44|
  2. 佐賀県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

熊の川温泉 ちどりの湯

泉質   単純弱放射能泉
評価   ☆☆☆☆





ちどり外観
ロッジ風のモダンな外観の建物だが
施設内の食事処は広々とした畳敷きで
地元の人たちがトド寝状態

決して洒落た温泉施設ではなく
いかにも地方の温泉センターという感じだ






ちどり内
浴室の天井が高く広々している
ドーム型に木が張られた天井は
まるで雲仙の小地獄温泉館のような造りだ


内風呂には浴槽が2つ
機能風呂つきの大きな浴槽は
残念ながら循環され塩素臭も漂う

しかし、小さな浴槽では
温めの源泉がチョロチョロと注がれ
消毒臭などまるでなく
おそらく掛け流しで利用されている



泉質は
無色透明、無味無臭の湯
小さな浴槽では
しっかりとツルツル感のある
柔らかい肌ざわりの湯だ






ちどり露天
ここで素晴らしいのは
なんと言っても露天だ

一見、
湯には浮遊物や汚れが浮いているように見えたが
実は全て細かな気泡だった

源泉投入の仕方がいいのだろうか
湯が荒れていないのだ

加温はしているものの
細かな気泡が多く舞い
当然ながら体中に細かな気泡がしっかり付く
泡付きによるツルツルした肌ざわりも強く
明らかに内風呂よりも素晴らしい泉質が味わえる



ほかに露天には
小さなサウナと、一人用のポリバス水風呂がある
このポリバス水風呂は
一人用のサイズなので、人を気にすることなく入れる
かなり気に入った







内風呂の循環、消毒の機能風呂を見て
あまり期待はしていなかったが
露天があまりにも素晴らしかったので
大満足の温泉と評価できる


  1. 2009/05/13(水) 23:21:30|
  2. 佐賀県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

熊の川温泉 元湯 熊の川浴場

泉質   単純弱放射能泉
評価   ☆☆☆☆☆





熊の川外観
佐賀大和インターから15分程度
古湯温泉の手前にある熊の川温泉

熊の川浴場は細い路地裏にあり
100mほど離れた駐車場から
歩いて向かう


外観、施設内ともに
いかにも地方の小規模温泉センターという感じで
非常に好感が持てる
入浴料は
9:00~ 700円
15:00~ 500円
17:00~ 300円と時間帯によって異なる

訪れたのは朝方の空いている時間
入浴料700円は少々高いか






熊の川
浴槽は3層に分かれる
熱めの浴槽一つと
超温めの浴槽2つだ

ここの温さ加減はハンパじゃない
源泉32.9度の豪快な掛け流し
浴槽内も32度程度
おそらく冬場では入浴困難だ


湯口は浴槽内
右側の浴槽にいたっては
4箇所ほどからブクブクと湯が湧きあがり源泉投入されている


熊の川掛け流し
この掛け流しの量を見れば
どれほど凄い源泉投入かは一目瞭然だ

これほどまでにザーザーと滝のように流れ落ちる掛け流しははじめて見た
まさに感動ものだ



泉質は
無色透明、無味無臭の湯だが
ツルツル感が僅かにあり
肌を包み込むような湯の柔らかさを感じる
少ないながらも細かな泡付きもある

なによりも、もの凄い湯量なので
湯の鮮度が抜群だ




洪水状態の掛け流し
超温めの極上湯
間違いなく最高レベルの温泉だ


暑い夏の時期に入りたい温泉ナンバー1だろう




  1. 2009/05/13(水) 23:19:33|
  2. 佐賀県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

嬉野温泉 ホテル桜

泉質   ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉
評価   ☆





桜外観
近くの姉妹店 第二笹屋に宿泊した際に
ホテル桜の風呂を利用させていただいた


昔ながらの観光旅館という感じの第二笹屋とは正反対
豪華な都市型ホテルという感じの大きな施設だ


桜エレ
施設内の吹き抜けにある展望エレベーターをはじめ
かなり豪華な内装のホテル
ここが温泉街のホテルだということを忘れてしまう


大浴場は最上階の10階にある




桜内
窓も大きく清潔感のある明るい浴室
おそらく嬉野温泉一高所にあるであろう
浴室からの眺めは素晴らしい



20人はゆうに入れるであろう
かなり大きな浴槽はゆったりと入浴できるが
温泉の利用状況は
加水、加温、循環、消毒だ

塩素臭はほとんどしないものの
オーバーフローなしの完全な循環で
加水が多いのか
ツルツル感すらほとんど感じない
個性の無い湯になっている



豪華なホテルだけあり
浴室に設置されているアメニティー類はかなり充実
馬油、炭、オレンジと好きなものが選べるのが嬉しい





桜露天
露天風呂は岩風呂造り
温泉の利用状況は内風呂同様で
泉質は貧弱

さらに
屋上という立地のため風も強く
そこらじゅうに鳩が飛んできたりでかなり不快だ




温泉としては決して満足できるものではないが
ホテルとしては豪華で清潔感があるので宿泊するにはいいだろう
  1. 2009/05/13(水) 23:17:22|
  2. 佐賀県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

嬉野温泉 第二笹屋

泉質    ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉
評価    ☆





笹屋外観
嬉野川沿いに建つ観光ホテル第二笹屋
楽トラで1泊2食付8500円で宿泊した


少々古びたホテルで
宿泊した1階の部屋の造りも
立派なものではなかった
目の前の嬉野川は
決してきれいな川とは言えず
雰囲気もあまりよくない




笹屋
男性用大浴場は
岩風呂造りで温めの泉温で2層に別れる

ほかに
小さいながらもサウナと水風呂もある


温泉の使用状況は
加水・加温・循環・消毒

塩素臭はそれほどなく快適に入浴できるものの
オーバーフローの見られない完全な循環なので
美肌の湯としての個性はやはり落ち
ツルツル感もそれほど強いものではない

パンフレットでは
冷ました温泉水で加水と書かれていたが
それほど強いツルツル感を感じなかったので
実際のところはどうか分からない






笹屋夕食
夕食も値段相応という感じで
味、ボリュームともに満足度は低い
嬉野名物 温泉湯豆腐は朝食で少しだけ出た



施設、温泉、食事ともに満足度は低いが
ほぼ嬉野温泉の中心と立地は良く
宿泊すると近くの姉妹店 ホテル桜の風呂にも
入浴できるという特典があるのはいい
  1. 2009/05/13(水) 23:15:29|
  2. 佐賀県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

みずほ温泉 千年の湯

泉質   ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉
評価   ☆




みずほ外観
島原の手前瑞穂町にある
町営施設 みずほすこやかランドにある温泉施設 千年の湯

みずほすこやかランドは
海沿いの立地でかなり広々しており
温泉以外にも各種スポーツ施設があり充実している




千年の湯は比較的大きな施設で
休憩所、浴場ともに大きいが
なぜか脱衣所がかなり狭い
これはマイナス要因だ






みずほ内
天井も高く、窓も大きな浴室は
広々として明るい造り


内風呂では
大きな浴槽と、機能風呂の小さな浴槽があるが
ともに温泉の使用状況は
加水・加温・循環・消毒で
かなり強い塩素臭がある



湯口から投入される湯からも
うっすらと塩素臭がしたので
浴槽内の湯だけでなく
源泉を溜めるタンクの時点での塩素投入もしているのだろう



泉質は
無色透明な炭酸水素塩泉
加水・加温・循環・消毒なので
湯の個性はまるでなく
わずかにツルツル感が残る程度
強い塩素臭だけが気になる
さらに
温泉分析書の提示がなかったので
詳しい成分、泉温、湧出量が不明というのも不満だ





露天風呂は
せっかくの海沿いの立地にもかかわらず
柵があるので景色が見えないのは残念

温泉の使用状況は同様だが
露天ではオーバーフローする量が比較的多い循環なので
内風呂よりはかなり良かった





内風呂にはほかにサウナ、水風呂もあるので
スポーツ後の入浴としては素晴らしい施設と言えるだろうが
温泉としては魅力は低い
  1. 2009/05/13(水) 23:13:12|
  2. 長崎県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

伊東温泉 東海館

泉質    単純温泉
評価    ☆☆☆





東海館外観
風格ある佇まいの木造建築
東海館は伊東を代表する老舗旅館だったが
1997年に廃業してしまい
その後、伊東市が買い取り観光施設として公開している


とうぜん元温泉旅館なので入浴もできる
入浴は土日祝のみ受け付けている


浴場は
大浴場と小浴場の2つ
時間で男女入れ替わりの利用となる

残念ながら
今回は調査不足で訪問してしまい
男性が小浴場の時間帯に訪問してしまった
ちなみに大浴場が男性時間帯になるのは
15時~とのこと






東海館
小浴場はかなり小さい
大人3人も入ればいっぱいになってしまう小さな浴槽だ

小さな浴槽だが
湯口からはしっかりと源泉が投入され
浴槽前面から静かに掛け流される

小さな浴槽ゆえ
入浴した際のオーバーフローは凄く
床はまるで洪水状態になる





泉質は
無色透明な単純泉
ほぼ無味無臭の
まったくクセのない湯だが
他の伊東の湯に比べ
ツルツル感は比較的強く
湯の柔らかさを感じる
入り心地のいい素晴らしい湯だ

また、源泉26.3度と
伊東では低めの源泉温度なので
加温のみして掛け流している





やはり小浴場は少々物足りないが
泉質の良さは、こちらのほうが味わえるだろう








ちなみに大浴場は、こんな感じだそうだ(↓写真はwebより)
tokaikan02.jpg
やはり、この大浴場に入らないと意味が無いか・・・

  1. 2009/05/10(日) 07:14:02|
  2. 静岡県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

熱海温泉 みのや旅館

泉質    ナトリウム・カルシウム-塩化物泉
評価    ☆





みのや外観
熱海の温泉街からは少し離れた海沿い
東海汽船のフェリー乗り場の目の前に位置する
比較的大きなホテル


本館と新館が施設内で繋がっているが
本館にいたっては、かなり古びた感じの造りだ


名物のジャグジー風呂は
本館の屋上にある





みのや
目の前は海
熱海の町が一望できる開放感抜群の屋上には
プラ製の殺風景な
ジャグジー風呂が2つ


しかし、この屋上ジャグジー風呂
造りがマズイ
隣の旅館や新館のほうが高いうえに
海側以外はすべてその建物に囲まれ
屋上を覗ける部屋が多数ある
これでは女性は入浴できないだろう








みのやジャ
ジャグジーをスイッチオンすると
勢い良く気泡が舞いあがる




泉質は
無色透明なナトリウム泉
加水の有無は分からないが
完全な循環、微消毒での利用
新湯投入はまるで無いので
湯の鮮度はまるでなく
しょっぱいという程度しか湯の個性は無い





ここは温泉を楽しむよりも
素晴らしい景色と開放感を味わうところと割り切るべし
夜景はそうとう綺麗だと思う




他に新館に大浴場があるとのこと
今回は温泉手形で入浴させていただいたので
新館の大浴場は未入湯







  1. 2009/05/10(日) 07:04:23|
  2. 静岡県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

湯河原温泉 ゆ処こでん

泉質    ナトリウム-塩化物・硫酸塩泉
評価    ☆☆☆






こでん外観
湯河原駅から少し離れた
千歳川沿いにある温泉施設


宿泊施設だが
日帰り入浴をメインでやっているようだ







こでん内
内風呂は大きな岩をふんだんに使った浴槽
浴室の雰囲気も良く、充分な広さがある

しかし、内風呂は加温、循環、消毒
塩素臭はほとんど感じられないが
湯に特徴は感じられず
泉温もかなり高めで管理されていた






こでん露天
素晴らしいのは露天だ

柵で囲まれているものの
庭園風に造られているており
落ち着いた雰囲気がある


5,6人が入れる大きさの浴槽には
おそらく非加熱の60.9度の源泉が
常に注がれ、完全な源泉掛け流しで利用されている



泉質は
無色透明な硫酸塩泉
ほぼ無味無臭だが
ツルツル感のある肌ざわり
サッパリした浴感もある
さすがに湯河原の湯と思える素晴らしい湯だ

浴槽の大きさに対して
少々物足りない源泉投入量なので
露天の泉温はかなり温めで
いつまででも入っていられそうな心地いい泉温だった


しかし、
とうぜん掛け流される湯の量も少ないので
湯の中には髪の毛などの浮遊物が多く見られ
清潔感が味わえない湯となっていたのが非常に残念だ







ちなみに
浴室は2つあり男女日替わりでの利用だが
露天風呂は片方にしかないとのこと
この掛け流しの露天に入らなければ意味は無いだろう

奇数日に露天付き浴室が男性になるので
男性は奇数日の訪問をお勧めする
  1. 2009/05/10(日) 07:01:05|
  2. 神奈川県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

越谷天然温泉 ゆの華

泉質    ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉
評価    ☆☆☆






越谷外観
自宅から30分圏内と比較的近い
越谷にある日帰り入浴施設

明らかに今時のスーパー銭湯とは違う古びた雰囲気の施設は
まさに一昔前の健康ランドといっていいだろう


越谷源泉
入口では新鮮な源泉が流れている
泉質、湯量ともには相当自信があるようだ



浴室は1階と2階にあり男女日替わりで利用
浴室はかなり広々しているが
やはりどこか時代遅れな温泉センター的な雰囲気がある




内風呂はすべて白湯
機能風呂は強烈なジェットバスなどかなり充実しているほうだし
浴室にはほかにサウナ、塩サウナも完備しているので
設備的には
小さなスーパー銭湯となんら変わらないだろう




越谷
温泉は露天の一つの浴槽で使われている

温泉の使用状況は加温・循環・消毒だが
塩素臭はほとんど感じず
半円形の浴槽の中央にある湯口からは
39.8℃の新鮮な源泉が常に投入され
嬉しいことに浴槽からは常に湯が溢れ出している



越谷黒湯
泉質は
透明感のある薄い黒湯で麦茶色と言ってもいい
湯口から投入される湯は
わずかに塩味と甘い香りを感じ
重曹泉特有のツルツル感のある肌触りで
浴感は非常にいい





完全な掛け流しかどうかは不明だが
新湯投入もしっかりしており、浴槽からのオーバーフローも気持ちがいい
関東でも屈指の素晴らしい黒湯の温泉といっていいだろう

  1. 2009/05/07(木) 14:07:20|
  2. 埼玉県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

戸田温泉 壱の湯

泉質    ナトリウム・カルシウム-硫酸塩泉
評価    ☆☆☆





戸田外観
戸田と書いて(ヘダ)と読む

土肥温泉から20分程度北上した海岸沿いの港町 戸田
戸田温泉にある唯一の日帰り入浴施設が壱の湯だ

駐車場には温泉スタンドが並び
温泉の販売も行っている



少々古びているが広々している施設内は
いかにも地方の温泉センターという雰囲気がある




戸田
内風呂だけの施設だが浴室は大きい
10人以上はゆうに入れる大きな浴槽に
無色透明な湯が掛け流されている

源泉温度が52度と高いという理由で
湯口で不定期に加水しているのは残念だが
循環することなく、しっかりと掛け流しで利用しているのは素晴らしい


泉質は
無色透明な硫酸塩泉
ほぼ無味無臭だがわずかにしょっぱさも感じることができる
比較的クセのない湯だが
硫酸塩泉特有の
肌触りがいいサッパリとした浴感だった



近くの土肥温泉に比べるとインパクトは欠けるが
入浴料わずか300円で
広々とした浴槽で掛け流しの湯に浸かれるのだから
充分に素晴らしい温泉だ

  1. 2009/05/07(木) 09:55:36|
  2. 静岡県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

土肥温泉  屋形温泉共同浴場

泉質    カルシウム・ナトリウム-硫酸塩・塩化物泉
評価    ☆☆☆☆





土肥外観
西伊豆の名湯 土肥温泉
海外沿いにひっそりと建つ共同浴場 屋形温泉
土肥の共同浴場の中でも一番古い歴史があるとのこと



海沿いからしかアクセスできない
目立たない立地なので
海水浴シーズンを除き
観光客がふらりと立ち寄ることも少ないだろう





土肥
外観のわりには
浴室は立派なものだ
洗い場にはシャワーも付いている


石張りの床、角を利用した三角形のタイル張りの浴槽は
落ち着いた造り
浴槽前面から湯が溢れ出す掛け流しも雰囲気がいい

湯口下には湯溜まりがあって
お湯を冷ます仕組みのようだ



泉質は
無色透明な硫酸塩泉
土肥温泉では
源泉が集中管理され混合泉となっているが
しっかりと個性の感じる硫酸塩泉だ

湯にはうっすらと温泉本来の香りがあり
わずかに味もある
サラサラとした肌ざわりで肌ざわりのいい
サッパリとした浴感を味わえる素晴らしい湯だ





土肥湯口
混合泉とはいえ
さすがに西伊豆の名湯 土肥温泉
湯口付近の白い析出物を見れば
成分の力強さが分かる




  1. 2009/05/07(木) 09:53:34|
  2. 静岡県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

湯ヶ島温泉 世古の大湯

泉質    カルシウム・ナトリウム-硫酸塩泉
評価    ☆☆☆☆






湯ヶ島外観
湯ヶ島温泉バス停の脇に
川へ下るように続く細い階段が
世古の大湯の入り口だ



湯ヶ島外観2
階段を降りきると
古びた共同浴場がひっそりと現れる

いかにもジモ専的雰囲気だが
入浴料100円で外来入浴を受け入れてくれているのは
ありがたい限りだ





湯ヶ島
かなり古びた浴室に
2層に分けられたシンプルな浴槽



泉質は
無色透明な硫酸塩泉
湯にはあまり特徴は無いが
サッパリとした浴感の
クセのない入りやすい湯だ




湯ヶ島掛け流し
湯量はかなり少ないので
決して豪快ではないが
浴槽淵からジワジワと流れ出す
味のある掛け流し

湯量が少ないので
下湯は湯の汚れが少々気になったが
外来入浴させていただいている身
その辺は目を瞑ろう







いかにもジモ専的な
静かな浴室の雰囲気が抜群にいい
素晴らしい温泉だ
  1. 2009/05/07(木) 09:50:35|
  2. 静岡県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

カミキャキャ

Author:カミキャキャ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる