FC2ブログ

温泉マニアックス

小浜温泉 味処湯処よしちょう

泉質    ナトリウム・塩化物泉
評価    ☆☆☆☆






よしちょう外観
小浜温泉から雲仙に向かう道に入る交差点の手前
「味処湯処 よしちょう」は施設名の通り
食事と入浴ができる施設
嬉しいことに、食事をすると入浴料が無料になる


1階が浴室、2階が食事処という造りで
施設はかなり大きく大人数での食事、宴会も可能だ





よしちょうちゃんぽん
昼時の訪問だったので、まずは食事から頂いた
魚介の入ったまろやかなコクのある小浜ちゃんぽん
普通に旨い並の「ちゃんぽん」といえる味だ

店内には新鮮な魚が泳ぐ水槽がありウマい魚を食べさせてもらえるようなので
次回お金と時間がある時はゆっくりと寿司でも食べてみたい



食後、清算時のレシート裏に印を押してもらい
無料で入浴させて頂く







IMG_0247.jpg
浴室に入るとあまりの広さに驚く
食事処に併設する入浴施設ということで
おまけのような造りの浴室かと思っていたが
想像とはまるで違い、とにかく広い大きな造りだ

浴槽は熱めと温めの2層に分かれ、小さな滑り台が設置されている
さらにサウナと水風呂までついているのだから驚きだ



これだけ大きな浴槽なので
とうぜん循環かと思っていたら
なんと浴槽からはしっかりと湯がオーバーフローしている
完全な源泉掛け流しなのだ





よしちょう湯口
数本の源泉バルブから
熱湯に近い高温の源泉が勢いよく投入される
源泉は超高温の小浜の湯なので同時に加水もしている



泉質は
無色透明なナトリウム泉
しっかりと塩味を感じる小浜特有のパンチのある素晴らしい湯だ
大きな浴槽なので、浴槽内からはさすがに湯の香はしないが
湯口付近ではわずかに湯の香も感じ取ることができる





よしちょう滑り台
備え付けの滑り台は小さなものだが
かなり滑りがよく、勢いよく大きな浴槽に滑り落ちる
童心に帰って満喫してしまった
これは楽しい



よしちょう温
つい、遊び過ぎて
ゆっくりと湯につかるのを忘れてしまうが
小さな浴槽のほうは
源泉投入量を絞り、加水も多めにしてある
温めの泉温になっているので長湯向き
泉質を楽しみながら、快適に入浴ができる



よしちょう水
さらに、この掛け流しの水風呂
さんざん滑り台で遊んだうえに
ナトリウム泉は温まりの湯
嫌がおうにも体は温まる
そんな時に、この掛け流しの水風呂があるのは実にありがたい






おいしい食事が出来て、
素晴らしい泉質の温泉に無料で入浴させて頂き
これほどまでに楽しめるのだから
最高に素晴らしい温泉といえる

次回はぜひ子供を連れて行きたい
スポンサーサイト



  1. 2009/04/30(木) 12:26:26|
  2. 長崎県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雲仙温泉  別所浴場

泉質    不明
評価    ☆☆☆





別所外観
雲仙温泉の共同湯は
小地獄、新湯、湯の里と3軒が有名
多くの人が、この3軒しかないと思っていられると思うが
実はもう1軒ある

それは、雲仙温泉街から離れた
ダム湖のほとり、別所地区にある別所浴場だ

どうみてもジモ専的な独特の雰囲気の建物
実際に組合員のための共同浴場だが
入浴料100円にて、組合員以外の一般人も入浴可能だ







別所
半地下のコンクリ張りの浴室はかなり年季が入っていて薄暗い造りで
浴槽や浴室の床は成分で赤茶けている
静寂ともいえる静けさがあり、かなりディープな雰囲気だ
夜の入浴などは、かなり怖いと思う


4人程度が入れる浴槽には
源泉バルブからホースで浴槽内に源泉投入している
湯はしっかりと投入されており
泉温も高め、湯もしっかりとオーバーフローする



泉質は
酸性・硫黄泉の雲仙温泉とはまるで違う泉質

無色透明な湯で
酸、硫黄はまるで感じず
代わりに湯にはしっかりと
鉄臭、鉄味が感じられる
雲仙にあってはかなり異色だが
泉質的にはかなり上質な湯といえるだろう

浴槽内、床などを見事に赤茶色に変色させる強力な湯は
成分は不明だが、かなり成分の濃い鉄泉だろう






雲仙は酸性・硫黄泉の素晴らしい湯が有名で
温泉街だけで十分に満足できるが
異色の泉質、独特の雰囲気が味わえる
この別所浴場も温泉好きにはたまらない素晴らしい温泉だ
  1. 2009/04/30(木) 12:22:28|
  2. 長崎県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雲仙温泉 KKR雲仙山荘

泉質   単純硫黄泉
評価   ☆☆☆☆





KKR外観
雲仙温泉街から少し外れた小地獄地区
近くの小地獄温泉館に代表されるように
このあたりは、いかにも温泉という
乳白色に染まる硫黄泉を楽しめる


KKR雲仙山荘は
小地獄温泉館の手前をUターンした山間に建つ
今回は楽トラで2食付き8500円にて
宿泊した







KKR内
内風呂は窓の大きな造な造りで
広々とした明るい浴室
見事に乳白色に染まる湯が掛け流しで利用されている

浴槽から豪快にオーバーフローという掛け流しではなく
近くの「よか湯」のように、
浴槽内パイプから地味に掛け流される

この掛け流し方法は、泉温の均一化などを考慮すると
非常に合理的なのだろうが
個人的には
やはり温泉の醍醐味は浴槽からのオーバーフローだと思う




泉質は
小地獄地区特有の
見事に乳白色に染まる硫黄泉
粉っぽさを感じるほどの肌触りで
成分の濃さを肌で感じる

酸性だが硫黄成分が勝り
酸味はほとんど感じられず
強い硫黄臭がする濃厚な硫黄泉だ




KKR露天
露天には
職員のみなさん手造りの小さな露天風呂がある
2人も入ればいっぱいになってしまう浴槽だが
木の淵で囲われたコンクリ浴槽は
多少ケツがザラつくが、手造り感があって非常にいい



KKR露天2
なにより素晴らしいのは景観だ
山側に造られた露天はまさに絶景
雲仙の自然を満喫できる素晴らしい造り

山に挟まれたはるか遠くには天草を眺められ
夜には星空のもとで入浴ができる
さらに露天ではかなり湯量を絞って掛け流されており
超温めの湯は何時間でも入っていたくなる



しかし、
温めで最高に気持ちいい露天ゆえに少々危険な面もある
恥ずかしながら
飲酒しての夕食後、星空のもと露天に入浴していたら
あまりの気持ち良さに思わず寝てしまい
約2時間眠りこけてしまった・・・
酸味は弱いとはいえ、さすがに酸性の硫黄泉
2時間も近くも入浴すると、肌がカサカサになり水分が抜けた感じになる
かなりダメージが大きいので
入浴しながらの居眠りは気をつけたほうがいい





KKR夕食
食事は食堂で頂く
メニューはこれに太刀魚とじゃがいものソテー
量はそれほど多くないが
どの料理も味付けがよく、非常においしい
一人旅には十分過ぎるだろう





食事もおいしく、湯も景観も素晴らしい
KKRとはいえ、一流の温泉旅館にも負けない素晴らしい宿だ
雲仙の常宿にしたい素晴らしい温泉宿だ
  1. 2009/04/30(木) 12:21:21|
  2. 長崎県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雲仙温泉 いわき旅館

泉質   酸性・含硫黄-アルミニウム-硫酸塩泉
評価   ☆☆☆☆




IMG_0286.jpg
雲仙温泉メインストリートのほぼ中心に位置する
いわき旅館は
落ち着いた雰囲気の施設は
比較的こじんまりとした温泉旅館といえる


いわき旅館は自家源泉を有し
(社)日本温泉協会の温泉審査により長崎県内では唯一
5項目全て適正の最高点 を取得しているとのこと
(全国で51箇所内九州で6箇所 平成18年1月現在)
また、源泉かけ流し露天風呂付客室も5室あるようで
温泉好きにはたまらない施設といえる



日帰り入浴の入浴料は500円
今回日帰り入浴で利用させていただいたのは内風呂
入浴料は500円
入浴時間は昼頃~15時までだが
毎日湯を抜いて清掃しているので
湯が完全に溜まるのは13時過ぎ
実際の日帰り入浴ができる入浴時間は
約2時間程度しかないのだ






いわき
落ち着いた雰囲気の浴室は
清掃が行き届いて清潔感にあふれる

10人はゆうに入れる大きめの浴槽は存在感があり
浴槽全面から静かに湯が溢れ出す見事な造り




いわき湯口
石臼の湯口から投入される源泉は裏手のバルブで調整可能
湯口は硫黄成分で真っ白になっている
しっかりと源泉投入しても、浴槽が大きいので
温めの適温で快適に入浴ができる



泉質は
適度に白濁した薄乳白色の酸性・硫黄泉
強い酸味を感じるが
硫黄成分の個性はしっかりと残り
適度な硫黄臭、味の存在感がある
成分の濃さを感じる上質な湯だ



今回利用させて頂いたのは内風呂だけだが
さすがに最高点の温泉旅館
充分に満足できる素晴らしい湯だった
いつか露天風呂付客室に宿泊して
一日ゆっくりと楽しみたいと思う素晴らしい温泉旅館だ


  1. 2009/04/30(木) 12:18:55|
  2. 長崎県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雲仙温泉 福田屋

泉質   酸性・含硫黄-アルミニウム-硫酸塩泉
評価   ☆☆☆☆





福田屋外観
落ち着いた造りが特徴的で
施設内は清潔感あふれる 民芸の宿 福田屋
1階に土産物屋を併設する旅館で
雲仙温泉の中でも比較的大きな温泉旅館といえる

雲仙地獄と小地獄地区の中間あたりに位置し
濃厚な泉質の自家源泉を有する


日帰り入浴で利用できるのは「せせらぎの湯」といわれる露天のみ
入浴料は700円だが
ホームページ上の割引券をプリントすれば200円引きになるので
訪問の際は忘れずに割引券を持参すべし





福田屋
あたりは雲仙の自然に囲まれ
庭園風の落ち着いた造りの露天は非常に開放感がある
広々とした岩風呂造りは清潔感もあって素晴らしい


かなり大きな露天といえるが
緑がかった白濁の湯がしっかりとオーバーフローする
完全な掛け流しだ





泉質は
緑白濁して見える酸性・硫黄泉
硫黄成分の細かな白い湯の花が多く舞う湯だ

酸味も強く硫黄臭、味も濃厚
酸性特有の肌に膜が張ったようなスベスベ感も素晴らしい
毛穴の奥まで成分が染み込むような濃厚な泉質は
素晴らしい湯の多い雲仙の中でも
もっとも濃さを味わえる素晴らしい泉質といえるだろう



福田屋湯口
湯口は
源泉温度を下げる工夫がされており
浴槽内の泉温は適温で
雰囲気を楽しみながらゆっくりと入浴ができる
湯が流れ落ちるところは硫黄成分で真っ白になっており
幻想的な湯川のような状態になっている




日帰りでは露天しか楽しめないが
雲仙屈指の濃厚な泉質は大満足
いつか宿泊してゆっくりとこの素晴らしい泉質を満喫したい
  1. 2009/04/30(木) 12:17:11|
  2. 長崎県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日奈久温泉 旅館幸ヶ丘

泉質    単純温泉
評価    ☆☆☆☆☆






日奈久外観
日奈久温泉センター(現在は改装工事中)の裏手にある
落ち着いた雰囲気の旅館

かなり年季の入った旅館で
木造の造りが非常に良い


入浴料500円を払い
板張りの廊下を通って浴室へ向かう
浴室に向かう途中から
すでに荒々しい湯の音が聞こえて
いやがおうにも高ぶる







日奈久
昔ながらの古びた浴室だが
白いタイルが美しい浴室だ


源泉投入される部分は深めの造り
楕円形の部分は浅い造りで
半身浴も楽しめるありがたい造りだ





日奈久湯口
なによりも素晴らしいのは
この源泉投入

魚の口からは
これでもかと言わんばかりの
もの凄い源泉投入量

湯口に体を当てると
もの凄い水圧で体が押されるほどだ




泉質は
無色透明な単純温泉だが
しっかりと硫黄臭と味を感じる新鮮な湯
肌触りも良く、
日奈久温泉の中では
かなり個性を感じる上質な湯と言えるだろう

源泉43.8度の完全な掛け流し
この源泉投入量なので
浴槽内の泉温は下がることなく
しっかりと温まる湯だ



もの凄い源泉投入量だが
浴槽からは全量溢れ出てはいない


日奈久穴
浴槽内の直径10cm程度の穴から
外へ放流されている

日奈久排水
放流された湯は
庭先のベビーバスに直結しており
その中で渦を巻いているのだ





試しに、浴槽内の穴をタオルでふさいでみたら
案の定、浴槽からは大洪水状態の掛け流しになった





日奈久シャワー
有り余るほどの湯量
当然ながらシャワーも温泉使用
心地いい硫黄臭のしゅるシャワーは最高だ



泉質も素晴らしく、
最高に素晴らしい掛け流しが味わえる
極上の温泉だ




  1. 2009/04/25(土) 08:28:40|
  2. 熊本県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

日奈久温泉 松の湯

泉質   単純温泉
評価   ☆☆☆☆






松の湯外観
日奈久温泉の共同湯 松の湯
入浴料は150円で共同湯として開放しているが
宿泊施設もある模様


夕方の訪問ということもあり
地元の人たちで混雑している

裏を返せば
夕方に地元の人たちが
日常の生活で使う共同湯こそ
名湯ということだ



浴舎は脱衣所と浴室が一体になった
昔ながらの共同浴場の造り





松の湯
浴室は古びているが
真新しいタイルに清潔感がある


シンプルな2層式の浴槽は
共同湯の基本とも言える


湯口からの源泉投入は
それほど多いとは言えないが
とうぜんながら上湯から下湯
そのままオーバーフローという掛け流しだ



泉質は
無色透明な単純泉
ほぼ無味無臭で
インパクトには欠けるが
湯の柔らかさは充分に感じることができ
浴感の素晴らしい湯だ

下湯の浴槽は温めの泉温なので
レトロな共同浴場の雰囲気を楽しみながら
ゆっくりと入浴ができる




シンプルな共同浴場だが
浴感の良いぬる湯に浸かって
ゆっくりと落ち着ける雰囲気を味わえる
素晴らしい温泉だ
  1. 2009/04/25(土) 08:25:10|
  2. 熊本県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

吉尾温泉 高野屋旅館

泉質   単純温泉
評価   ☆☆☆☆☆






吉尾外観
湯浦温泉や日奈久温泉からは車で30分程度
距離的にはさほど遠くないが
吉尾温泉は山間にあるため
対面通行も難しい細い山道を登っていくアクセスだ



高野屋旅館は
吉尾川沿いにあるかなり古びた旅館だ

非常に環境のいいところで
吉尾川を覗けば、鮎かヤマメか不明だが
大ぶりの魚が普通に見られた




車を止めたら
2階の窓から宿の主人か
高齢のお爺さんが顔を出したので
入浴させていただけるか尋ねたら
快く入浴させていただいた







吉尾
3人程度が入れる小さな浴槽
とてもコンパクトな浴室だ

窓を開ければ吉尾川の清流と自然が見られるのもいい



なにより凄いのは湯の溢れかた
もの凄いオーバーフローだ




吉尾湯口
小さな浴槽にもかかわらず
もの凄い量の源泉投入
最高のミスマッチだ



吉尾排水溝
当然ながら
溢れ出た湯は渦を巻いて
排水溝へ流れ込む

もったいないと思ってしまうほどの
もの凄い掛け流し




泉質は
無色透明な湯だが
浴槽内には細かな気泡が多く舞う
しっかりと玉子臭と味があり
甘みすら感じる湯は実においしい
わずかにツルツル感もあり
肌を包み込むような柔らかい湯
泡付きもあり
とにかく新鮮な湯だ


源泉40.8度の掛け流し
豪快な源泉投入なので
浴槽内もほぼ同じ泉温だ


温めの豪快な掛け流し湯はまさに極上で
何時間でも入っていたくなる






温泉も自然環境も抜群に素晴らしい
吉尾温泉は最高だ




  1. 2009/04/25(土) 08:24:47|
  2. 熊本県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

湯浦温泉 湯浦温泉センター

泉質   単純温泉
評価   ☆☆☆☆





湯浦外観
岩の湯と湯浦交差点を挟んだ向かいにある
町営の共同浴場







湯浦
明るい浴室は広々している
壁際に大小2つの浴槽が連なる

どちらの浴槽にもしっかりと源泉は投入され
溢れ出す湯の量も多い


小さな浴槽は適温
大きな浴槽は温めで
どちらも心地いい泉温になっている





泉質は
無色透明な単純温泉
浴槽の湯からはあまり感じないが
湯口から投入される源泉は
しっかりと玉子臭と味があり
甘みすら感じる柔らかい単純泉だ

岩の湯のように泡付きこそないものの
肌を包み込むような柔らかい湯は
極上の湯と言える




広々した浴槽で
ゆっくりと温めの湯に浸かれる
暑い時期にもってこいの
素晴らしい共同浴場だ

  1. 2009/04/25(土) 08:21:00|
  2. 熊本県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

湯浦温泉 岩の湯

泉質   単純温泉
評価   ☆☆☆☆☆






岩の湯外観
国道3号沿い湯浦交差点に
ひっそりと建つ昔ながらの公衆浴場

すぐ近くには
ささ原温泉や湯浦温泉センターもあり
上質な公衆浴場が密集している


なかでも抜群の泉質を楽しめる
ここ岩の湯は温泉好きなら外せないだろう





岩の湯1
岩の湯2
岩の湯3
歴史を感じさせる古びた浴室
楕円形の2層式の浴槽から湯が静かに掛け流されるサマは
芸術的に美しい
(あまりのも美しいので特別に3ショット・・・)






岩の湯湯口
湯口はウサギ
かわいらしいウサギに反して
非加熱の新鮮な源泉が豪快に投入される




泉質は
無色透明な単純温泉だが
しっかりとした玉子臭、味があり
ツルツル感の強い肌ざわり抜群の極上湯
さらに素晴らしいのは泡付き
浴槽内には細かな気泡が多数舞っており
入浴するとすぐに体中に細かな気泡が付く

さらに
42℃の源泉をそのまま掛け流しているので
泉温は温めでいつまでも入っていたくなる
気がつけばゆうに1時間過ごしてしまいたが
時間があればあと2時間くらい入っていたかったところだ




美しすぎる浴槽の落ち着ける雰囲気
香り、味、肌ざわり、泡付き、泉温、湯量、鮮度
どれをとってもトップレベルの素晴らしい泉質
感動ものの一湯



  1. 2009/04/25(土) 08:19:00|
  2. 熊本県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東京染井温泉 Sakura

泉質    ナトリウム-塩化物強塩泉
評価    ☆





サクラ外観
巣鴨にある日帰り入浴施設
ソメイヨシノ発祥の地という由来から
染井温泉 Sakuraというオシャレな施設名になっている

入浴料が1260円と高額なことだけでなく
巣鴨温泉ではなく、シャレた施設名を付けるあたりも
明らかにスーパー銭湯と一線を画く
非常におしゃれな施設だ


東京スイミングセンターに隣接しており
スイミングスクールに通う子供たちと同様
巣鴨駅からの送迎バスサービスがある





浴室はそれほど大きくないが
黒を基調にした落ち着いた雰囲気のある浴室だ
内風呂はすべて白湯
機能風呂に、檜風呂、サウナ、水風呂という構成




サクラ
温泉分析書では湧出量450リットル/分という湯量だが
残念ながら温泉が利用されているのは露天の一つの浴槽のみだ
しかも新湯投入も無く、完全に循環されている


泉質は
薄緑褐色に染まる強烈なナトリウム泉
成分総計36グラムと驚異的な濃さだ
しかし
加水こそしていないものの
完全に循環されているので
湯の特徴は、強いしょっぱさを感じる程度しか残っていない
消毒臭がそれほど強くないので、まだ心地よく入浴はできる


他に露天には
ヨモギの入浴剤を入れた濃い緑色の薬湯がある
こちらも、とうぜん循環だ




非常に落ち着いた雰囲気で
大人の隠れ家的な素晴らしい温泉施設だが
何分にも湯の使い方が残念
450リットル/分も湧出量、濃い成分を持った湯でありながら
唯一の温泉浴槽が循環と非常に残念な造り






食事処は完全なレストランといえる造りで
かなりおいしいらしいと評判だが
温泉手形で無料入浴させていただいている身には
いかんせん高額のため、食事をせずに帰宅してしまった



いつか
お金のあるときにゆっくりと楽しみたい・・・








  1. 2009/04/25(土) 08:15:37|
  2. 東京都
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ゆめみ処ここち湯 海老名店

泉質    ナトリウム-塩化物泉
評価    ☆☆☆





海老名外観
チェーン展開するスーパー銭湯
ゆめみ処ここち湯の海老名店
ここは源泉掛け流しを売りにしたスーパー銭湯だ


駐車場も大きく、施設も広々した造り
週末にはかなりの混雑が予想される
かなり規模の大きいスーパー銭湯といえる





海老名
掛け流しの浴槽は露天の「ここち湯」だ
4人も入ればいっぱいになってしまう小さな浴槽だが
湯口からはしっかりと源泉が投入され掛け流されている


泉質は
薄黄褐色に染まるナトリウム-塩化物泉
37.7度の源泉を温めの適温に加温して利用している
湯にはゴムのような香りと鉄臭、さらには甘い鉱臭を感じ
適度なしょっぱさと鉄味を感じる濃い泉質だ
肌に成分がなじむ感じで
かなり力強い上質な湯と言えるだろう



残念ながら他の浴槽は
すべて加温、循環、消毒された温泉と
白湯の機能風呂という並みのスーパー銭湯という構成だが
内風呂、露天ともに広々としており
快適に過ごせる

白湯の各種機能風呂はかなり充実しているし
サウナ、スチームサウナも完備


掛け流しの浴槽のクオリティーが高く
スーパー銭湯として割り切っても充分に楽しめる温泉だ




  1. 2009/04/25(土) 08:12:13|
  2. 神奈川県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

豊野温泉 りんごの湯

泉質    ナトリウム-カルシウム・塩化物泉
評価    ☆☆☆☆






りんご外観
長野北部 信州中野インターからもほど近い
りんごの一大産地 豊野にある日帰り温泉施設


施設名の通り
毎月5の付く日には
浴槽にリンゴを浮かべる催しもあるとのこと

地元のJAが運営しているようで
かなり巨大で立派な施設だ


施設内も清潔感があり広々している
食事処、休憩スペースなどもしっかりとってある






りんご内
浴室は窓が大きく明るい造りで
20人近くはゆうに入れる巨大な内風呂のほか
サウナも完備(しかし、水風呂が無い)


湧出量は400リットル/分オーバー
豊富な湯量なので
これだけ大きな浴槽でも
しっかりと源泉投入され
掛け流しを実現しているのが素晴らしい




泉質は
浴槽内では薄緑褐色に染まる
成分豊富なナトリウム-カルシウム・塩化物泉
源泉温度43.2度
わずかに加温しているようだが、ほぼ源泉温度に近い湯が楽しめる

浴槽内ではさすがに鮮度が落ちているようで
色のわりにインパクトに掛けるが
湯口から投入される源泉は
心地いい鉄臭と鉄味、しっかりとした塩味も感じる
泉質的に浴感は決してまろやかではないが
湯の色のわりには
それほど濃さを感じない肌ざわりで
入りやすい湯だ




りんご露天
露天も広々としていて開放的な造りだ
残念なのは柵で囲まれ景色が見えないこと
あたりはリンゴ畑、遠くには山が見える
素晴らしい立地なだけに残念だ


露天も当然掛け流し
少々温めの泉温で
3人ほどの寝湯スペースもあり
ゆっくりと湯に浸かれるのがいい




大型施設だが
400円と低めの料金設定は嬉しい
内風呂、露天とも掛け流し
サウナまであるのだから
充分に満足できる温泉だ



  1. 2009/04/22(水) 21:33:56|
  2. 長野県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

地獄谷温泉 後楽館

泉質    含硫黄-ナトリウム・カルシウム-硫酸塩・塩化物温泉
評価    ☆☆☆☆





地獄谷外観
サルが入浴することで有名な地獄谷温泉 後楽館
近くの野猿公苑にはサル専用の露天風呂もあるそうだが
運がよければ、ここ後楽館ではサルと混浴なんてこともできるようだ


以前、近くまで来て訪問しようと思ったが
渋温泉からのルートは冬季閉鎖
時間の関係で泣く泣く諦めた経緯がある


今回は4月の中旬
前回通行止めだった渋温泉からのルートで入り
駐車場に車を止め、歩いて後楽館向かった
駐車場からは徒歩15分弱
川沿いの遊歩道は景色がよく
あちこちに源泉が垂れ流しになっており
楽しく歩くことができる




後楽館に着くなり
屋根の上を飛び移る
人影ならぬ猿影が見え
いやがおうにも高ぶる




超有名な人気温泉だが
脱衣所はかなり狭い
週末などはかなり混雑して大変だろうと思う




地獄谷内
内風呂は全面木で造られた浴室で
木の浴槽は非常に雰囲気がいい


湯口からはしっかりと源泉投入されるが
高温の源泉のため
同量に加水がされている



泉質は
無色透明な湯だが
白く細長い湯の花も多く見られる
微硫黄臭と味をしっかりと感じ
サラリとした浴感の上質な湯だ





地獄谷露天
なんといっても、やはり露天だろう
川沿いの露天風呂は開放感抜群だ


しかし、この露天風呂
ほとんど加水されていないので
泉温はかなり高い
45度をゆうに超えていただろう
雪の降る冬場には適温なのだろうか



地獄谷露天+噴泉
川を挟んだ右手の対岸には
豪快に噴きあがる噴泉

地獄谷噴泉
この噴泉は天然記念物とのこと
かなり迫力があり、見ごたえがある



地獄谷サル+露天
そして、左手の山側には
浴槽の周りを普通にサルが歩いている


地獄谷サル
地獄谷サル2
さすがにサルと混浴とはいかなかったが
かなり至近距離でサルが見られ
非常に楽しい露天風呂だ

サルたちは
かなり人には慣れているようで
まるで怖がる様子も無く
カメラを向けても平然としている




地獄谷サル糞
これだけ普通にサルが近くにいるので
当然ながら、露天のあちこちにサルの糞もある
少々臭いが、ご愛嬌だ





ついサルに夢中になってしまい
湯を楽しむのがおろそかになってしまうが
泉質自体も非常に素晴らしい湯だ
  1. 2009/04/22(水) 21:30:24|
  2. 長野県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

角間温泉 大湯

泉質   ナトリウム・カルシウム-塩化物・硫酸塩泉
評価   ☆☆☆





角間大湯外観
渋・湯田中から車で5分程度
角間温泉は小さな温泉街で
観光客も少なく非常に静かな温泉街だ


角間温泉の中心にある
木造の立派な浴舎が大湯
非常に存在感のある重厚な造りだ



角間温泉には3軒の共同浴場があるが
近くの渋・湯田中同様に
常時鍵が掛けられていて
広く一般には開放していない


しかし、大湯前の
黒島商店で入浴料300円を払い
車の鍵を預けると、木製の差込鍵を貸していただけるしくみだ




角間
木造の雰囲気のいい浴室には
石張りの床、水色のきれいなタイル張りの浴槽がある
見事なまでに美しい浴室だ


浴槽は4人程度が入れる大きさで
このサイズの浴槽には充分な源泉投入量
湯は浴槽全面から静かに溢れ出す



訪問したのは清掃直後
まだ完全に湯は溜まっていなかったが
湯口からは超高温の
源泉87.8度の湯がとうとうと注がれていた

当然ながら
このサイズの浴槽に87度の源泉を投入すれば
浴槽内の泉温は冷めることなく、ほぼ熱湯に近い
おそらく70度近くあったのではなかろうか
手も入れられないほどの高温で
とてもじゃないが入浴できる泉温ではなかった



不本意ながら15分くらい
蛇口全開で加水させていただき、湯をかき混ぜ
やっと人間が入れる46度程度の泉温にまで下がった


泉質は
残念ながら
豪快に加水したためか
これといった特徴はあまり感じられない
しかし
湯にはわずかに香りが感じられ
さっぱりとする浴感はあった



非常に素晴らしい湯なのだろうが
今回はとにかく熱い湯を冷ますのに苦労し
ゆっくりと湯を満喫できなかった・・・


浴室の雰囲気が抜群に素晴らしい共同湯なだけに
次回は適温の湯をゆっくりと楽しみたい


  1. 2009/04/22(水) 21:23:23|
  2. 長野県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

湯田中温泉 島屋

泉質    ナトリウム-塩化物温泉
評価    ☆☆☆☆






島屋外観
楽トラで1泊2食付8500円と
格安で宿泊させていただいた島屋さん


脚気の湯の目の前に位置し
大湯までも徒歩2分と立地もいい



浴室は大浴場が2つと、小さな家族風呂が1つ
大浴場は朝4時に男女入れ替えになるので
宿泊すれば両方の浴室を楽しむことができる





島屋内1
男性用時間帯が夕方~の浴室が「志賀の湯」
古びた浴室に大きな円形の浴槽がある

円形の浴槽全面から
静かに湯が溢れ出すサマは最高に素晴らしい



島屋湯口
源泉は超高温のため
湯口からの源泉投入量は少々寂しいが
加水することなく、完全な源泉掛け流しにこだわるには
この量の源泉投入が最適だ

浴槽内の泉温は少々熱めだが、
充分に入浴できる範囲の心地いい泉温だった


泉質は
ナトリウム-塩化物泉だが
硫酸イオンの存在感があり
しっかりと湯の香りを感じ
サッパリした浴感の素晴らしい湯

さすがに旅館の湯だけあり
入浴客が少なく湯が荒れていないので
共同湯より湯の良さを感じた




島屋内2
男性用時間帯が朝方4時~の浴室が「萩の湯」
「志賀の湯」から一転、
タイル張りので清潔感溢れる
ガラス張りのケース内には美術品も置かれ
落ち着いた雰囲気のきれいな浴室だ


こちらも加水することなく
湯量を絞って完全な源泉掛け流しにこだわる
泉温は少々熱めだが適温で入りやすかった








島屋夕食
島屋朝食
食事は地下の食堂にて
豪華なものではないが
生姜焼きや煮物など実においしい家庭料理が並ぶ
一人旅ならこうゆう料理の方が気が楽でいいだろう



宿泊料金も安く、完全な源泉掛け流しの湯に入れる
素晴らしい旅館と言える

さらに嬉しいのが、大湯、脚気の湯、平和の湯の
3つの共同湯の鍵を貸していただけるというのは
温泉マニアにとっては、最高のサービスだ



  1. 2009/04/22(水) 21:20:37|
  2. 長野県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

湯田中温泉 平和の湯

泉質    ナトリウム-塩化物温泉
評価    ☆☆☆☆





平和外観
温泉街から少しはなれ
湯田中東小学校の斜め前にある共同湯
温泉街からは少し離れているので
この辺を宿泊客が歩いていることはまず無い
完全なジモ専だ


朝方の訪問だったので
登校途中の小学生とおはようございますと声を掛け合うのが
実に清々しい


他の共同湯同様
とうぜんながら、ここも常時鍵が掛けられている
さらには、26の日にも開放していないようなので
平和の湯の鍵を貸していただける旅館に宿泊しないと
入浴の機会はないのだ





平和
タイル張りの浴室は清潔感があり
比較的広い造り
3,4人が入れるコンパクトな浴槽には
湯口からは高温の源泉が静かに投入され
浴槽全面からサワサワと溢れ出す


いかにもジモ専的な静かな浴室は
最高に素晴らしい共同湯の雰囲気だ




泉質は
無色透明な湯だが
わずかに茶色い湯の花も見られる
湯の香りもしっかりと感じ
熱めの湯はサッパリととした浴感がある



泉温はやはり少々高めだが体感45度弱で
充分に湯の素晴らしさを感じることができた

今回、湯田中で3軒の共同湯に入浴させていただいたが
個人的には、ここ平和の湯が一番のお気に入りだ
  1. 2009/04/22(水) 21:16:21|
  2. 長野県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

湯田中温泉 脚気の湯

泉質   ナトリウム-塩化物温泉
評価   ☆☆☆☆





脚気外観
木造の小さな浴舎は
温泉街の街並みに見事に溶け込んでおり
ボーっと歩いていると通り過ぎてしまいそうだ


とうぜんながら、ここも常時鍵が閉まっている
宿泊先で鍵をお借りして入浴させていただいた






脚気
小さな浴室はかなり古びていて
3人程度が入れる浴槽からは
静かに湯が溢れ出している

いかにも地元民のためにある共同湯という感じだ
個人的には
このサイズの共同湯が一番落ち着ける造りだ




脚気湯口
源泉が高温のため
湯口からの源泉投入は、かなり絞ってある

浴槽内の泉温は体感45度弱で
少々熱めに感じる湯が実に気持ちよかった

高温の源泉だが
加水することなく湯量を絞って源泉掛け流しにこだわるが
やはり一番だ




泉質は
他の共同湯同様
分析書ではナトリウム-塩化物泉だが
硫酸イオンの存在感があり
湯口付近には硫酸塩泉特有の白い析出物が多く見られた
湯の香りをしっかり感じることができ
肌ざわりがよく、浴感のさっぱりする湯だ




宿の主人には
脚気の湯はかなり熱いよと言われたが
さっぱりと入りやすい適温のいい湯だった





  1. 2009/04/22(水) 21:14:26|
  2. 長野県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

湯田中温泉 大湯

泉質  ナトリウム-塩化物温泉
評価  ☆☆☆☆





大湯外観
共同湯番付けの東の横綱 湯田中温泉 大湯
さすがの風格ある外観だ

湯田中温泉には13箇所もの共同湯があるが
全ての共同湯には鍵が掛けられ
一般開放される26の日を除いては
地元民と宿泊者しか入浴ができない
しかも、宿泊しても
13箇所全ての共同浴場に入れるわけではなく
宿泊先に鍵が置いてある
ごく僅かな共同湯だけに入浴ができる




大湯に関しては
湯田中の旅館全てに共通の鍵があり
宿泊者の大半が訪れることができる




大湯鍵
大湯の鍵はカードタイプの鍵
他の共同湯に比べ少々ハイテクだ




湯田中大湯

湯田中大湯2

脱衣所と浴室が一緒になった造り
コンクリ張りの浴室に
洗い場スペースは板張りで実に雰囲気が良い



2層式の浴槽は細長い造り
体の大きな人には横には足を伸ばして入れない造りだ
しかし
全体的には比較的大きく一度に10人近くは入れるだろう



湯田中大湯湯口
湯口からは高温の源泉がしっかりと投入され掛け流されている
浴槽からはあまりオーバーフローしないが
浴槽内の穴から、湯が浴槽外へあふれ出す造りだ

かなり高温の源泉を投入しているが
竹筒を介し、湯温調整ができるようになっている




泉質は
無色透明なナトリウム-塩化物泉
分析書によると規定量には足りていないようだが
硫酸イオンも多く含まれる

湯には硫酸塩泉特有の
香りと味がしっかりとあり
しっとりとした肌ざわりの上質な湯だ




激アツで有名な湯田中温泉の源泉は
源泉温度93.2度
通常なら、人間の入れる温度ではないが
うまく温度調整されているようで
浴槽内の泉温は熱めの浴槽でも
体感45度程度と心地よく入浴できる範囲だった



さすがに共同湯番付 東の横綱と思える
素晴らしい雰囲気の極上湯だ


  1. 2009/04/22(水) 21:12:37|
  2. 長野県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おがわ温泉 花和楽の湯

泉質   アルカリ性単純温泉
評価   ☆☆




おがわ外観
嵐山小川インターから5分程度
小川町にある日帰り温泉施設 花和楽の湯





おがわ庭園
それほど大規模な施設ではないが
純和風の造りで落ち着いた施設には
庭園風のスペースもあり
岩盤浴、休憩所、食事処、カフェバーなど
おしゃれな造りでゆっくりと一日過ごせる造りになっている

明らかにスーパー銭湯とは一線を画く素晴らしい造りだ
入浴料は1350円と少々高めの設定だが
一日ゆっくりと過ごすことを考えれば高くはないだろう




しかし
清潔感溢れる落ち着いた施設の雰囲気に反して
脱衣場がひどく狭いのが残念だ
ロッカーの間隔が狭く、着替える人たちでごった返す脱衣所は
かなりの不快感を覚えた





浴室はコンパクトな造りで
小規模なスーパー銭湯という印象

内風呂は白湯の浴槽
サウナ、水風呂というシンプルな構成
サウナは嬉しいアロマのロウリュサービスがある



おがわ水
なかでも水風呂はかなりレベルが高い
温泉ではないものの
鉄分やマグネシウムを多く含む水を
少ないながらも掛け流しで利用している
わずかに消毒しているが、最高に気持ちがいい水風呂だ




おがわ露天
温泉は露天で利用されている
かなり広い岩風呂つくりの浴槽が2つ
どちらの浴槽も浅い部分がある造りで
半身浴や寝湯などが楽しめる


泉質は
無色透明な単純温泉
源泉27.8度
ph10.1という高アルカリの湯だが
100ℓ/分という湧出量でこのサイズの浴槽が
2つもカバーできるわけは無く
とうぜんながら加温、循環、強塩素消毒だ
浴槽の湯からは強い塩素臭が漂い
わずかにツルツル感がある湯としか評価できない



おがわ湯口
しかし、湯口からは
5ℓ/分くらいであろうか
かなり少ない量だが、常に新鮮な源泉が注がれている
この源泉のクオリティーが素晴らしくいい

しっかりと玉子臭を感知でき
ツルツル感もかなりのものだ


湯口付近に入浴しても
残念ながら、浴槽の循環消毒された湯に負けてしまうが
湯口に体をつけて源泉を浴びたり
〆にかぶり湯として何度も源泉を浴びれば
体中に心地良い玉子臭とツルツル感が味わえ
充分に満足できたるだろう




浴槽内の湯は決して満足できる湯ではないが
湯口からの源泉のクオリティーと
施設の雰囲気は最高に素晴らしい
単に湯に浸かるというだけでなく
一日ゆっくりと過ごせば
充分に満喫できる温泉だろう
  1. 2009/04/18(土) 18:53:23|
  2. 埼玉県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

湊山温泉

泉質   含二酸化炭素-ナトリウム・カルシウム-炭酸水素塩・塩化物泉
評価   ☆☆☆☆





湊山外観
神戸の平野バス停付近にある湊山温泉

平野地区は大きな商店街になっており
住宅街でもある
三宮駅と神戸駅のどちらからバスで行っても
本数が多いので行きやすい立地だ


施設内、脱衣所も広々していて
ここは温泉銭湯というニュアンスではなく
本格的な湯が楽しめる立派な温泉施設といえる
入浴料も銭湯料金ではなく600円という設定になっている




内風呂だけの施設だが
浴槽が多く充実している
源泉浴槽、3層に別れた加温浴槽、円形の高温浴槽がある
全ての浴槽は温泉使用で掛け流しだ




湊山
浴室の中央には
3層に分かれた大きな加温浴槽がある
どの浴槽も充分な広さがあり広々している


入り口側の手前から
ジャグジーつきの適温浴槽
やや熱めに設定された深めの電気風呂付き浴槽
温めの浴槽という配置

これら3つの浴槽は掛け流しのうえに
3つの浴槽すべてに
源泉投入できる蛇口が付いており
好きなだけ新鮮な源泉を投入することができるのが素晴らしい



泉質は
源泉28度の無色透明な湯だが
加温浴槽では薄緑茶色に染まる
湯の中には赤茶色の湯の花が
かなりの量舞っていて、見た目にも素晴らしい
心地良い鉄臭、鉄味、弱いエグ味を感じる
神戸地区でも屈指の力強い泉質と言える





湊山源泉浴槽
入り口脇にあるのが源泉浴槽
28℃の源泉そのままを掛け流している

源泉浴槽はほぼ無色透明だが
湯が新鮮な証拠だ
ここでも茶色い湯の花が多く見られ
湯の香りもしっかりと感じる

泉温も生暖かい水風呂という感じで
やはりこの源泉浴槽が一番気持ち良い



湊山熱
奥にある円形の浴槽は高温浴槽
源泉投入量は一番少なく
浴槽内での加温を強くしている

かなり熱めの温度設定になっており
温浴と冷浴をして楽しむものだ




湊山源泉
飲泉用の源泉槽も源泉が大量に投入され
槽から豪快にあふれ出している
飲むとしっかりと鉄味とエグ味を感じる

この源泉槽の源泉を
〆にかぶり湯として豪快にかぶるのが最高に気持ちが良い





泉質、湯量、湯の使い方が抜群に素晴らしく
なにより広々した施設で
いろいろな泉温の浴槽があり
ゆっくりと湯が楽しめるのがいい

神戸でも最高レベルの素晴らしい温泉と言える

  1. 2009/04/16(木) 21:43:52|
  2. 兵庫県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

高湯温泉 あったか湯

泉質   酸性-含硫黄-カルシウム・アルミニウム-硫酸塩泉
評価   ☆☆☆☆




あったか外観
高湯温泉は福島駅から30分程度と近いが
標高750mの山の中にあり静かな落ち着いた温泉街だ


高湯温泉唯一の共同湯が
ここ「あったか湯」
露天風呂だけの施設だが
施設は新しく、清潔感があり快適だ



IMG_1301.jpg
露天風呂と言っても屋根がある半露天という造り
露天は柵で囲まれており景色は見えないが
充分な広さがあり、開放感がある

10人以上はゆうに入れる大きな浴槽だが
51℃の源泉がしっかり投入され
浴槽内の泉温は適温
乳白色に染まる湯が掛け流されている



泉質は
見事に乳白色に染まる湯
湯の中には硫黄成分の湯の花が多く舞い
硫黄臭はかなり強い
酸性と言っても
ごく僅かに酸味を感じる程度で
湯にトロミすら感じる柔らかい湯は
非常に入りやすい、素晴らしい硫黄泉といえる




福島駅からも程近く、施設、泉質、料金と
どれをとっても素晴らしいが
これだけ素晴らしい温泉だと
やはり人気がある
平日の3時過ぎの訪問だったが
まさに芋の子状態の混雑
平日でこれだけの混雑では
とてもじゃないが土日に訪問する気にはならない

空いている時間を見つけて再訪したい





  1. 2009/04/16(木) 21:41:20|
  2. 福島県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

飯坂温泉 切湯

泉質   単純温泉
評価   ☆☆☆☆





切湯外観
鯖湖湯のある温泉街の中心から川を挟んだ
川沿いにひっそりと建つ共同浴場

看板があるので
かろうじて存在は分かるが
意識して探していないと、見落としてしまうだろう




切湯外観2
入口は階段を降りた薄暗い場所にある
この雰囲気でふらりと観光客が訪れる事はまずないだろう
完全に地元民のための共同浴場という感じだ




切湯
コンクリ張りの浴室に
タイル張りの3人程度が入れる小さな浴槽
いかにも共同浴場という感じがいい


壁際のパイプから熱い源泉が豪快に注がれ
浴槽全面からしっかりと掛け流される


泉質は
無色透明な単純泉

波来湯からの源泉を使用しているようで
ほぼ無味無臭だが
ツルツル感がしっかりとある柔らかい肌触りだ


泉温はやはり熱い
泉温計は46℃を差していた

さすがに2湯目となると
熱い湯に慣れたのか、すんなり入浴できてしまった自分が怖い


  1. 2009/04/16(木) 21:40:03|
  2. 福島県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

飯坂温泉 鯖湖湯

泉質   単純温泉
評価   ☆☆☆☆




鯖外観
飯坂温泉は9つの共同浴場を有する素晴らしい温泉街だ
福島駅からわずか15分といアクセスもいい


9つある共同浴場のなかでも
一番歴史が古く、観光客も多く訪れるのが
ここ鯖湯だ

風格ある浴舎は
まさに飯坂温泉のシンボル的存在といえる




鯖
木造の浴舎の中には
御影石をふんだんに使ったシンプルな浴槽がある
素晴らしく雰囲気のいい造りだ


とうぜん源泉かけ流しで
湯口からはしっかりと源泉投入され
浴槽全面から静かに湯が溢れ出す



泉質は
無色透明な単純泉
ほぼ無味無臭だが
温泉本来の香がしっかりとある
泉温が高いため、肌触りの良さを感じることはあまりなかった

飯坂温泉は熱い湯で有名だが
湯口付近の泉温計はなんと48~50℃の間そ差していた
思わず目を疑うほどだ

さすがに浴槽の端の方では入浴できる範囲の46℃近辺だろうが
それでもかなり熱い
熱い湯に慣れている俺でもじっくりと湯につかるのは厳しく
体を慣らしても30秒も湯に浸かれない状態だった




湯はかなり熱いが
雰囲気も良く、温泉本来の良さは充分に分かる
熱い湯でも大丈夫な人なら、文句なしに素晴らしい温泉といえる






  1. 2009/04/16(木) 21:38:09|
  2. 福島県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ときわ健康温泉

泉質   温泉法上の温泉(メタ珪酸)
評価   ☆





ときわ外観
上板橋の住宅密集地区にある温泉銭湯
地下には食事スペースがあるなど
施設内は意外に広い



浴室も比較的広々した造りで
東京の銭湯にしては充実の設備
内風呂には
多種多様な機能風呂が付いた大きな浴槽が一つ
サウナ(別料金)、水風呂
露天スペースには
岩風呂と薬湯がある


銭湯なので当然
全ての浴槽で
温泉の使用状況は加温、循環、消毒だが
かなり充実した設備と言えるだろう



泉質は
無色透明な湯で
温泉と言われなければ、
誰も温泉とは分からないであろう
まったく特徴のない湯


温泉としての評価は難しいが
銭湯としては充分満足できるレベルだ
素晴らしい銭湯といえる

  1. 2009/04/13(月) 20:56:34|
  2. 東京都
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ホテル談露館

泉質   ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉
評価   ☆☆☆☆





談露外観
甲府駅近く、市役所の裏手にある老舗ホテル
創業は明治20年との事
街中のきれいなホテルだが歴史を感じる造りだ


フロントのそばにあるドアを開け
半地下に降りると浴場がある
大きなホテルだが、浴場は驚くほど小さい





談露1
談露
窓も小さく薄暗い造りの浴室に
5人程度が入れる浴槽がある

かなり年季の入った小さな浴室だが
清潔感もあり、妙に落ち着ける雰囲気が実に良い
浴槽内や床は成分で赤茶けているのが
さらに浴室の雰囲気を良くしている


湯口からは源泉がしっかりと投入され
浴槽全面から静かに掛け流される
源泉投入量は決して多いとはいえないが
45℃の源泉をそのまま掛け流しで利用するには
このサイズの浴槽に最適な量と言える



泉質は
無色透明な炭酸水素塩泉
甲府地区に多い
ツルツル感の強い肌ざわりの非常にいい湯だが
それだけではない
浴槽内には黒い大きな湯の花が大量に舞い
湯口から投入される源泉は
しっかりと硫黄臭があり
硫黄味、弱鉄味も感じる
湯の新鮮さも感じ
甲府地区でもトップレベルの湯といえる



  1. 2009/04/12(日) 09:19:38|
  2. 山梨県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

石和温泉 石和常磐ホテル

泉質  アルカリ性単純温泉
評価  ☆☆☆





石和外観
山梨屈指の温泉街
石和温泉にある大型ホテル


今回は温泉手形にて
日帰り入浴させていただいた


施設は広々としていて
ロビーには土産物屋もある
典型的な大型ホテルだ





石和内
広々したタイル張りの浴室で窓も大きく明るい造り
20人近くは入れる大きな浴槽からは
湯がふんだんに溢れ出ている



泉質は
無色透明な単純温泉
無味無臭、肌ざわりも特徴は無い

残念ながら温泉の使用状況は
加水、加温、循環併用式の掛け流し、消毒ありだが
消毒臭はそれほど強くなく
浴槽から大量にオーバーフローしているので
快適に入浴できる




石和壁絵
なによりもモザイク画の壁絵が圧巻だ
男湯は川中島合戦が描かれている
かなり素晴らしい造りで見ごたえがある

広々とした浴槽で、
モザイク画を眺めながらゆっくりと入浴すると実に気持ち良い






石和露天
露天は開放感こそ無いが
庭園風の落ち着いた造り
4人程度が入れる大きな樽風呂がある

こちらも循環式併用の掛け流しで
浴槽からはしっかりと湯が溢れ出す
充分に満足できるレベルだ




大型ホテルなので
温泉の使用状況は悪いが
浴槽からはしっかりと湯が溢れ出しているのは
やはり嬉しい
素晴らしいモザイク画も一見の価値あり




  1. 2009/04/12(日) 09:17:38|
  2. 山梨県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

戸越銀座温泉

泉質     ナトリウム-炭酸水素塩泉
評価     ☆☆





戸越外観
戸越銀座商店街にある温泉銭湯

比較的大きなビルで
昔ながらの東京の銭湯という感じはない



男女日替わりで「月の湯」と「陽の湯」を利用する
「月の湯」は内風呂に黒湯の温泉、露天に白湯を使用
「陽の湯」は内風呂に白湯、露天に黒湯の温泉
という構成だ

今回は「陽の湯」に入浴した




戸越壁絵
内風呂でまず目にするのが
素晴らしい壁絵だ
これほどまでに素晴らしい壁絵は
並の銭湯では見られないだろう


浴室も清潔感があり
ゴチャゴチャした感じもなく広く感じる
内風呂の浴槽は白湯
大きな浴槽でジェットが2人分と電気風呂という設備
温めの湯で、広々した浴槽なので
壁絵を見ながらゆっくりと入浴できる




戸越露天
3階の露天にある
円形の浴槽はテレビ付き

黒湯の温泉使用だが
湯はオーバーフローすることなく
完全な循環だ


泉質は
都内でよく見られる典型的な黒湯
かなり黒く見えるが
実際の透明度は15cm以上あり
湯もコーラ色と言える

循環のため湯の香はまるで無く
鮮度の感じられない湯だが
ツルツル感はしっかりと感じる
肌触りのいい湯だ
また、消毒臭はほとんど感じられないので
快適に入浴できる



源泉バルブがなく
新鮮な源泉に触れられないのが少々物足りないが
立派な壁絵があり露天風呂まであるのだから
充分に満足できる素晴らしい温泉銭湯といえるだろう


次回はぜひ「月の湯」に入浴してみたい



  1. 2009/04/09(木) 07:01:20|
  2. 東京都
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

有田天然温泉 有田スイミングスクール

泉質    ナトリウム-炭酸水素塩冷鉱泉
評価    ☆☆☆☆





有田外観
有田焼で有名な佐賀県 有田市
地元の子供たちが多く通うスイミングスクールにある温泉
もちろん、本業はスイミングスクールだ

ここではなんと、プールも100%温泉使用とのこと
羨ましい限りだ



駐車場には多くの車が止まっているが
ほぼ全ての車は隣接のパチンコ屋の利用客の車なので
温泉はゆっくりと入れた





有田風呂外観
プールの入り口で入浴料を払い
温泉の入り口は裏手にひっそりとある

プールとは施設内で繋がっているので
スイミングスクールの子供たちが
水着のまま温泉のある建屋まで来ることもありそうだ





有田
小さな浴室には
5人程度が入れる浴槽が一つ

浴槽内で加温循環しているが
蛇口をひねれば源泉が豪快に投入できるので
蛇口全開で掛け流しの醍醐味も味わえる




有田湯口
右側が17℃の非加熱の源泉
左側が加温された源泉という蛇口の造り


泉質は
無色透明な炭酸水素塩泉
佐賀北西部によくある
強烈なツルツル感がある湯だ

ツルツル感は嬉野の湯を超えるだろう
ツルツルを超えてヌルヌルとした
最高に気持ちいい肌触りだ

また、浴槽内の湯はほぼ無臭だが
蛇口から投入できる冷たい源泉からは
しっかりと玉子臭と味が感知でき
新鮮さも感じる



理想を言えば
1人用でもいいので小さな源泉水風呂があればとも思うが
冷たい源泉を桶に貯めかぶり湯をすれば十分に満足できた





スイミングスクールに併設される小さな温泉だが
湯のクオリティーは全国でもトップクラスだ



  1. 2009/04/08(水) 07:56:48|
  2. 佐賀県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

カミキャキャ

Author:カミキャキャ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる