FC2ブログ

温泉マニアックス

小浜温泉  脇浜共同浴場

泉質     ナトリウム-塩化物泉
評価     ☆☆☆☆☆




IMG_0269.jpg

小浜温泉の共同浴場 通称おたっしゃん湯
おたっしゃんの意味はよく分からない

なんといっても渋すぎる外観
番台のおばあちゃんはコタツに入りながらTVに夢中
500円を払うと、350円のお釣りを面倒臭そうに
石鹸の入れ物の蓋に入れてお釣りを出す
この何気ない無愛想な接客に貫禄を感じた



脇浜ロッカー
脱衣所も渋すぎっ!
木のロッカー(指入れ式)は、
昭和30年代から使用している
まさに昭和の臭いがする

番台の壁は低く、女湯の脱衣所は丸見えだったが
とうぜん年寄りしかいない




脇浜1
脇浜2
浴槽は熱めと温めの2層式で、とうぜん掛け流し
源泉投入の湯口と加水用の蛇口が中央にあり
自由に温度調整ができる造りだが
泉温の管理は入浴客任せ
はっきり言って適当だ




この日は2つの浴槽の温度差がほとんどなく、
両方とも適温(41~42℃)になっていた
渋すぎる浴槽は深めの造りで、じっくりと湯を楽しめる



泉質は
しっかりとした塩味のあるナトリウム泉で
ナトリウム泉本来の香をしっかりと感じ
ダシのようなしっかりとした味がある
浜の湯よりも浮遊物は多く、肌触りもなめらかな感じがした
泉質でも小浜温泉で一番といっていいだろう




この渋すぎる雰囲気で極上のナトリウム泉を味わえば
湯あがりは心も体もポカポカになること間違いなし
おたっしゃん湯はまさに最高の温泉だ


重要文化財に指定すべし



スポンサーサイト



  1. 2008/01/31(木) 12:44:30|
  2. 長崎県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

花山温泉

泉質    含二酸化炭素・鉄・カルシウム・マグネシウム・塩化物・炭酸水素塩泉
評価    ☆☆☆☆☆



花山外観
和歌山インターからすぐ花山という地区にある花山温泉
宿泊、食事も出来る充実した温泉施設で
泉質も良く、いつも多くの人でにぎわう人気の温泉だ

17時過ぎから入浴料が安くなるので
うまく利用したい




花山内風呂
まず驚くのは
浴槽が原形をとどめていないほどの
析出物、浴槽の侵食度合いだ
もの凄い温泉のパワーを感じる




見た目だけではなく
泉質もとうぜん強烈
見事なキャラメル色ともいえる赤褐色は
透明度が5cmもないだろう
カルシウム成分の膜、白や茶色の浮遊物が多く見られる
鉄臭が目立つ複雑な香りがあり
強いしょっぱさ、渋み、苦味、エグみ、さらには炭酸の清涼感も感じられる
かなり複雑で濃いマズい味だ
肌ざわりは肌にまとわりつくような濃さを感じ



内風呂は
左に源泉24℃の掛け流し浴槽
右に加温の掛け流し浴槽
上段には温めの小さな加温浴槽(キャパ3人)

冬場の源泉浴槽はかなり冷たいが
やはりこの源泉浴槽が一番素晴らしい
冷たいだけでなく、体の温まる何かを感じるのも泉質の濃さだろう




花山露天
露天はキャパ5人程度の小さな浴槽がポツンと壁際にある
やはり浴槽は析出物と侵食で原形をとどめていない
ボイラーで定期的に加温し、泉温は40度近辺の温めで管理





泉質の良さはもちろんのこと
見た目でも驚かされる極上の温泉だ



  1. 2008/01/26(土) 20:10:42|
  2. 和歌山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

布施温泉  

泉質    ナトリウム・塩化物泉
評価    ☆☆



布施外観
佐久市望月・布施地区にある公共施設 布施温泉
400円で入浴出来る施設とは思えないきれいな造り
食事処、休憩スペースともに充実し清潔感のある造り



内風呂は広々して窓も大きく良い造りだが
湯口からは源泉がチョロチョロとしか出ていない
おもいっきり循環式で塩素消毒臭も強い



露天は岩風呂造りで
広さも充分にあり開放感があるものの
柵があるため景色はあまり楽しめない
こちらも、思いっきり循環式で強い塩素消毒臭があるが
ハイポジションの竹筒から投入される湯は
量こそ寂しいが、正真正銘の源泉で
クオリティーは高い


源泉の泉質は
しっかりとした、しょっぱさを感じるナトリウム泉で
肌触りもなめらか
ほのかに鉄臭や、わずかに硫黄臭もするなど
いろんな香りが心地よく感じられる上質なナトリウム泉



浴槽内では循環、消毒という状況だが
露天に投入される源泉のクオリティーは絶品
泉質がいいだけに、実にもったいないという感じ
  1. 2008/01/21(月) 18:20:47|
  2. 長野県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

玉川温泉  湯郷 玉川

泉質   アルカリ性単純温泉
評価   ☆



こちらは埼玉県の玉川温泉 湯郷 玉川
本庄児玉の かんな川温泉と同じ湯郷グループによる運営
というわけで、かなり期待して訪問した


嵐山からときがわ方面に少し行った場所で
地味な場所ながらも、アクセス的には悪くない
狭いつくりの玄関、受付
脱衣所もスペースの使い方が悪く狭っくるしい




内風呂は広々している
湯口からは大量に湯が投入されているものの
オーバーフローは確認できず、思いっきり循環式



露天もかなり広々していて20人くらいは余裕で入れる
岩風呂風な造りのため、腰を下ろすスペースには困らない
こちらも湯口からは大量に湯が投入されているものの
思いっきり循環


泉質は
無色透明、キツイ消毒臭
ph9.7のアル単のため
ヌルスベ感はけっこうあるが肌触りはあまりなめらかではない
循環のため、本来の湯のパワーはまるで感じない
それよりも、内風呂、露天とも
塩素消毒臭が強いのが残念

せっかくのヌルスベ感の強いアル単
湯量に合った大きさのよくそうで
循環、消毒をしないで完全な源泉掛け流しを味わってみたい


  1. 2008/01/20(日) 17:15:30|
  2. 埼玉県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

玉名温泉 宝当乃湯

泉質    単純温泉
評価    ☆




宝刀外観
玉名温泉の日帰り温泉施設
以前はクアハウス萩の湯という名だったが
宝当乃湯としてリニューアル


けっこう大き目の施設で家族湯も併設
施設内は広々とした造りだ
これだけ立派な施設のわりに入浴料は360円
さすが湯量豊富な玉名だ





内風呂の浴槽はかなり広くゆったり出来る
湯口からけっこうな量の源泉が投入されるも
この浴槽の広さには不釣合いで
完全に循環式併用の掛け流し
浴槽が広いためか掛け流し量も物足りない



泉質は
無色透明な単純温泉
玉名の肌ざわりのいい柔らかい湯とはいえ
循環のため鮮度は落ち、
かろうじて湯の柔らかさを感じる程度
完全に特徴が無い湯になっている
さらには塩素系消毒も使用ある




露天も循環式併用で掛け流し量は寂しい
内風呂ではさほど気にならなかったが
露天では塩素系消毒臭がかなり強めだ



泉質、雰囲気とも物足りず
湯の使い方が悪い


  1. 2008/01/19(土) 14:57:34|
  2. 熊本県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

山鹿温泉  桜町温泉

泉質   アルカリ性単純温泉
評価    ☆☆☆☆☆




桜町外観
山鹿温泉の鄙び系極上共同浴場といえば
ここ桜町温泉
渋すぎる外観は
まさに時代に流されない感じで最高だ



昔ながらの男湯と女湯の中間に位置する番台には
相当な年齢のおばあちゃんがTVを見ながら
ほとんど動かない
施設内も渋すぎだ






桜町1
桜町2
美しすぎる浴槽

浴槽は3層式で、各浴槽に違う温度の源泉を投入し
熱い浴槽からヌルい浴槽へと順に掛け流される


桜町湯口
手前の温い浴槽には
源泉40.7度、非加熱のピュアな源泉が
静かに、そして豪快に投入される
広く深めの造りの浴槽なので
体感38℃近辺の極上ぬる湯を
まったりと長湯できる理想的な浴槽だ



泉質はまさに極上!
無味無臭だが湯は甘みすら感じる
何よりも湯が柔らかい
トロみさえ感じる極上の柔らかさ
肌を包み込むような泉質
この癒し系の泉温、深めの浴槽
気がつけばあっという間に1時間がたつ
時間があれば何時間でも入っていたいくらいだった



湯上りは肌スベで
心から癒され幸せになれる湯
最高の温泉ここにあり!
  1. 2008/01/19(土) 11:04:49|
  2. 熊本県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

植木温泉 旅館 松の湯

泉質   含硫黄-ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉
評価   ☆☆☆☆




松の湯外観
植木温泉センターと川を挟んで200m程の距離にある旅館 松の湯
きれいなつくりの旅館だが、
あまり若い人が泊まる雰囲気ではないかも
老人の方が多く泊まっているようでした




松の湯内風呂

広々としたL字型の内風呂
壁から源泉がドバドバと投入される
広い浴槽でさらに泡風呂機能付きゆえ、
端のほうへ行くとかなり温めになり
いろんな温度を楽しめるのも良い


松の湯掛け流し

何より気持ちいいのは、この掛け流し量
誰が居るわけでもないのに、豪快に掛け流す
この湯量ゆえ、シャワー、カランも当然温泉使用




泉質は
近くの植木温泉センターとは似て非なるもの
川を挟むとここまで泉質が変わるかという感じ
細かい湯の花がちらほらと咲き
しっかりとした硫黄臭と硫黄味があり存在感抜群
ヌルスベ感も非常に強く、湯も柔らかい
非の打ち所の無い極上の泉質と言っていい



松の湯露天

露天はこぎれいな造りで、遊び心ありな装飾
和の非常に落ち着ける雰囲気で
この極上の泉質を独り占め出来て
まさに幸せだ
  1. 2008/01/19(土) 10:48:37|
  2. 熊本県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

植木温泉 植木温泉センター

泉質   アルカリ性単純温泉
評価   ☆☆☆☆





植木外観
いかにも共同浴場という渋い外観
植木温泉の代表的な共同浴場 植木温泉センター
入浴料は150円

家族湯も併設しており
「入れ墨の方は家族湯へ」という張り紙あり
お断りしないあたりが、懐の深さを感じさせる





植木
浴槽は熱めと温めのシンプルな2層式
熱い浴槽に源泉がドバドバと投入され温い浴槽へ
そのまま豪快に掛け流されていく
シンプルだが理想的な造りだ




泉質は
無色透明の単純温泉
ほぼ無味無臭だが
湯口では
ごく僅かに硫黄臭も感じられ飲泉もまろやか
肌ざわりも柔らかく、ツルツル感も僅かに感じられる
まさに上質なアル単の湯といえる


植木湯口
源泉投入量も多く
シャワー、カランも温泉使用
湯量の豊富さを感じる





共同浴場としての雰囲気が非常に良く
泉質もいいので、植木温泉では外せない
素晴らしい一湯だ
  1. 2008/01/19(土) 10:31:14|
  2. 熊本県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

小浜温泉 海上露天風呂波の湯 茜

泉質     ナトリウム・塩化物泉
評価     ☆☆☆



茜外観

小浜温泉の海に面した共同浴場
その名も海上露天風呂 波の湯 茜

その名の通り、露天風呂のみ
シャワーはあるが、環境保護のためシャンプー等は使用禁止
要するに、海を見ながら湯に浸かる
まさにその為だけの施設だといっていい

茜

けっこう広めの浴槽の向かい側180度はすべて海
障害物は何も無い
まさに開放感抜群
残念ながら角度的に日が沈む時間帯は正面に夕日が見えないんだが
ちょっと乗り出して眺めればOK


泉質は、
この日は残念ながらお湯の出が悪く本調子じゃなかった
湯が充分に出ないため、浴槽内の温度が38~39℃と
小浜温泉ではありえないヌル湯になっていた
温泉としての香りも本調子じゃないせいか(?)
浜の湯にくらべパワーが無く、少し物足りなかった
さらにこの日は北風が強く寒すぎ・・・
このヌル湯から出るのが大変でした

次回は暖かい日に、ベストコンディションな湯を味わいたいもんです
  1. 2008/01/19(土) 10:12:23|
  2. 長崎県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

早稲田天然温泉 めぐみの湯

泉質    ナトリウム・塩化物強塩温泉
評価    ☆☆☆




三郷外観

三郷にある日帰り温泉施設 早稲田天然温泉 めぐみの湯
都心からのアクセスも比較的ラクで立地的には悪くない
建物はスパ泉とセンター系の中間という造り
施設内は非常に広々していてとても快適
脱衣所も広々としているし清潔感ある
ここの売りはなんと言っても源泉掛け流し
温泉使用のすべての浴槽が掛け流しで
さらには水風呂まで掛け流し
徹底していて、非常に好感が持てる



三郷

内風呂は茶褐色染まった視界10cm程度の温泉使用の浴槽が2つと
温泉未使用の浴槽が1つ
大き目の浴槽だがしっかりと掛け流している




泉質は
湯口から出る源泉は透明だが
浴槽内は見事な茶褐色になっている

強烈なしょっぱさと、鉄味があり
鉄臭も強く力強い泉質だが
それほど肌の張る感じは無い上質な湯といえる




露天は岩風呂造りの浴槽で
こちらも掛け流しだ
景色はまるで楽しめないのが残念な造り

泉質は内風呂に比べ若干鉄臭が弱い気がするが、
あまりクセが無くなった感じがして、ちょうどいい
露天の掛け流し方も、面白みの無い排水溝へのオーバーフローは寂しい

かなり強烈なナトリウム泉ゆえ
体の芯から温まる
施設も広々としているし、湯もいい
さらに
入浴料がかなり高い(1300円、子供も0歳から600円)ので、
週末でもあまり混んでないのもいい



料金が高いので、しょっちゅうは行けないが
この力強い泉質は、また味わいたいと思うこと間違いなしの
素晴らしい温泉だ

  1. 2008/01/14(月) 19:48:11|
  2. 埼玉県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

榊原温泉 湯元 榊原館

泉質    アルカリ性単純温泉
評価    ☆☆☆☆



榊原外観

榊原温泉のまさに湯元 榊原館
榊原温泉口駅から1時間に一本の無料送迎バスがある
かなり立派な建物で、けっこう高級感漂う

榊原外観2

隣接の日帰り入浴館 湯の床は入浴料1000円で
浴衣とタオル付き
タオルと浴衣をもらい、受付の裏の更衣室でいったん浴衣に着替える
その後、階段を下りて大浴場の脱衣所で浴衣を脱ぐ
このシステム意味不明だが
浴場の脱衣所はロッカーじゃなくカゴに浴衣を入れるんでセキュリティー上か

榊原内風呂

内風呂は
大きい浴槽が加温浴槽で循環式併用の掛け流し
湯のほうは、
循環式併用とはいえ、ヌルスベ感が非常に強い上質なアル単
残念ながら湯の香りはほとんど無くなってしまっている

榊原源泉

圧巻は小さめの浴槽の源泉風呂
こちらは完全に源泉掛け流しで
しっかりとした硫黄臭と味があり、ヌルスベ感も強烈
香りよし、肌触りよし、ヌルスベ感ありということで非の打ち所が無い上質な湯
とは言っても・・・
源泉温度32℃なんで、浴槽温度はかなり低めで夏場向き
泉温がもう少し高ければ、はっきり言って最高の湯だ

榊原露天

露天は屋根のある半露天式で
清潔なつくりの岩風呂
かなりの量の循環をしているようで
内風呂に比べ、湯の鮮度はかなり落ちていて
ヌルスベ感も香りも、ほとんどなくなってしまっている

ここは源泉風呂だけ入れば充分
泉質のクオリティーは抜群
冬場は少々ときついが
夏の暑い時期には最高の湯だ





  1. 2008/01/11(金) 23:45:20|
  2. 三重県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

十里木・長岳温泉  秋川渓谷 瀬音の湯

泉質    アルカリ性単純温泉
評価    ☆☆



あきる野市に2007年オープンした秋川渓谷 瀬音の湯
秋川渓谷というと、けっこう山の中というイメージがあるが、
八王子からも40分くらいと、いがいとアクセスは苦じゃない

建物は新しい感じがまだ残り清潔感のある巨大な施設
もの凄い数の駐車場スペースがあるにもかかわらず
駐車場に入るのに行列するほどの人気ぶり

混む施設のわりに脱衣所は狭く、
着替えスペースの確保もキツイ



内風呂は加温した源泉の掛け流し
湯口からちょろちょろとしか出ない源泉は少々物足りないが
混んでるんで、人が入るたびにオーバーフローという感じ
新しいだけあり清潔感がある


泉質は無色だが若干濁って見える
若干の硫化水素臭あり
細かい湯の花が多く見られる
ph10.1のアル単で、お湯にトロみさえ感じる
ヌルスベ感が非常に強い上質な湯



露天は開放感はあるが目の前に見えるのは杉だけ
おもいっきり循環式の岩風呂造りで面白みなし
ひどいのは
近づいただけで分かる強烈な塩素臭
かなり強烈な塩素臭で、吐き気すらする
とてもじゃないが入れたもんじゃない


脱衣所や露天は論外だが
内風呂の泉質はクオリティーが高く
内風呂だけは利用価値が充分にある
空いている日に訪問し、内風呂を独り占めしてみたい気分になる





  1. 2008/01/03(木) 22:06:05|
  2. 東京都
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

石和温泉 (銭湯)石和温泉

泉質    アルカリ性単純温泉
評価    ☆☆


石和温泉にある、いわゆる銭湯
その名も石和温泉
かなりわかりにくい場所にあるし、外観もコアな建物なんで
まず観光客は来ないだろ~って感じ

建物に入ると、まずレジでおっさんに金を払う
380円なんで400円を渡すも
なぜか50円お釣りがくるシステム
意味不明だが、あえて突っ込まなかった

建物に入ると、いきなり大衆食堂状態で
地元の人が昼真っからTV見ながら飲んだくれてる
さすがに俺でも恐縮する雰囲気
そこをスルーして浴場へ

石和温泉内風呂

とうぜん内風呂だけだが
内風呂は、まさに昔からあるような
こじんまりとした銭湯
熱め、ヌルめの電気風呂、水風呂と3つにセパレート
あたりまえのように富士山の壁画がある
しかし、石和という土地柄
湯が温泉なんだな~

無味無臭で、温泉としてのインパクトはそれほどないが
やはり肌触りが柔らかいし、ある程度のヌルスベ感がある

温泉としては、さほど特徴があるものではないが
この湯を普通に銭湯として使っている地元の人が羨ましい

石和温泉はどこで温泉に入ろうが、泉質はたいして変わらんだろうから
安く石和温泉の泉質を味わいたい人には、ここをお勧めしますね
このアウェイな雰囲気に耐えられればですけど









  1. 2008/01/02(水) 23:14:14|
  2. 山梨県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

正徳寺温泉 初花

泉質   アルカリ性単純温泉
評価   ☆☆☆



初花外観
ほったらかし温泉と石和温泉の中間という感じの位置正徳寺温泉 初花
山梨市 R141から、ちょっと脇道にそれる
カーナビでは辿り着けないので注意が必要

養鰻場が掘り当てた温泉ということで有名
施設は典型的なセンター系の造りの温泉で
脱衣所は狭っくるしく、雰囲気もない

しかし、湯はいい
ここの泉質はヌルスベ度が高いアル単
肌触りも柔らかく、細かな湯の花もちらほらと咲く
豊富な湯量ゆえ各浴槽とも贅沢にかけ流す

初花内風呂
内風呂は広い源泉風呂と加温浴槽の二つ

初花源泉
秀逸なのは源泉浴槽
36℃の源泉を投入するので
浴槽内は超温め
肌触りも柔らかくヌルスベ度も高く心地いい
しかし、源泉浴槽はけっこう大きく
源泉投入量と浴槽の大きさが合わず残念


初花露天
露天は広々としている岩風呂造り
景観は一般的なセンター系造りの為、たいしたことないが
屋根もなく開放感はある
湯口からは打たせ湯バリに滝のように加熱源泉が放出されるも
一部循環のかけ流しのため、
湯に鮮度は感じられないがヌルスベ度はまずまず
泉音はこちらも温めの設定で、体感39℃以下

初花桶
他に桶風呂、寝湯、サウナがあり
設備的にも申し分なし


泉質的にはヌルスベ度が高い上質な温泉といえるし
なによりも、ここは養鰻場の温泉
浴後の鰻が実にウマイ
初花うなぎ





  1. 2008/01/02(水) 22:46:25|
  2. 山梨県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ほったらかし温泉 あっちの湯

泉質   アルカリ性単純温泉
評価    ☆☆



あっちの湯外観
2008年の初湯に選んだのはほったらかし温泉
かなりミーハーな選択肢だったが、やはり日本人なら
富士山を眺めながら温泉入りたい

しかし、みな考えることは同じで
新年早々だったが鬼のように混んでいた


カーナビでは正規のルートが表示されず
道を間違えるたびに、「ほったらかし温泉→」などと
泉名とはまるで違う親切な看板があちこちにあり
たいして迷わずに到着できるという、ほっとかない温泉だ

さすがに人気温泉だけあり、1月2日という日付でも
駐車場は車でいっぱいだ


「あっちの湯」に入浴
売機システムで番頭もいる
脱衣所はロッカーも多くしっかりと管理されている


内風呂は窓が大きいが、たいした特徴もなく
普通の造り



ここは何といっても露天
訪問日は、まさに絶景だった
雲ひとつなく右手に富士山がくっきりと見え、
山梨市の町を見下ろすサマはまさに圧巻
ものすごい開放感だ
こんな開放感があり景観のすばらしい温泉は他にないだろう
景観という点では文句のつけようがない!


湯のほうはPH10.1という上質なアル単だが
残念ながら循環式、さらに若干の塩素消毒臭
ぜんぜん、ほったらかしじゃないんですけど・・・とツッコミたくもなるが
さすがに高PHのアル単、循環式のわりにはヌルスベ度が強く心地いい
源泉につかり、この景観を味わえればどれだけ幸せだろうか・・・と
思わず考えてしまうが
これだけ混む温泉なので
循環、消毒はいたしかたなし


湯の使い方に不満はあるものの
この景観には文句のつけようがない

一度は行くべき温泉であることはたしかだ

  1. 2008/01/02(水) 22:13:34|
  2. 山梨県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

カミキャキャ

Author:カミキャキャ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる