FC2ブログ

温泉マニアックス

塩原日の出温泉 あかつきの湯

泉質   単純温泉
評価   ☆☆☆☆





あかつき外観
塩原温泉郷の玄関口、道の駅から程近い田園地帯の一角にある
大型の日帰り温泉施設 塩原あかつきの湯

温泉だけでなく
水着着用のバーデープールも併設しているので
家族連れでもしっかりと楽しめる施設と言える




大型の日帰り温泉としては
浴室のラインナップは割とシンプルなのが好感が持てる
内風呂には温泉利用の大浴槽とジャグジー付き寝湯
小さめのサウナと水風呂
露天はだだっ広いスペースに小ぶりの温泉浴槽があるのみ



あかつき内
内風呂の主浴槽は
20人近くは入れそうな大きな浴槽
掛け流しでの利用だが
浴槽サイズに対して源泉投入量が少ないため
湯の鮮度、特徴はほとんど感じられなかった



あかつき泡
寝湯も掛け流しでの利用となっているが
湯が揉まれているので
ここでも湯の鮮度はあまり感じることが出来ない



あかつき露天
露天は10人サイズの岩風呂
源泉投入量と浴槽サイズがちょうどよく
内風呂よりもはるかに素晴らしい泉質が楽しめる


泉質は
無色透明な単純泉
ゴムのような甘い香りがあり
モール系の甘みをしっかりと感じる
ツルツルとした肌ざわりがあり
肌にしっかりとなじむ上質な湯


大型の施設のため
内風呂の浴槽サイズが大きいのが残念だが
露天の泉質の良さで
十分のカバーできる







スポンサーサイト



  1. 2011/06/05(日) 21:40:24|
  2. 栃木県
  3. | トラックバック:0

奥塩原新湯温泉 湯荘白樺

泉質   単純酸性硫黄泉
評価   ☆☆☆☆☆





白樺外観
日塩もみじライン沿いに数件の宿が並ぶ小さな温泉街
塩原温泉郷の最奥 奥塩原新湯温泉

温泉街の中心ともいえる共同浴場寺湯の隣に建つのが湯荘白樺
佇まい、施設内ともに
どこにでもありそうな少し古めの温泉旅館だ

日帰り入浴は500円で内風呂と露天が楽しめる





白樺内
ここ湯荘白樺の魅力は鄙びた雰囲気の内湯に凝縮される

総木造りの赴きある浴室
まるで東北の湯治場を思わせる浴室で
4,5人サイズの小さな浴槽があり
やや熱めの白濁した硫黄泉がなみなみと掛け流される




白樺湯口
湯口からは高温の源泉がしっかりと投入され
浴槽内でやや熱めの湯
濃厚な酸性硫黄泉は熱い湯が気持ちいい




泉質は
浴槽内で白濁する酸性硫黄泉
源泉は裏手の共同浴場中の湯と同じ湯とのこと
強い硫黄臭と酸味
濃厚な硫黄味が感じられる
関東屈指の名湯だ





白樺泥
浴室隅には湯畑で採取したと言う泥が入った桶があり
全身泥パックができる
マイルドな泥ではなく
ジャリジャリとした感じは多少残るが
酸性の強い泥はいかにも肌に良さそうだ





白樺露天
露天は建物で囲まれ開放感はあまり無い
混浴なので
ひょうたん型の浴槽は中央を柵で仕切っている


内風呂に比べ
湯口からの源泉投入は少なめなので
鮮度は落ちてしまうが
温めの湯にゆっくりと浸かり
極上の硫黄泉をゆっくりと楽しめる








  1. 2010/10/30(土) 09:00:04|
  2. 栃木県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

古町温泉 もみじの湯

泉質   ナトリウム・カルシウム-塩化物・炭酸水素塩泉 
評価   ☆☆☆☆





もみじ外観
大きな宿や土産屋が建ち並ぶ
塩原温泉郷の中心古町温泉
古町温泉の中心「塩原もの語り館」の対岸に
混浴露天風呂「もみじの湯」がある

簡易的な脱衣用の小屋が設えてあり
浴槽の前には柵が立てられているが
対岸の「塩原もの語り館」や橋からは丸見えなので
混浴とは言っても、女性が入浴するのはかなり厳しいだろう




もみじ
自然に囲まれ開放的な露天風呂は
2層に分かれた小判型の浴槽
浴槽もしっかりと清掃が行き届いており非常に快適

もみじ2
もみじの湯の名の通り
浴槽の上にはもみじの木が生い茂る
紅葉の時期には最高だろう





もみじ湯口
湯口からの源泉はやや熱めだが
湯口側の小さな浴槽でやや熱めの適温
先の浴槽からの流れ込みで掛け流される大きな浴槽は
温めの泉温でゆっくりと入浴が出来る



泉質は
無色透明な湯で弱薬味
ほぼ無臭だが
湯が新鮮なのだろう
うっすらと源泉本来の香があり
キシキシとした肌ざわりも少しある




温泉街の対岸で立地的には少々面白みに欠けるが
湯、雰囲気共に満足度の高い露天風呂だ







  1. 2010/10/30(土) 08:55:11|
  2. 栃木県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

千本松温泉

泉質   ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉
評価   ☆☆☆☆





千本松外観
那須塩原インターの近く千本松牧場の一角にある
日帰り温泉施設 千本松温泉

観光客の多い千本松牧場内だが
メイン駐車場の裏手の
比較的目立たないところに建っているので
あまり混雑することはなさそうだ





千本松内
内風呂は7,8人が入れる
タイル張りの長方形浴槽が一つの
非常にシンプルな造り



千本松湯口
浴槽隅に設置の石造りの湯口は使用されておらず
大きな蛇口からの源泉投入


加水ありでの源泉投入が少し残念だが
ドバドバと豪快に源泉投入され
気持ちよく掛け流される


泉質は
ナトリウム-炭酸水素塩・塩化物泉
薄緑がかった透明感のある湯で
うっすらとアブラ臭が香り
甘みのあるの味、鉱物系の香と
ツルツルとした肌ざわりもある

加水ありでこれだけの個性があるのだから
非常に素晴らしい湯といえるだろう






千本松露天
露天は非常に広い造りで
奥には15人サイズの大きな岩風呂

非常に大きな浴槽だが
2箇所の湯口からしっかりと源泉投入されており
それほど湯の鮮度が落ちることなく
快適に入浴できる




千本松露天2
手前には大小2つの浴槽に仕切られた
石張りの露天風呂
こちらの浴槽も源泉投入はしっかりあり
湯の鮮度もそれほど落ちることなく
温めの湯にゆっくりと浸かることができる




牧場内の温泉ということもあり
露天では堆肥のような臭いが少々気になったが
内風呂露天ともに湯の個性を十分に楽しめる
満足度の高い温泉だ








  1. 2010/10/29(金) 08:55:56|
  2. 栃木県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

那須湯本温泉 雲海閣

泉質   酸性硫黄泉
      明礬泉
評価   ☆☆☆☆☆





雲海閣外観
那須湯本にある温泉旅館 雲海閣
現在では日帰り入浴と素泊まりのみとなっている

雲海閣では
名湯「鹿の湯」を引湯した酸性硫黄泉と
自家源泉の明礬泉の2種類の源泉が楽しめる
なかでも「鹿の湯」源泉を使用の硫黄泉は
泉質、雰囲気ともに素晴らしく
温泉マニアにはあまりにも有名な名湯といえる


鹿の湯源泉利用の浴室は
帳場から長い木造りの階段を降りたところにある




雲海閣1

雲海閣2
板張りの雰囲気のいい浴室には
2層に分かれた木造りの浴槽があり
ともに4人程度が入れる大きさ




雲海閣湯口
湯口からは
源泉がなみなみと注がれ
左側の浴槽がやや熱めで45℃程度
右側の浴槽が適温の42℃程度の湯となっている

左側の浴槽は鮮度が良いため透明で
右側の浴槽は白濁している
同じ源泉による
2色のコントラストが美しい




泉質は
浴槽内で微白濁する酸性硫黄泉
強い玉子臭のするまろやかな香り
ちょうどいい酸味のなかに弱甘みを感じる
スベスベとした肌ざわりで浴感は抜群にいい
鮮度が抜群なこともあり
湯の個性がしっかりと分かる






雲海閣明礬
明礬泉の引かれた「みはらし風呂」は
玄関から入って階段を降りる手前にある


古びたタイル張りの浴室で
ところどころタイルが剥がれ落ちている
かなり鄙びた感がある浴室

6人サイズの浴槽には
無色透明の湯がなみなみと張られ
静かに掛け流されている


泉質は
無色透明な湯で
細かな白い湯の花も見られる
レモンのような香りと弱硫黄臭も感じる湯は
滑らかな肌ざわりで非常に柔らかな浴感
泉温も温めでゆっくりと入浴することが出来る






明礬泉だけを見ても十分に素晴らしい湯だが
ここはなんと言っても鹿の湯源泉の酸性硫黄泉

香り・見た目・肌ざわり・湯温・鮮度
全てが最高のコンディションで楽しめる
鮮度抜群の極上湯といえる









  1. 2010/08/08(日) 11:56:28|
  2. 栃木県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

カミキャキャ

Author:カミキャキャ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる