FC2ブログ

温泉マニアックス

あきしげゆ

泉質   アルカリ性単純温泉
評価   ☆☆☆☆





宮崎あきしげ外観

京町温泉から少し離れたところ
あたり一面田畑が広がるのどかな立地
木造の施設で非常に雰囲気がいい

施設内には広い休憩所があり
なんと100畳だそうだ
浴後の休憩がゆっくりできる






宮崎あきしげ内

浴室は窓が大きくとってあり清潔感がある
薄黄褐色の湯と大きな窓から入る日差しが見事に調和している

浴槽の淵は木でできており2層式浴槽の造り
源泉は右の浴槽から投入されて
かなりの量の湯が掛け流されている



宮崎あきしげ内湯口

泉質は
わずかに薄黄褐色に染まるアルカリ性単純温泉
心地いい弱玉子臭がしっかりとあり
ツルツル感も非常に強く浴感が抜群にいい

浴槽の中には細かな気泡が多く舞い
わずかに泡付もある新鮮な湯だ



左側の浴槽は寝湯を楽しめるかなり浅い造りになっており
温めの湯に寝転びながらゆっくりとツルツルの泉質を味わえる





あきしげ露天
露天の大きな樽風呂がさらに素晴らしい
4人程度が入れる大きさで
源泉投入量も多く、樽から溢れ出す湯も豪快で気持ちいい
泉温も温めで、鮮度のいい源泉をゆっくりと味わえる






宮崎あきしげ露天
2018年再訪時、趣のある木の樽風呂ではなく
プラの樽風呂に変わっていた。。

残念だが、湯は相変わらずよかった




あきしげカラン
シャワー、カランも温泉使用で
ツルツルの泉質を徹底的に満喫できる


ここは露天の樽風呂が実に素晴らしい
京町エリアでも秀逸の一湯





スポンサーサイト



  1. 2019/01/20(日) 17:23:24|
  2. 宮崎県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

極楽温泉 匠の宿

泉質   含二酸化炭素・単純鉄(II)冷鉱泉
評価   ☆☆☆☆





極楽外観
高原インターから10分程度
炭酸泉で有名な湯之元温泉からも至近距離だ

施設は大きく、かなり立派な建物
食事処も併設しており
いけすには川魚が多く
おいしい魚料理も味わえるようだ



極楽内
浴室は広々していて清潔感がある
内風呂では、なんと20tもの巨岩をくりぬいて造った浴槽に
茶褐色に染まる湯が使われている
かなり迫力のある浴槽だ


泉質は
源泉18.5度の冷鉱泉で
浴槽内では濃い黄土色が混ざったような茶褐色に染まる
湯には鉄臭がしっかりあり
飲泉は炭酸成分の清涼感もある
見た目のわりにサラリとした肌ざわりで
浴感も非常に良い


浴槽や床が赤く変色しているのを見ても
泉質のパワーを感じることができる



広々とした浴室内には
他にサウナ、霧島の湧き水を利用した掛け流しの水風呂もある
これだけでも、かなり充実しているが
さらに雰囲気の良い露天まである


極楽露天
庭園風の露天は岩風呂造り
湯はふんだんに溢れ出す
湯の香りも強く、鮮度を感じ
泉質は内風呂より露天の方が素晴らしい



これだけ充実の施設で
入浴料がわずか300円
まさに極楽、大満足の素晴らしい温泉だ

  1. 2009/03/15(日) 17:19:30|
  2. 宮崎県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

都城温泉

泉質    ナトリウム-炭酸水素塩泉
評価    ☆☆☆




都城外観
都城の郊外
駐車場には多くの車が止まる地元の人で混雑する温泉
営業時間が5:00~24:00というのも人気の秘密か




浴室は壁際にカラン・シャワーが並び銭湯のような造り
浴槽は2つで
温泉使用の浴槽と
霧島裂罅水使用の水風呂がある
ともに大きな浴槽で深めの造り


温泉浴槽は
ジェットバス3人分、電気風呂を
所狭しと一つの浴槽で済ませているので
湯は波打ち騒々しさがある


湯口からは40度弱のかなりの量の源泉が投入されているが
残念ながら加温・循環式併用の掛け流し
しかし、混雑する施設で
ジェットバスがあったりするので循環濾過なしでは厳しいだろう


泉質は
無色透明な炭酸水素塩泉
加温、循環はしていても消毒しておらず
いやな塩素臭は一切しない

源泉投入量も多く
ツルツル感がしっかりと残る上質な湯だ
湯口の源泉からは
わずかに硫黄臭や甘い鉱臭も感じ取れる

肌ざわりの良い上質な湯だけに
機能風呂の無い独立した源泉浴槽がほしいところだ



霧島裂罅水使用の水風呂は非常に満足できる
かなり深めの浴槽で、非常に広々している
霧島裂罅水は打たせ湯式に豪快に投入され
そのまま掛け流される


浴室にはほかにサウナ
屋外には広々とした蒸し風呂もある
この蒸し風呂も広々としていていい造りだ



温泉浴槽の騒々しさが少々残念だが
循環で泉質の良さがあり、水風呂、蒸し風呂ともにクオリティーが高い
満足度の高い温泉といえるだろう


しかし、
地元の常連オヤジが幅を利かせ
少々感じが悪いのが気になった

  1. 2009/01/31(土) 08:39:51|
  2. 宮崎県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

湯穴温泉

泉質   カルシウム-炭酸水素塩泉
評価   ☆☆☆☆☆





湯穴外観
湯穴と書いて(つあな)と読む
湯之元温泉などがある良泉地区と
都城市街地の中間に位置する

浴舎の前に
どうみても民家の受付があり
そこで入浴料を払う
非常にアットホームないい雰囲気だ



DSCN2476.jpg
浴室は天井が高いので非常に広く感じる
屋根は半透明のトタン造りなので
明るい浴室だ

2層に分かれた浴槽は
加温浴槽と冷たい源泉浴槽
ともに析出物が浴槽を見事にコーティングしている


湯穴床
床も変色、そして侵食
見事な風景だ



源泉温度は20度程度と低いので
とうぜん加温はしているが
ここの加温は素晴らしい
壁側のバルブをひねると
源泉と蒸気が放出され
蒸気による加温がされるのだ
これなら泉質が損なわれることなく加温が出来るだろう



DSCN2480.jpg
また、湧出量は30リットル/分と少ないため
常時源泉は投入はしておらず
基本的には溜め湯となるが
3箇所ほどのバルブから自由に源泉投入できるので
完全な源泉掛け流しと言っていいだろう


泉質は
無色透明な冷たい鉱泉が
浴槽に溜まると赤茶色に見事に変色する
透明度は低く10cm程度だ
カルシウム成分が湯膜を張るのもうれしい

鉄味のしっかりする炭酸泉で
清涼感を強く感じ比較的のみやすい
肌ざわりは、粉っぽさを感じるような
まったりと肌にまとわりつくような泉質は
成分の濃さを感じる極上の湯だ



左の小さな源泉浴槽も源泉は自在に投入できる
源泉温度以上に冷たさを感じ
手や足の先が痛くなるほど冷たいが
温浴と冷浴が繰り返せる造りは理想的だ





常時源泉投入するわけではないので
浴室には静寂がある
泉質がいいのはもちろんのこと
静かな浴室の雰囲気が非常に気に入った
  1. 2009/01/31(土) 08:39:08|
  2. 宮崎県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サンヨーフラワー温泉

泉質   カルシウム・ナトリウム・マグネシウム-炭酸水素塩泉
評価   ☆☆☆☆☆





サンヨー外観
皇子原公園の高台にある温泉施設
サンヨーフラワー温泉というネーミングが
なんとも田舎臭くて個人的にはツボだ
施設内は大きく宿泊もでき
畳敷きの広い食事処もある


サンヨー脱衣
脱衣所も広々していて
まさに田舎の温泉センターという感じがあり好感がもてる




サンヨー露天
なんといっても露天が素晴らしい
かなり広い岩風呂造りの露天

普通ならこの広さの露天は
泉温が落ち鮮度も良くないのが世の常だが
ここは違う

サンヨー露天湯口
滝のように豪快に投入される源泉は
大きな露天でも充分にカバーができ

サンヨー排水
かけ流された湯は
排水溝では渦を巻くほどの凄まじさだ


おそらく加温もなしの46.1℃の源泉掛け流し
もちろん温めだが泉温も鮮度も素晴らしくいい



泉質は無色透明な炭酸水素塩泉
滝のように流れる湯口付近では
むせ返るほどの強い炭酸ガスを感じる
密閉された狭い室内ならかなり危険な状態になるだろう

飲泉もやはり炭酸成分の清涼感が強く実にウマい
湯口付近ではもちろんのこと
なんと湯口から離れても細かな泡付きがあるのが素晴らしい
泡付きによる肌ざわりの滑らかさだけでなく
泉質自体のツルツル感が非常にいい浴感だ

また、温めの泉温だが
炭酸成分で体はポカポカと非常に温まる


この素晴らしい泉質が
広々とした露天で
温めの泉温でゆっくりと楽しめる
これほど素晴らしい露天はあまり経験したことが無い




露天にはほかに名物(?)の25mの歩行湯があるが
冬場のためか湯が張られていなかったのが残念





サンヨー内風呂
内風呂のある浴室も広く
窓が大きく明るい造りだ
2層の温泉浴槽は
加温されて湯を投入する適温の湯と
ぬる湯に分かれる


サンヨー内色
源泉が注がれる適温湯の浴槽と
ぬる湯の浴槽では
鮮度の違いから、見事に色が違う


サンヨー内湯口
湯口の変色度合もよく
成分の力強さを感じる


内風呂は加温のためだろう泡付きこそ無いが
やはり滑らかな非常にいい浴感だ





サンヨー水
水風呂は霧島裂罅水の掛け流し
素晴らしい



浴室にはサウナ
また温泉浴槽だけでなく
白湯浴槽もある
しかし残念ながら電気風呂以外の白湯は工事中だった









サンヨーチキン
浴後、チキン南蛮定食をいただいた
1200円と少々お高いが
味、ボリュームとも満足度は高い


食事もうまいし
全ての浴槽が使えれば
はっきりいって都心のスーパー銭湯の設備より上だ

それでいて極上ともいえる湯がある
これほど素晴らしい温泉はそうはないだろう
  1. 2009/01/31(土) 08:32:49|
  2. 宮崎県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

カミキャキャ

Author:カミキャキャ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる