FC2ブログ

温泉マニアックス

ニセコ新見温泉 新見温泉ホテル

泉質   カルシウム・ナトリウム-硫酸塩泉
評価   ☆☆☆☆




新見外観
新見温泉はニセコ温泉郷の中でも、観光客も少なく穴場の温泉といえる
新見温泉ホテルまでのアクセスは
渓谷沿いの紅葉で色づいた木々を眺めながら道路を通り、
道路を横断するキタキツネに遭遇できた


ホテルとはいうが、施設は古く雰囲気がいい
日帰り入浴では、原則露天は20分、施設自体は2時間までとのこと

男女別の内風呂と、混浴の露天風呂があるが
離れた場所にあるのでその都度、服を着て館内を移動する


新見露天
混浴の露天は、石張りの浴槽で十分な広さがある
まさに山の中
木々に囲まれた雰囲気で実に素晴らしい

湯は無色透明なので
女性には昼間の混浴は厳しいだろうが
湯浴み着も用意してある

泉質はクセがなく
湯口から投入される源泉を飲んでみると
わずかに甘みを感じ鉱臭を感じる
温泉成分のせいか浴槽の底はヌルヌルと滑るが
泉質自体にヌルスベ感はない
ニセコの濃い泉質に疲れた体には非常にありがたい
優しい泉質だ


新見内風呂
内風呂はタイル張りのいい雰囲気で
源泉投入量こそ物足りないが
湯はしっかりと掛け流される


新見打たせ
浴室内の階段を降りると
豪快な打たせ湯もあり、湯量は豊富だ



山に囲まれた静かな雰囲気
クセのない良質な泉質は
ニセコ湯巡りの〆湯にもってこいの素晴らしい温泉だ
スポンサーサイト



  1. 2008/10/22(水) 12:25:28|
  2. 北海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ニセコ昆布温泉 鯉川温泉旅館

泉質   ナトリウム・カルシウム・塩化物・炭酸水素塩泉
評価   ☆☆☆☆



鯉川外観
ニセコ昆布温泉 鯉川温泉旅館は
鄙びた一軒宿の外観
入口には日本秘湯を守る会の提灯がある

この手の鄙びた一軒宿の
古い木造の雰囲気のある廊下を通っての
浴室へのアプローチは個人的に好きだ


鯉川内風呂
内風呂は
浴室の大部分を浴槽が占め、洗い場スペースは浴槽の隅に2か所のみ
シンプルなタイル張りでレトロな雰囲気を味わえる美しすぎる浴室だ

浴槽は2層式で
奥の小さな浴槽に熱めの源泉が豪快に投入され
手前の大きな浴槽から
ザーザーと湯は掛け流される
浴槽は共に深く、ゆっくりとくつろげる落ち着ける浴槽だ

鯉川湯口
泉質は、湯口から投入される源泉は透明だが
浴槽の湯は緑色と茶色が混ざったように微濁している
源泉が投入される小さな浴槽では、成分の濃さを物語る湯膜が水面を覆う
湯の中にはモロモロとしたオレンジ色の湯の花など浮遊物も多い
味・香も強く、金気臭をしっかり感じ、エグ味を感じる
掛け流された湯で、床などは真っ赤に変色していて
泉質の濃さを感じる



鯉川露天
滝見の湯と名付けられた露天は
小さな滝を中央に見ながら、紅葉をした木々に囲まれた
静かな雰囲気が楽しめる
露天は温めで非常に入りやすい泉温だ
当日は、まだ湯が溜まりきっていなかったが
本来は湯が前面から豪快に掛け流されるので
こちらも床が真っ赤に変色している



泉質の良さが素晴らしいのは言うまでもないが
ここは何と言っても内風呂、露天とも浴室の雰囲気が素晴らしい
内風呂に至ってはまるで四万温泉積善館のようなレトロな浴室の雰囲気で
まさに極上だ
  1. 2008/10/22(水) 12:23:37|
  2. 北海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ニセコ黄金温泉

泉質   ナトリウムー塩化物・炭酸水素塩・硫酸塩泉
評価   ☆☆☆☆




黄金外観
NHKふだん着の温泉でも紹介されているとおり
黄金温泉はオーナー手作りの温泉だ

黄金蕎麦外観
食事処兼温泉受付の建物には
名物オーナーがいて笑顔で迎えてくれる
一日20食限定のオーナー自慢の手打ちそばと温泉のセットで1000円
入浴前に約1時間後に風呂を上がって蕎麦を頂きますと連絡


脱衣所にはペンとポストイットが置いてあり
壁中に思い思いの感想が書かれたポストイットが張ってある


黄金内風呂
内風呂は5人位はゆうに入れる広さがある
源泉は浴槽内から投入され
ブクブクっと不定期に大量の炭酸が舞いあがる

泉質は緑褐色に染まった湯だが
もともと透明な炭酸泉で、酸化して褐色に染まる
カルシウム成分も多いようで、水面に膜が張っていた
若干の鉄味と炭酸を感じる良質で濃い炭酸泉だ

黄金内風呂泡
浴槽内から投入される源泉からは大量の気泡が舞いあがるが
体への泡付はほとんど感じらない

源泉が36℃まで低下しているとの事で
浴槽内38℃を目安の温めに若干加温している
加温をしているものの、炭酸成分をしっかりと残している
素晴らしい湯の使い方だ

黄金カラン
また、シャワー・カランは
加温もしていない36℃の源泉をそのまま使用で
浴槽の湯よりもさらに湯の香をしっかりと感じることができる




露天はまさに絶景で
右に羊蹄山、正面にアンヌプリ山を一望できる
半混浴の大きな浴槽と、小さな壺湯と寝湯が並ぶ
黄金露天羊蹄山
黄金壷アンヌプリ


半混浴の大きな露天の湯は
男女を分ける石の仕切りが中途半端な造りで女性の評判は悪いようだ
内風呂からのオーバーフロー湯を使用ということで
湯の鮮度はほとんど感じず、泉温は相当温い
この浴槽は景色を楽しむための浴槽だと
割り切った方がいいかもしれない

しかし、壺湯と寝湯は抜群に素晴らしい
透明感があり鮮度のいい源泉そのまま
この壺湯と寝湯も浴槽底から源泉を投入し炭酸成分を
下から舞い上げるというこだわりようだ

露天の景観は文句なしに素晴らしいし、
泉質もよく、湯の使い方もいい素晴らしい温泉だ


黄金蕎麦
浴後、オーナー自慢の十割蕎麦を頂いた
これがまた、けっこうウマい
  1. 2008/10/22(水) 12:14:40|
  2. 北海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ニセコ薬師温泉

泉質    弱食塩泉
評価    ☆☆☆☆☆




薬師外観
リゾート地ニセコにありながら
薬師温泉は山の中の静かな一軒宿で秘湯ムードが漂う

施設内も外観どおり古びた感じで
静かな雰囲気が妙に落ち着く

温泉は男女別の透明湯と
混浴の濁り湯がある


薬師透明
透明湯の浴室は
一つの大きな浴槽を中央の仕切りで男女を分けている
鄙びた浴室に、透明感のある湯が美しすぎる

浴槽の底には大きな石が敷き詰められており
水深1mくらいあり、かなり深い


源泉は浴槽の底から湧いている
正真正銘の足元湧出
湯量は相当多いようで、浴槽隅に掛け流される湯は
ザーザーと音を立てオーバーフローする

泉質は美しすぎる透明湯で
浴槽内の湯は温めの38℃近辺
源泉は浴槽の真下なので、源泉温度とほぼ同等だ

ものの数秒で体中に気泡がまとわりつく
極上の泡付きだ
鉄臭、鉄味、炭酸味のしっかりする湯は成分は相当濃いようで
湯が掛け流される排水溝などは真っ赤に変色している

泉温は温めだが、
炭酸成分のせいか体の芯からよく温まる


この極上の透明湯だけでも大満足だが
さらに濁り湯の浴室まである
薬師にごり
濁り湯の浴槽はかなり大きく
こちらも足元湧出の深い浴槽

濁り湯の泉質は
透明湯とおそらく同一源泉だろうが
濁り湯の泉質は緑褐色に濁っている
掛け流される量は、透明湯より少ないので
湧出量はこちらの浴槽のほうが少ないだろう

かといって、足元湧出の湯が鮮度が悪いわけはなく
透明湯ほどではないものの
しっかりとした泡付き、鉄臭、鉄味を感じる
充分に鮮度のいい湯だ
こちらも温めだが、しっかりと体の芯まで温まる







文句のつけようのない足元湧出の極上湯
ニセコ温泉郷の中でナンバー1なことはもちろん
全国でもトップレベルの温泉だ



ほかに施設の近くには露天もあるが
清掃もまるでされておらず、現在は使用できない状況だった



  1. 2008/10/21(火) 12:58:13|
  2. 北海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ニセコ五色温泉  五色温泉旅館

泉質    含フッ素・食塩・苦味-硫化水素泉
評価    ☆☆☆





五色外観
ニセコ温泉郷のなかでも人気の温泉の一つ
ロッジ風の建物で雰囲気はあるが
当日はお目当ての「から松の湯」が改装工事中とのことで
ショベルカーが敷地内にあるなど、雰囲気が無かった

当日は混浴露天風呂と男性用大浴場の利用

五色混浴露天
混浴露天風呂はそれほど広くなく
わずかに青みがかって白濁した湯だが
透明感があるので
女性には混浴は厳しいだろう

湯口からは熱い源泉が十分に投入され
しっかりと掛け流される
泉温は適温で入りやすい
硫黄臭はしっかりあり、湯の花も多くみられる上質な湯だ
目の前は壁で覆われているものの
山を眺めながらの入浴ができ快適だ



五色内風呂大
大浴場の内風呂には浴槽が2つ
窓際の大きな浴槽は
窓も大きく清潔感のある浴槽で雰囲気はいい

五色内風呂小
壁際に配置された小さな浴槽は
泉質の良さを感じる


五色露天
大浴場の露天からはニセコアンヌプリ山を眺められ
景観もよく開放感がある

露天の泉温は温めで景色を眺めながら長湯は出来るが
湯は明らかに白濁した色が薄くパンチがない
湯口からは源泉と水が投入され加水している


木作りの素晴らしい浴室の「から松の湯」を想像して行ったので
大浴場、混浴露天では物足りず評価は低め
「から松の湯」の改装後がどうなるのか見極めて、また訪問したい
  1. 2008/10/20(月) 12:52:54|
  2. 北海道
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

カミキャキャ

Author:カミキャキャ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる