FC2ブログ

温泉マニアックス

国立温泉 湯楽の里

泉質   ナトリウム-塩化物泉
評価   ☆☆☆




国立
国立市に新しくできたスーパー銭湯
2011年11月21日にオープンしたばかりで
年末大晦日の非常に混雑する日に訪れた


新しいだけあり、当然施設は清潔で使い勝手も良い
リクライニングシートのある休憩スペースがかなり広く取ってあり
マンガも多数置いているので
空いていれば、かなりくつろげる施設だろう



浴室はそれほど大きくなく
施設の割には狭いといっていいだろう

内風呂は全て白湯で
これといった浴槽はなく
炭酸風呂も泡つきが弱い



温泉は露天でのみ使われている
比較的大きな造りの浴槽は
掛け流しの「上の湯」と循環の「下の湯」に分かれる

当然ながら評価に値するのは
掛け流しの上の湯

泉質は
微黄色透明のナトリウム泉
しっかりとアブラ臭が感じられ
強すぎない塩分が入りやすい
ツルツルとした肌触りで浴感もよく
湯口付近ではわずかに泡付きも確認
なかなか良い泉質といえる


天気がよければ露天からは富士山も見えるという
なかなかの施設ではあるが
訪問日が悪かったこともあり
イモ洗い状態の嫌なイメージだけが記憶に残ってしまった







スポンサーサイト



  1. 2011/12/31(土) 09:09:25|
  2. 東京都
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第二日の出湯

泉質   ナトリウム-炭酸水素塩泉
評価   ☆☆☆





日の出外観
蓮沼駅から徒歩5分程度
住宅街の中にある温泉銭湯 第二日の出湯

入り口を見る限り
新しそうな銭湯だが
施設内は昔ながらの銭湯の造りで
脱衣所からは大きな鯉が泳ぐ池がある
立派な庭が見えるなど
贅沢な雰囲気が楽しめる銭湯だ




日の出富士
浴室に入ってまず目に付くのが
男女浴室にまたがる壮大な富士山の壁絵
東京の銭湯の中でも
トップクラスの見事な富士山の壁絵だ




浴室内には
壁絵の下に浴槽が3つ
そのうち右側の一つの浴槽のみ
黒湯の温泉が使われている


日の出
2,3人サイズの小さな黒湯浴槽は
とうぜん加温、循環されており
東京の銭湯らしく
やや熱めに加温されている

源泉バルブをひねれば
冷たい源泉が豪快に投入できるので
適温に調整でき
浴槽からのオーバーフローも可能だ



日の出黒湯
泉質は
透明度10cm弱の濃い黒湯
ツルツルとした浴感と
甘い香りとわずかな塩分を感じる
典型的な関東の黒湯だ






ここでは浴室内の温泉以外にも
素晴らしい露天風呂が楽しめる
ただし露天風呂は一つしかないので
月の上旬が女性用、下旬が男性用となる

日の出露天
庭園風のの立派な露天風呂は
脱衣所から見えた庭に面しており
雰囲気が非常にいい

7,8人はゆうに入れる大きな浴槽は
加温循環で
残念ながら黒湯ではないものの
木酢液が入っており
独特の香りがあるやわらかな湯となっている




温泉浴槽は内風呂の小さな浴槽一つだけだが
見事な富士山の壁絵のもと
濃厚な黒湯を満喫でき
立派な露天風呂にも入浴できる
満足度の高い雰囲気のいい温泉銭湯だ



  1. 2010/04/20(火) 06:23:09|
  2. 東京都
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

草津湯

泉質   鉱泉
評価   ☆☆





草津湯外観
東急多摩川線 矢口渡駅から徒歩5分程度
商店街を抜けた住宅街
マンションの一階にある温泉銭湯 草津湯

フロント形式の銭湯で
施設内は明るく清潔感がある




浴室はそれほど広くないが
壁際に白湯の各種機能風呂
鉱泉の加温浴槽
無料のサウナ、水風呂
さらには小さな室外風呂があるなど
コンパクトな造りの中に充実の設備がある





草津湯
鉱泉の加温浴槽は
3人程度が入れる小さな浴槽
加温のみして掛け流しで利用されている

さらに、源泉バルブをひねると
無色透明な鉱泉が投入できるのがうれしい



泉質は
メタ珪酸の規定値が若干足りず
温泉法上の温泉には規定されていないものの
浴槽内でわずかに茶濁して見え
サラリとした浴感と
浴後の肌のしっとり感は
メタ珪酸の泉質そのものだ





また、鉱泉風呂以外にも
無料サウナが広々していて快適であったり
各種機能風呂も充実しているので
銭湯として非常にレベルが高い








  1. 2010/04/20(火) 06:18:07|
  2. 東京都
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

月見湯

泉質   温泉法上の温泉
評価   ☆☆☆





月見湯外観
下高井戸駅から徒歩5分程度
商店街を抜けた住宅街に建つ温泉銭湯 月見湯


フロント形式で
施設内の造りはきれいに改装された感じがあり
明るい雰囲気の銭湯だ



浴室は広々しており
中央に各種機能風呂付きの
大きな白湯の主浴槽があり
壁際に温泉使用の加温浴槽
さらに
別料金サウナの前には
源泉を利用した水風呂がある




月見加温
温泉使用の加温浴槽は
3人サイズの小さなもの

湯は加温、循環されているものの
42度弱と東京の銭湯としては
適温で管理された湯は
無色透明な清潔感のある湯だ


泉質は
メタ珪酸で該当する温泉法上の温泉
無色透明、無味無臭の湯で
温泉としての特徴はないものの
メタ珪酸特有の
浴後のサラサラ感が強く残る




月見水
サウナ前にある2人サイズの水風呂も
源泉が利用されている

源泉16.5度の湯を
そのまま利用した掛け流しかどうかは不明だが
ライオンの湯口からは冷たい源泉が常に投入され
入浴すると豪快にオーバーフローする

加温浴槽同様
泉質的な浴感はほとんどないものの
温浴と冷浴を繰り返すことが出来るのは
やはり気持ちがいい




また、
温泉浴槽だけでなく
白湯の主浴槽も素晴らしい
電気、ジェットなど各種機能が付いた
大きな主浴槽は清潔感があり広々していて
湯も非常にきれいに感じる

普段使いの銭湯としては
十分すぎるほど満足できる
近所に欲しい銭湯だ






  1. 2010/04/13(火) 22:00:41|
  2. 東京都
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鶴の湯

泉質   温泉法上の温泉(メタ珪酸)
評価   ☆☆☆





鶴の湯外観
船堀駅から徒歩10分弱
船堀小学校の裏手にある昔ながらの温泉銭湯


内風呂を見る限りは
標準的な大きさの銭湯といえるが
ここでは銭湯とは思えないほど
立派な露天風呂に浸かれる



鶴の湯露天
高い壁で囲まれているが
空も見える開放感のある露天
岩組みのしっかりとした造りの浴槽は
L字型で8人程度は入れる大きさがある

湯は当然循環されているが
源泉100%使用のようで
嫌な消毒臭もほとんどせず
泉温もかなり温めに設定されているので
心地よく入浴できる

並みの銭湯の室外風呂とは一線を画く
しっかりとした造りの露天風呂だ




鶴の湯黒湯
泉質は
薄い麦茶のように茶褐色に染まる湯
メタ珪酸で該当する温泉とのことで
それほど特徴はないものの
肌ざわりも良く
湯の柔らかさを感じる湯だ



鶴の湯水
他に内風呂には
白湯の機能風呂、熱めに加温された温泉浴槽があるが
素晴らしいのは源泉水風呂

約18度の鉱泉を
循環冷却せずそのまま利用した源泉水風呂となっている


プッシュ式の源泉コックのため
豪快な源泉投入とは行かないが
冷たい源泉を足しながら
掛け流しを味わえる






船堀駅周辺には
3軒の温泉銭湯があるが
中でも、ここ鶴の湯の
露天風呂と源泉水風呂は秀逸だ








  1. 2010/02/18(木) 21:49:53|
  2. 東京都
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

カミキャキャ

Author:カミキャキャ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる