FC2ブログ

温泉マニアックス

小さな旅 川越温泉

泉質   ナトリウム-塩化物泉
評価   ☆☆☆





川越
川越インターから車で5分程度のところに
2009年12月にオープンしたスーパー銭湯 小さな旅川越温泉
大宮にある「小さな旅むさしの湯」と同系列のスーパー銭湯だ


施設内はそれほど広くはなく
新しく清潔感はあるが
施設はごく一般的なスーパー銭湯という印象

むさしの湯同様に浴場は
「木の湯」「石の湯」を男女日替わりで利用

訪問当日は「木の湯」の浴場を利用




内風呂と露天には
多種多様な浴槽が配置され
浴槽ごとに番号と七福神の名称がふられている
浴槽をまわりながら七福神巡りができるという
意味不明なコンセプトがある



多種多様な浴槽の中でも
掛け流しの浴槽が露天に2つあるというのはうれしい


サウナの手前にある
6人サイズの生源泉掛け流し浴槽と
露天の奥の高いところにある
7,8人サイズの源泉高見の湯浴槽が
掛け流しで利用されている



生源泉掛け流し浴槽は
源泉34.6℃の湯を掛け流しで利用との売りだが
実際は若干の加温があるようで
体感40℃弱の温い湯

源泉高見の湯浴槽は
加温掛け流しで体感42℃弱


ともに掛け流しだが
湯口から投入される源泉から
すでに塩素臭がするのが残念だ



泉質は
無色透明なナトリウム泉
若干の塩分と苦味を感じる程度で
源泉の鮮度はまるで感じず
力強さと個性のない貧弱な湯となってしまっている






掛け流し浴槽が2つあるというのは評価に値するが
最近のレベルの高いスーパー銭湯の中にあっては
いたって並の満足度が低い施設だ






スポンサーサイト



  1. 2010/07/26(月) 07:03:46|
  2. 埼玉県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

GARDEN'S HOTEL & SPA museum

泉質   ナトリウム-塩化物強塩泉
評価   ☆☆☆☆





スパミュージアム外観
東北道の浦和インター付近
インター付近お約束のラブホが林立する地区に建つGARDEN'S HOTEL
ここGARDEN'S HOTELもラブホテルとして営業している


お目当ての温泉は
ホテルとは別棟にあり
入浴だけの利用も気軽にできる

会員制となっているので
初回のみラブホテルの受付で
会員登録をしなければならないが
2回目以降はそのまま温泉棟に出向くので
ラブホテルに入るカップルを眺めなくて済む




温泉は大浴場という形態ではなく
全て貸しきり利用の個室で
サウナや岩盤浴が着いた豪華な部屋から
温泉だけのシンプルな部屋など
計12室も用意されている



温泉だけのシンプルな部屋なら
1500円/hという料金設定
しかも、子供は無料なので
私は家族風呂として安く利用させてもらっている







スパミュージアム
温泉だけのシンプルな部屋
部屋タイプF

4人程度が入れるゆったりサイズの浴槽で
浴槽は木張りで縁取られた落ち着いた造り
小さなテレビも備え付けられており
入浴しながらテレビを見ることも出来る


スパミュージアム湯口
湯口からは
源泉41℃の湯をわずかに加温した源泉が
しっかりと投入され贅沢な掛け流しで利用される


泉質は
浴槽内で薄緑がかるナトリウム泉
強い塩分を感じる湯で
わずかに鉱物系の甘い香りもある
キシキシとした浴感の
力強いナトリウム泉で
非常に満足度が高い
これほど素晴らしい湯を
貸切で利用できるのだから最高だ




泉質、泉温、湯使い
どれをとっても素晴らしく
1時間などあっという間に過ぎてしまう
埼玉ではトップクラスの温泉と言える







スパミュージアム2
後日利用した部屋タイプD
円形浴槽は家族風呂としての利用に最適だった
泉質、湯使いは同様に素晴らしいものだ







  1. 2010/03/01(月) 18:19:58|
  2. 埼玉県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

見沼天然温泉 小春日和

泉質   ナトリウム-塩化物強温泉
評価   ☆☆☆☆





小春外観
さいたま見沼インターから15分程度
見沼区の郊外に新しく出来たスーパー銭湯 小春日和

実はこのスーパー銭湯
2009年末にオープンしたばかりだが
1ヶ月もたたないうちに
水質検査でレジオネラ菌が発見され
突然の休業を余儀なくされた
その後、安全面の確認が取れ
2月5日にリニューアルオープンした



比較的規模の大きなスーパー銭湯で
新しいだけあり施設はとてもきれいで快適だ



ここの素晴らしいのは
なんといっても温泉だ
毎分480リットルという湯量を誇り
浴室内の水風呂と3人分の小さなジェットバスを除く
全ての浴槽が温泉使用
しかも、
全ての温泉浴槽は掛け流しで利用されているのだ



内風呂には温泉浴槽が2つ
10人程度が入れる加温浴槽と
5人サイズの小さな源泉浴槽

露天には温泉浴槽がなんと4つ
温度の違う加温浴槽が2つと寝湯
さらには10人以上はゆうにはいれる
プールのような源泉浴槽がある
内風呂、露天ともに
どの浴槽からもザーザーと湯が溢れ出す掛け流し
見事としか言いようがない



なんと言っても嬉しいのは
非加熱の源泉浴槽があることだ
源泉40度弱なので
冬場の露天ではかなり冷たいが
内風呂の小さな源泉浴槽では
湯の力強さと鮮度も同時に感じることができ
温めの湯が最高に気持ちいい



泉質は
茶褐色に染まるナトリウム泉
強い塩分を感じ
しっかりとした金気臭もある
ナトリウム泉特有の
キシキシとした肌ざわり
よく温まる力強い湯だ

源泉浴槽湯口付近では細かな気泡が
無数に舞い上がっており
非常に新鮮な湯が楽しめるのもいい


また、アメニティー類は
炭シャンプーで揃えられており
並みのスーパー銭湯とは一線を画いている




当然、いい所だけではなく
BGMが無駄に大きい音であったり
食事があまり美味しくなく、さらに遅いなど
不満な点もあるが
温泉を楽しむ目的だけなら
非常に満足度の高いスーパー銭湯だ




















  1. 2010/02/10(水) 14:17:24|
  2. 埼玉県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

羽生 湯ったり苑

泉質   ナトリウム-塩化物・炭酸水素塩泉
評価   ☆☆☆




hanyugaikan.jpg
加須インターから15分程度
羽生市の郊外にあるスーパー銭湯 湯ったり苑
かなり規模の大きなスーパー銭湯で
食事処、休憩スペースも広々としており
かなり充実した施設と言える



ここの売りは
なんといっても源泉掛け流し
内風呂、露天に各一つ
源泉46度の湯を利用した
加温、加水一切無しの
完全な源泉掛け流し浴槽があるのだ



hanyuuti.jpg
内風呂にある源泉掛け流し浴槽は
4人程度が入れるサイズ

湯口からは
非加熱の源泉がトウトウと注がれており
冬場でも浴槽内泉温は42度をキープ
溢れ出た湯は
そのまま循環浴槽へ流れ落ちる


泉質は
わずかに薄黄褐色に見える炭酸水素塩泉
ゴムのような香りと弱金気臭
わずかに塩味も感じる湯は
強烈な泉質ではないものの
ツルツルとした肌ざわりのいい湯だ



hanyuroten.jpg
露天にある源泉掛け流し浴槽は
5人程度が入れる円形浴槽

ここでも非加熱の源泉が掛け流しで利用され
冬場でも40度をキープしている
まさに温めの適温
いつまででも入っていたくなる



掛け流し浴槽以外にも
スーパー銭湯お決まりの
多種多様な風呂、サウナ、蒸し風呂も完備
スパ銭としての設備も充分に楽しめる



風呂を含め施設は
とても広々としており
一日ゆっくりと過ごせる
快適なスーパー銭湯だ









  1. 2009/12/15(火) 18:03:45|
  2. 埼玉県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

やまとの湯 わらび店

泉質   ナトリウム-炭酸水素塩泉
評価   ☆☆






蕨外観
チェーン展開するスーパー銭湯
やまとの湯 わらび店

ここは自宅から車で5分程度と
彩香の湯に次いで近いスーパー銭湯だ




駐車場は比較的大きいが
規模はかなり小さいスーパー銭湯といえる

受付のある1階は
食事処も兼ねており
非常に窮屈な造り

浴室は2階にあるが
休憩スペースも特に無く
やはり手狭に感じる




浴室も非常に狭い
機能風呂、日替わり風呂、サウナ、水風呂等
スパ銭としての最低限の設備はあるが
内風呂は全て白湯で強い塩素臭が漂い
狭いスペースにゴチャゴチャとある感じ


温泉は露天で使われているが
露天もかなり狭い
狭いスペースに8人程度が入れる岩風呂と寝湯のみ
休憩スペースも無く、はっきり言ってひどい造りだ


蕨黒湯
泉質は
透明度5cm程度の真っ黒に染まる黒湯
わずかに塩分を感じる湯は
強いツルツル感があり非常に特徴的といえる
加温、循環、塩素消毒はしているものの
塩素臭はそれほど強くなく
温めの湯に比較的快適に入浴ができる




ツルツル強しの泉質はまずまずだが
休憩スペースもほとんどなく非常に窮屈な造りは
決して満足できるものではない




  1. 2009/09/20(日) 12:51:18|
  2. 埼玉県
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

カミキャキャ

Author:カミキャキャ

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる